仮想デスクトップ導入事例:日産自動車株式会社

nissan「IT による価値創造(Value Innovation)の取り組みとして、3D CADアプリケーションの仮想デスクトップシステムを構築し、北米と英国から日本にある一元化されたCAD/PDMデータに高速にアクセスできるインフラを構築しました」

日産自動車株式会社
グローバル情報システム本部
エンジニアリングシステム部 主管
松木 幹雄 氏

XenDesktopとXenServerにより3D CADアプリケーションの仮想デスクトップシステムを構築し、海外拠点から高速データアクセスを実現

グローバル市場の占有率8%と営業利益率8%を目標に掲げた、2016年度までの中期経営計画「NISSAN POWER 88」を推進する日産自動車。
同社のIT戦略は、仏語で“速さ”を意味する「VITESSE」と呼ばれ、「Value Innovation」「Technology Simplification」「Service Excellence」を戦略の柱として、ビジネスやイノベーションへの貢献に取り組んでいます。その中でもクロスファンクション/ クロスリージョンのソリューションによるビジネス価値の最大化を実現する「Value Innovation」への挑戦として、グローバル情報システム本部では、グローバルR&D 拠点のCAD/PDM生産性向上を目標に、Citrix XenDesktop とCitrix XenServer、NVIDIA GRID K2 による3D CAD アプリケーションの仮想デスクトップシステムを構築しました。

続きを読む