クラウド、オンプレミス比較

企業のIT部門が進むべき方向性

クラウド、オンプレミス比較

今までの情報システムの在り方を一変させるようなクラウド・コンピューティングによるパラダイムシフトが起きつつあります。クラウド・コンピューティングとは、インターネットをベースとしたコンピュータの利用形態の一つです。従来のコンピュータの利用は、オンプレミスと呼ばれ企業が目的に応じてハードウェアやソフトウェア、データなどを、自身で構築、所有、管理していたのに対して、クラウド・コンピューティングでは、ユーザーはインターネット上にあるサービスを利用し料金を払うモデルです。

中小企業だけでなく大企業においても、オンプレミスのインフラからクラウド・コンピューティングへと移行してきています。中小企業においては、経済的な理由のために、オンプレミスでは購入できなかったアプリケーションを、安価かつ容易な採用が可能というメリットが見いだされています。大企業においても、経済性や運用の効率化、柔軟性、迅速なビジネスの運営を享受するためにアプリケーションをクラウドに移行しつつあります。

このようにあらゆる企業にとってクラウド・コンピューティングの波は一般化され始めました。
そのような状況のなかで企業のIT部門の役割が大きく変わり始めています。システムを設計、構築する部門からITサービスを提供する部門へと変わってきているのです。

今回は、クラウド・コンピューティングの概要をご紹介した後に、既存オンプレミスで構築したシステムとクラウド・コンピューティングをいくつかの観点で比較します。これにより、ITサービスを提供する部門として何を実現するべきなのかをご理解いただければ幸いです。

 

クラウド・コンピューティング移行への道

クラウド・コンピューティングは、企業にとって本業とはあまり関係のないITの複雑性やコスト増を排除し、本来集中すべきビジネスへの集中をもたらします。しかし、既存のオンプレミスからの移行を考える際に複数の選択肢があることも事実です。

クラウドは、その形態によって大きく2種類に分類されます。”プライベートクラウド”は、特定の企業専用の環境を用意するクラウドです。一方、”パブリッククラウド”は、さまざまな企業やユーザーが共有するクラウドです。

クラウド、オンプレミス比較

プライベートクラウドは、自社または外部のデータセンター内に自社の資産としてクラウド環境を構築するパターン(所有型)と、外部に用意されたクラウド環境をサービスとして利用するパターン(利用型)があります。プライベートクラウドは、独自のアプリケーションやセキュリティ要件、サービスレベルを持ちたい場合などに適しています。パブリッククラウドは、プライベートクラウドと比べ自由度は低いのですが、短期間かつ低コストで利用できる特徴をもっています。一方、クラウド・コンピューティングの構成要素による分類には、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)があります。

クラウド、オンプレミス比較

●SaaS/PaaS/IaaSの定義

SaaS(Software as a Service) アプリケーションをサービスとして提供する
PaaS(Platform as a Service) アプリケーションを稼働させるための基盤(プラットフォーム)をサービスとして提供する
IaaS(Infrastructure as a Service) サーバー、CPU、ストレージなどのインフラをサービスとして提供する

出典:総務省・スマートクラウド研究会報告書

プライベートクラウドはホスティングと違う

自社のシステムやアプリケーションをクラウド環境へ移行する際に、要件が合わずにプライベートクラウドとして展開する場合があります。実際に社内に設置したシステムをデータセンター事業者で管理、運用してもらう場合もあるでしょう。このような場合には、一般的に仮想環境にアプリケーションやデータを統合することによりサーバーコストやロケーションコスト、一元化による運用コストなどの削減が可能です。しかし、コロケーションやホスティングだけではクラウド・コンピューティングとは言えないことを理解する必要があります。パブリッククラウドの重要な要素の一つとしてセルフサービス化があります。Amazon EC2などを利用した経験があればお分かりいただけますが、CPUやメモリなどのリソース追加は、専用のポータルサイトで簡単に行なうことが可能です。それに応じて自動で課金されます。また、SalesforceやNetSuiteと言ったSaaS業務アプリケーションを提供しているベンダーでは、アプリケーションなどは常に最新の状態に保たれ、従来オンプレミスでは考えられなかったバージョンアップを自動で容易に行なってくれます。このようにパブリッククラウドで提供されるさまざまな利点をプライベートクラウドでも継承していく方向へ加速しているのです。そして、これらの環境を実現することにより真にユーザー主導の柔軟なIT環境を構築することが可能になるのです。

それでは以下の観点でオンプレミスとクラウドの比較を行います。この比較をもとに、オンプレミスアプリケーションを、ホスティングではなく真のプライベートクラウドに移行する際の進むべき方向性の参考にしていただければ幸いです。
※ホスティングや単純なコロケーションはオンプレミスとして説明しています。

  • 新規アプリケーションの導入
  • 導入期間
  • 運用管理
  • カスタマイズされたアプリケーションのアップグレード
  • アプリケーション遅延時の対応
  • 費用
  • 拡張性
  • アプリケーションへのアクセス 

    新規アプリケーションの導入

    クラウド 企業が欲しているサービスが、存在する場合にはサイトから申し込みを行ないすぐにアプリケーションを利用します。利用者側では、用意されたセルフサービスのポータルをもとに利用申請を行ないます。システムやアプリケーション、ネットワークの割り当ては、すべて自動化されています。
    オンプレミス 新規でアプリケーションを導入する場合には、情報システム部門が主導し企画/設計、構築を行ないます。その際に、必要なハードウェアのキャパシティプランニング、ハードウェア選定、導入を行ないます。導入にいたるすべてが手動です。

    導入期間

    クラウド 基本的には要望に応じてオンデマンドでアプリケーションの利用が可能になります。
    オンプレミス ユーザーの要望に応じてシステム設計から行なうため非常に多くの期間/工数がかかります。

    運用管理

    クラウド バックアップや災害対策などが施されているのが一般的です。ほぼ全ての運用管理は中央集中化され行われます。また、共通基盤か否かに関わらず統一的な手法により一元管理が可能です。
    オンプレミス 分散された環境などでは、個別に運用管理を行なう必要があります。また、共通基盤化されていない場合には、ここの運用管理を行なう必要があるため煩雑になりがちです。

    アプリケーションのバージョンアップやパッチ適用

    クラウド アプリケーションのバージョンアップやパッチ適用などは、サービス提供者側で行なわれます。これによりユーザーは常に最新のアプリケーションを利用することが可能です。
    オンプレミス 自社リソースでアップグレードやパッチの適用、その後のテストなどを行なう必要があります。また、ハードウェアやデータベースなどのサポート期間によりインフラの入れ替えが必要になります。これらの作業でシステム停止時間が発生する可能性があります。

    アプリケーション遅延時の対応

    クラウド 繁忙期など、通常よりもシステムに負荷がかかる場合には、ユーザーや管理者がセルフサービスポータルによりリソースをオンデマンドで割り当てます。その後、通常期に移行する際にはリソースをリリースします。
    オンプレミス 繁忙期などを考慮し、システムを導入するのが一般的です。より多くの処理能力が必要な場合には、情報システム部門がCPUやメモリ、ネットワークなどの追加購入、設定を行ないます。

    費用

    クラウド ユーザー数やリソース利用状況など応じて課金されます停止することも可能です。自社で運営するプライベートクラウドなどでは、部門や利用者への社内振替などを行なう場合もあります。これらの費用にはアップグレードやパッチ適用、運用管理費用などを含んでいます。
    オンプレミス 契約により異なりますが、一般的にアプリケーションやサーバーなどを前払いで一括購入します。

    拡張性

    クラウド クラウド・コンピューティングの拡張性は非常に高い特徴があります。アプリケーションを共有化しているため遊休リソースを余さず利用します。また、クラウド間の接続が可能なため、プライベートクラウドでリソースが足りない場合には、パブリッククラウドのリソースを一時的に借用するなども可能です。
    オンプレミス 自社で購入したコンピューティングリソースを超える拡張性はありません。また、分散システムの場合には個別に増強を行なう必要があります。

    アプリケーションへのアクセス

    クラウド Webブラウザを用いて、インターネットから、いつでも、どこでも、どこからでも利用が可能です。また、アプリケーションによっては最新の携帯情報端末などあらゆるデバイスからも利用可能です。
    オンプレミス 基本的にはネットワークアクセスですが、ホスティング環境によってはVPN によるアクセスや専用線が必要になります。また、アプリケーションによっては専用クライアントソフトが必要な場合があります。クラウドの利点を活かし、クライアントサーバー型アプリケーションを移行する一つの手段としてデスクトップ仮想化などがあります。

    進むべき道

    今後、明らかにクラウド・コンピューティングが主流になります。このクラウド・コンピューティングに移行することにより、企業はクラウドのさまざまな利点を享受することが可能になります。その一方で、クラウド・コンピューティングで語られてきたことは、理想論であり、企業は、コスト削減のために既存のオンプレミスの延長としてサーバー統合やホスティングなどを選択しています。利用したい時にすぐにアプリケーションを利用できて、さらに無限の拡張性を得られ、そのほとんどが自動で運用されるなど夢のような話だ、という声も聞かれます。最近ではクラウド環境を運用するためのオーケストレーション・ソフトウェアが企業のクラウド運用をサポートしてくれます。つまり、クラウドを作るソフトウェアが存在するのです。たとえば、シトリックス社では、Citrix CloudPlatform powered by Apache CloudStackという製品がクラウドオーケストレーションソフトウェアになります。これにより、プライベートクラウドやパブリッククラウドをAmazonライクに変貌させることが可能です。つまり、ITの俊敏性を高め、データセンター稼働を最適化しユーザーへIT利用の柔軟性を高めます。

    クラウド、オンプレミス比較

    まとめ

    今後、ITは殆ど全てがサービス化された世界へと変貌していきます。ユーザーは必要な時に必要なだけ簡単にアプリケーションを利用することが出来るようになるのです。これは、プライベートクラウドであっても同様です。このような世界を見越して自社のIT環境をクラウド化していくことが益々重要になってくるのです。