シトリックスのSDN戦略

Citrix NetScalerが切り開くSDNの未来

モバイルユースやクラウドによるコンピューティングモデルの変遷によりサーバーやストレージのみならずネットワークも大きく変わろうとしています。その中でSDN(Software Defined Networking)が注目を浴びています。ここではSDNを理解しシトリックスのネットワーク製品戦略に関してご紹介します。

SDN登場の背景

もはや当たり前になった仮想化技術。仮想化とは、サーバーやストレージなどのハードウェア内のリソースを、物理的な構成にとらわれずに、論理的に統合・分割できる技術です。近年、ハードウェア処理能力が飛躍的に向上している一方で、分散された各サーバーリソースが効率的に利用できない現象を解決するためにサーバー仮想化は一般的になりました。今まで常識であった「1台のサーバーで1つのOSのみが動作する」環境が、サーバー仮想化によって「1台のサーバーで複数のOSを同時に動作させる」ことが可能になります。このサーバー仮想化を導入することにより、1台の物理サーバーで未使用となっているリソースを複数のサーバーに柔軟に割り当てるため処理のピークを分散させることが可能です。そして、この仮想化技術がストレージ領域にも応用され、複数の分散されたストレージを一つの巨大なストレージと見なす事が可能なストレージ仮想化も一般的になりました。

しかしサーバーやストレージの仮想化は、当たり前になりつつある状況に対して、いまだネットワーク領域に関しては硬直化している現状があります。

さまざまなコミュニケーションやシステムを支えているネットワークですが、クラウドやビッグデータ、モバイルユースの発展にともない、ネットワーク領域においても環境の変化にスピーディーに対応する柔軟性、必要な分だけを必要な時に利用可能な効率性が求められるようになってきました。従来のネットワークの仕組みでは、このようなニーズに応えることが出来ずに障壁になってしまう可能性があるのです。

image001

このような中で注目を集めているテクノロジーがSDN(Software Defined Networking)です。SDNとは、ソフトウェアによって仮想的なネットワークを構成する技術です。 SDNを用いることにより、物理的に接続されたネットワーク上で仮想的なネットワークを構築することが可能になります。これによりネットワークの物理的な制約から離れ、目的に応じたネットワークを柔軟に構築しやすくなります。

これまでも、ネットワーク仮想化を実現するテクノロジーとして、VPN (Virtual Private Network)やVLAN (Virtual LAN)が知られていました。最近ではこのSDNを実現するための標準テクノロジーとしてOpenFlowが注目されています。OpenFlowとは、ソフトウェアによってネットワークの構成を行うための新しい標準です。このSDNを実現する事によりサーバーやストレージの仮想化と同じような恩恵がネットワークの領域でも受けることが可能になるのです。

image003