《イベントレポート》Citrix Mobility 2014 基調講演 ワークスタイル変革と企業ITの機動力を強化するソリューションイベント

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(以下:シトリックス)は、「Citrix Mobility 2014 エンタープライズ ソリューション フォーラム~機動的なIT活用のための最新ソリューション~」を2014年11月18日(火)にANAインターコンチネンタルホテル東京(東京・港区)で開催しました。イベントでは、「New Ways to Work Better ~ 新しい、より良い働き方」というテーマで、シトリックス 代表取締役社長 マイケル キング氏およびゲストスピーカーによる基調講演が行われました。

より良く働くための新しい取り組み

DSC01395基調講演の冒頭に登壇したキング氏は、同社の一貫性のある成長と進化の歴史について触れ、「モバイルワークスペース」というコンセプトのもと、モバイルワークスタイルへの変革を支えるために、企業や組織ITのモバイル化実現への道筋を示しました。その道筋とは、リモートアクセスやデバイスセキュリティなど、複数のテクノロジーを組み合わせて、企業が求めるコンプライアンス対策や多様なデバイス活用とともに既存資産の活用と保護を実現するものです。
DSC01433
「グローバルでも日本でも、数多くの業界リーダーへの導入実績があるシトリックスでは、シトリックスのエグゼクティブ ブリーフィング センター(EBC)の来場者からフィードバックをいただき、ニューノーマル時代における課題のトップ5を知りました。それは、少子高齢化への対応、事業継続性、グローバル経営、セキュリティとコンプライアンス、そしてコンシューマライゼーションです。これらの課題を解決するために、我々は『 New Ways to Work Better ~ 新しい、より良い働き方』というテーマを掲げて、数々のソリューションを提供しています」とキング氏は壇上から語りかけました。
DSC01439
セッションでは、すでにグローバルレベルで展開が始まっている同社のソリューションの事例としてスイスに本拠地を置く鉄道会社 レーティッシュ鉄道のビデオが上映されました。レーティッシュ鉄道は、Citrix XenDesktopXenMobile、NetScalerを導入し、真のモビリティ戦略を実現しています。わずか1,400人の従業員で広大な地域をサポートするレーティッシュ鉄道では、いつもデスクで仕事をするのではなく従業員全員が現場に出るためのソリューションが必要であったと言います。それを実現するために真のモビリティを実現するシトリックスのソリューションを採用したのです。

特別ゲストによるワークスタイル変革の導入事例

全日空流ワークスタイル変革の進め方

DSC01469一人目の特別ゲストして、シトリックスのソリューションを導入した全日本空輸株式会社(以下:全日空) 上席執行役員 業務プロセス改革室長 幸重孝典氏が登壇し、同社における「新しい取り組み」を成功へと導くため戦略とその成果が紹介されました。
「グローバルで戦うために社員の生産性向上が必要と考えた全日空では、この10年間で変化のなかった社員のワークスタイルを変革するために、IT部門の組織を発展させて「業務プロセス改革室」を立ち上げて、全社員への業務改革に取り組んできました。実際の取り組みにあたっては、段階的なサービス展開による社内への浸透や、モバイルとクラウドの最大活用に、仮想デスクトップを核と位置づけて、稼働後も定期的な機能改善を継続しています」と幸重氏は説明します。
全日空では、2012年10月からCitrix XenDesktopを導入し、いつでも・どこでも・どの端末でも仕事ができるワークスタイル変革を推進してきました。
DSC01477
「我々の取り組みが成功したポイントは、経営トップの理解と支援に加えて、自分たちの部署で試行錯誤を重ねてから全社に展開した点にあります。また、全社的な導入にあたっては、セキュリティポリシーの見直しや、現場のユーザーの声に徹底的に拘ってきました」と幸重氏は導入のポイントを振り返ります。また、今後に向けた取り組みについても、次のように展望を語りました。
「我々、業務プロセス改革室では、今後もさらなる挑戦として、Mobilityのさらなる向上と、未使用機能や新サービスの導入、海外事業所へのワークスタイル展開を推進していきます」
講演後に、キング氏から「ソリューションの導入に協力するパートナーには、何を期待しますか」という質問が投げかけられました。

それに対して幸重氏は、次のように応えました。
「パートナーの方々には、テクノロジーの話だけではなく、我々が何を問題としていて、何を解決したいのか、どのように替えたら使いやすくなるのか、といった観点から、提案や協力を頂きたいと思います」
いつでも、どこでも、どんなデバイスでも、新しい働き方を実現できることを紹介するために、シトリックスの小田氏が登壇して、Microsoft Surface Pro 3を使ったデモンストレーションを披露しました。

小田氏は、Citrix Receiverの進化 によって、Windowsタブレットの 使い勝手がさらに向上した点をSurface Pro 3で実演して見せました。また、HPとのアライアンスにより、HP MoonshotにHDIに加え、XenApp用の新しいカートリッジが提供されたことを案内しました。Moonshotは、仮想デスクトップや仮想アプリケーションに特化した専用カートリッジとして最適化されているだけでなく、GPUも搭載されるため高度なグラフィック処理を仮想化環境で実現することも可能になったことを画像の編集のデモを通じて示しました。今回のXenApp用カートリッジの提供により、企業や組織においてサーバー側の選択肢がさらに広がったことになります。

キャリアクラウドがもたらす革新

国内最大級のキャリアクラウドを支えるCitrix CloudPlatform

DSC01536事例講演に続いて、シトリックスのデモンストレーションが紹介された後に、KDDI株式会社(以下:KDDI) サービス企画本部 クラウドサービス企画開発部長の藤井彰人氏が登壇し、注目されているキャリアクラウドについて講演しました。
「KDDIは、Citrix CloudPlatformを用いたIaaSで世界最大規模を誇ります。KDDIのクラウドプラットフォームサービスは、革新的な機動力とキャリアグレードと呼ばれる高い品質で、多くのエンタープライズユーザーのシステム基盤として採用されています。また、自社のコンシューマサービスであるau cloudもKDDIのクラウドプラットフォームサービスを活用して、サービスを提供しています」と藤井氏は説明します。

KDDIのクラウドプラットフォームサービスは、ストレージのハードウェアの2重障害までも考慮した分散アーキテクチャを採用し、これまでにない冗長構成をオンデマンドで利用可能になる高信頼のサービスへと発展していきます。また、KDDI Business IDと連携した安心で安全なログインや、多重認証の採用に生体認証の計画など、利用者の利便性にも配慮した進化を続けています。講演の最後に、キング氏から「ユーザー企業はKDDIのクラウドプラットフォームサービスをどのように活用すればいいのでしょうか」という質問が寄せられました。
それに対して、藤井氏は「モバイルはクラウドにデータがあることによって、その真価を発揮します。そのためには、モバイルとクラウドを結ぶネットワークが重要になります。つまり、高信頼のクラウドとネットワークとモバイルデバイスの3つを一緒に考えて、新しいサービスを活用していくことで、真のモビリティを発揮できるのです」と回答しました。

Software-defined Workplaceに対する提案

基調講演の後半では、Software-defined Workplaceにおけるシトリックスの取組みが紹介されました。
「これまで、システムの展開や可用性の確保に運用効率といったCIOの観点から、Software-defined Datacenterの必要性が提唱されてきました。しかし、これからはCEOの視点で、迅速な業務の立ち上がりや生産性の向上、ビジネスの俊敏性を実現するために、Software-defined Workplaceが求められていきます。その実現のためには、3つの重要なポイントがあります。セキュリティとエクスペリエンスとANYnessです。ANYnessとは、ANY DeviceとANY ContentとANY Cloudをシームレスに結びつけるものです。それがシトリックスのコンセプトである「モバイルワークスペース」であり、アプリケーションも含めた統合的なデリバリーインフラストラクチャです」とキング氏は解説します。

DSC01512そして、2015年の終わりには、75%以上のモバイルアプリが基本的なセキュリティのテストで不合格になるという推測を示し、67%の技術導入決定者が、モバイルデバイスにおけるデータ保護が不十分だと懸念している現実を伝えました。その懸念を払拭するXenMobileの利用例が、シトリックスの小田氏によって実演されました。XenMobileを導入した個人のスマートフォンで、プライベートとビジネスのメールを安全に使い分けたり、セキュアに社内のイントラネットのデータを閲覧したり、Officeドキュメントを編集する様子が紹介されました。

モバイルユーザー体験を加速するXenApp 7.6

DSC01527続いてキング氏は、シトリックスのフラグシップ製品であるXenAppとXenDesktopについて講演しました。XenAppは、Windowsアプリケーションをモバイルサービスとして配信する製品で、最高レベルのセキュリティとユーザー体験、そして管理性を実現しています。またXenDesktopは、XenAppのすべての機能とVDI機能をひとつの統合プラットフォームで提供します。キング氏は、多くのシトリックス製品のユーザーが、XenAppによる仮想アプリケーション配信を利用している比率を示し、新バージョンの7.6では、モバイルユーザー体験をさらに発展させると訴えます。

「XenApp 7.6は、HTML5やChrome OSに対応しHDX Mobileをサポートするなど、モバイルユーザー体験を加速します。またFIPS/IOS15408に準拠した高度なセキュリティと、AWSやMicrosoft Azureなど多くのクラウドをサポートするcloud-Readyを実現しました」とキング氏は特長を語ります。

Chromebook+XenAppで利用するWindowsアプリケーション

DSC01611三人目の特別ゲストスピーカーとして、グーグル株式会社(以下:グーグル)のエンタープライズ部門 パートナーセールスヘッドの大須賀利一氏が登場し、話題のChromebookについて次のように語りました。
「日本では7月にChromebookのアナウンスをさせていただきました。なぜ、グーグルがハードウェアを開発したのかといいますと、スピード(Speed)、セキュリティ(Security)、シンプル(Simple)という3つのSを実現し、Chromeの利用に最適なデバイスを提供したかったからです」
2020年までに750億の端末がインターネットにつながると予測しているグーグルでは、Chromebookのようなシンプルなデバイスがビジネスでも広く普及すると考えています。その具体的な使い方を体験してもらうために、壇上にはシトリックスの竹内氏も登場して、ChromebookとXenAppを活用したデモンストレーションが行われました。

DSC01632竹内氏は、ステージに用意されたChromebookで、起動の速さや画面の特長などを紹介した後に、Chromeブラウザのタブを切り替えて、Webアプリケーションだけではなく、Windowsのアプリケーションが利用できる様子も実演しました。
「Citrix XenDesktopやXenAppを活用すると、ChromebookでもWindowsのアプリケーションが使えるようになります。また、NVIDIAの仮想グラフィックテクノロジーを組み合わせれば、高性能なワークステーションが必要だった3DグラフィックなどもChromebookから利用できるようになります」と竹内氏は説明しました。
実演の後に再び登壇したキング氏は「モバイル向けの統合ソリューションとして、アプリケーション・データ・サービスのセキュアな配信や管理を実現するCitrix Workspace Suiteを用意しています」と補足しました。

クラウドへの無理のない段階的プロセスを提供するシトリックス

講演の終盤に、キング氏はクラウドがもたらすビジネスのメリットとして「ビジネス継続性の実現(43%)、柔軟性や俊敏性の改善(40%)、配備の高速化(39%)、顧客サポートの改善(38%)、リソースの無駄遣いの削減(37%)といった効果」を説明します。
しかし、その一方でオンプレミスのシステムを運用している企業にとって、クラウドへの移行には乗り越えなければならない課題が多いと考えられてきました。それに対して、シトリックスでは無理のない段階プロセスを提唱します。
DSC01651
「シトリックスのクラウドサービスは、Workspace as a Serviceを配信します。その一つとして、ビジネスですぐ使えるワークスペースサービスプロバイダであるシトリックスのパートナーが重要になります。」とキング氏は解説し、最後の特別ゲストスピーカーであるエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(以下NTTコミュニケーションズ)のアプリケーション&コンテンツサービスの菅原英宗部長を紹介しました。
DSC01664菅原氏はNTTコミュニケーションズのDaaS(Desktop as a Service)の特長について次のように説明します。
「NTTコミュニケーションズのDaaSは、キャリアクラウドの強みを活かしたサービスです。企業のグローバルニーズに対応し、ネットワークとクラウドを一体的に提供し、ワンストップオペレーションを実現しています」
DSC01681
10年以上にわたってDaaSを提供してきたNTTコミュニケーションズでは、オンプレミスで利用しているPCから、部分クラウド化を経て、完全クラウド化までの進化をサポートしています。
「当社では、2011年1月から2014年1月までの3年間で、全社員のPCをBizデスクトップのEnterpriseへ完全に置き換えた事例と実績があります。その利用経験を踏まえて、ICT環境の整備だけではなく、仕組みづくりのノウハウも合わせて、お客様にサービスを提供してまいります」と菅原氏は語ります。

モバイル化をベースにしたビジネスの変革を実現する

講演の最後に、デモンストレーションを行ってきた竹内氏と小田氏も再び登壇し、キング氏と3名でクラウドを活用したワークスタイルを紹介しました。Citrix ShareFileに保存されているプレゼンテーションのファイルを3名がそれぞれに、WindowsタブレットとChromebookとiPadで閲覧し、共同で作業する様子が実演されました。
DSC01709
そして「Software-defined Workplaceを実現する「モバイルワークスペース」のコンセプトによって、企業ITのモバイル化をベースにしたビジネスの変革を実現することで、ビジネスのバリューを大きく向上できます」とキング氏は提案し、講演を締めくくりました。