Windows7アップグレードとCitrix XenDesktop

Windows7アップグレードとCitrix XenDesktop

マイクロソフトの新しいOSであるWindows7にはホワイトカラーの生産性を向上させる新しいインターフェイスなどが豊富に実装されています。たとえばタスクバーの表示内容の強化によって利用しているアプリケーションの様子をよりわかりやすく表現したり、ウィンドウの操作を直感的なマウス操作で行うスナップと呼ばれる機能などが搭載されています。また、ファイルや映像、音声、メールまでも検索をする新しいWindowsサーチ機能など多くの新機能が含まれています。これらWindows7本体の新機能に加えて、これから登場する新しいアプリケーションはもちろんのこと、既存の多くのアプリケーションもWindows7対応が行われています。

また、Windows7はWindows Vistaとは異なり多くのリソースを必要としないうえに、従来までのWindows XPとの互換性も多く保たれています。そのため、Windows Vistaへのアップグレードをためらい、軽量なWindows XPを利用し続けていた企業も、新しいWindows7のアップグレードを次々に行っています。それほどWindows7は企業において期待されているのです。しかしその反面、非常に多くのクライアントPCを抱える企業にとっては、Windows7へのアップグレードは悩みの種なのです。実際、高機能なWindows7を早く企業内に導入したいと思っても、そのプロジェクトはとても大がかりで時間と手間がかかる作業の連続なのです。

企業に多く配布されているクライアントPCのOSアップグレード作業は、とても多くの時間を要するのです。100台のクライアントPCのWindowsXPをWindows7にアップグレードするためには、アップグレード時間×100台分の時間が消費されたことになります。もちろん、その間、アップグレード中のクライアントPCは使用することができません。アップグレードに必要なWindows7のメディアも配布する必要があり、アップグレード手順をすべてのクライアントPCの台数分繰り返さなければなりません。企業全体のアップグレードが完了するまでは複数のOSが混在することになります。さらには、企業内にはスペック不足あるいは未対応の古いデバイスなどの存在によりWindows7にアップグレードできないクライアントPCが存在するかもしれません。そこでこのWindows7へのアップグレードのチャンスにデスクトップの仮想化が注目されているのです。

シトリックスとマイクロソフトのデスクトップ仮想化技術

図1:シトリックスとマイクロソフトのデスクトップ仮想化技術


デスクトップ仮想化で驚くほど容易になるWindows7アップグレード

シトリックスとマイクロソフトが実現するデスクトップ仮想化技術によって、利用者、管理者のすべてが効率よくWindows7へのアップグレードを行うことができるのです。そして、アップグレードが終わったその瞬間から、デスクトップ仮想化によってどこからでも新しいWindows7のすぐれた機能を利用することができるのです。

シトリックスとマイクロソフトのデスクトップ仮想化技術では、OS、アプリケーション、個人ごとのプロファイルのイメージをそれぞれ別々にサーバ側で管理しています。

そのため、従来までのすべてのクライアントPC上のOSをアップグレードする作業とは異なり、デスクトップ仮想化を実現しているサーバ側のOSイメージにWindows7を追加するだけです。その後、ユーザのプロファイルを従来までのWindows XPのグループからWindows7のグループへと変更を行うことによって、そのユーザの環境は次回以降Windows7へとアップグレードが行われているのです。もちろん、OSとアプリケーション、プロファイルが独立して管理されていますので、OSがWindows7にアップグレードされたとしても、アプリケーションは従来のまま利用することができますし、ファイルやフォルダ、個人の設定項目などはそのままWindows7上で利用を続けることができるのです。

ここのクライアントPCのOSをそれぞれバラバラにWindows7にアップグレードを行う作業と比較して、デスクトップ仮想化によって集中管理がなされた状態でのWindows7のアップグレードが非常に効率の良い作業であることがわかります。もちろん、その後のWindows7へのパッチの適用なども集中化されたサーバ上のOSイメージへの作業だけですみ、アプリケーションの管理も集中化されます。

Windows7へのアップグレードという手間のかかる大きなプロジェクトと同時に企業内全体のOSやアプリケーション管理の効率化のためにデスクトップ仮想化ソリューションの導入プロジェクトとすることが、結果IT部門にとっては良い選択となるのです。Windows7への移行を容易に実現するだけではなく、デスクトップ仮想化によるITコスト削減、セキュリティの強化、生産性の向上など、企業の様々なIT課題を解決することができます。


Windows7をフルサポートしたデスクトップ仮想化の新技術

新しく登場したWindows7の新機能やすぐれたユーザインタフェイスを実現するには、デスクトップ仮想化技術そのものも向上しなければなりません。従来までのデスクトップの仮想化技術では、集約化されたサーバ側で実行されるデスクトップ画面をネットワークを通じてクライアントPC上で表示するという構造上、音声や動画といったコンテンツの表示がスムーズに行われないケースがあり改善が必要でした。

しかし、シトリックスが提供する強化されたデスクトップ仮想化ソリューションであるCitrix XenDesktop 4がもつHDXテクノロジによって、ネットワークやデバイスに関係なく高い品質の動画や音声などのマルチメディア再生が可能になり、Windows7のすぐれた表現力や操作性を発揮することが可能になったのです。さらにFlexCastテクノロジは、IT部門がすべてのユーザの業務タイプに応じて最適のデスクトップを配信することを可能にします。そのほかにもWAN/LANなどの様々な種類のネットワークに最適化されたデータ転送や、仮想化されたデスクトップやアプリケーションの管理機能はもちろんのこと、なにより、Citrix XenDesktop 4はWindows7をフルサポートしているために、Windows7へのアップグレードに最適なデスクトップ仮想化ソリューションとなっているのです。

仮に数百台ものクライアントPCをWindows XPからWindows7へにアップグレードするプロジェクトで、多くの時間と手間を費やし、結果、さらにOSはバラバラになり、集中管理もできず、IT部門の管理下からどんどんクライアントPCがかけ離れていくことを考えてみてください。Windows7のアップグレードをデスクトップ仮想化プロジェクトとともにすすめてみたほうが良いかもしれません。