企業がワークシフトを採用する10の理由

次世代ワークスタイルの実現

ワークシフトは、従業員がいつでも、どこからでも仕事を行えるようにすることを基盤とした戦略です。これを実現するのは、IT リソースを集中管理し、セキュアな高品質のサービスとして提供できるようにIT を変革する必要があります。

従業員が最も効率的に業務できる環境へ

企業には、厳格なIT基盤に縛られずに、必要な時に、必要な場所へ、適切な人材を配置できる柔軟性が必要です。情報およびITリソースは、セキュリティや管理のしやすさから定位置に固定するのではなく、最も効果的、効率的に業務を行える最適な場所、時間、およびデバイスを自由に選択できるべきです。これを実現することが、ワークシフトの本質です。そして、今のビジネスのやり方を変えようとしています。

制限のないビジネスの生産性

Work@homeワークシフトは、様々な形態をとり、幅広い企業利益をもたらします。ビジネスプロセスまたは部門全体を新しい場所に移動して、従業員、契約社員、外注先企業またはオフショアリングプロバイダーなど、より幅広い要員をうまく活用し、生産性とカスタマーサービスを改善することができます。

M&A(企業の合併、および買収)、および拠点の拡張をより迅速かつシームレスに完了させて、事業の成長をサポートします。災害発生や疾病の流行により、従来の場所で事業継続性の維持が困難な場合、業務を行う場所から別の場所へ、あるいは従業員ごと異なる場所へ移動させることができます。データとアプリケーションは集中管理され、エンドポイントデバイスから完全に独立するため、セキュリティと管理の容易性が向上します。

在宅勤務およびデスク共有プログラムは、設備および不動産コストを削減できます。働く場所の選択の幅が広がることで、スキルを持った人材の採用および確保、仕事の満足度の向上、人材の流出を抑えコストの削減につながります。では、なぜ最初からワークシフトしなかったのかということです。これは単純に、従来のIT コンピューティングインフラストラクチャーでは、ワークシフトに必要な柔軟性、セキュリティ、管理の容易性を提供できなかったからです。その後、仮想コンピューティングがすべてを変えました。

ワークシフトを採用する10 の理由

1. ビジネスの成長を促進する

オフィス移転やブランチオフィスの開設、またはオフィスの拡張を迅速かつ効果的に実現できることが、競争上の優位性につながります。従来のデスクトップインフラストラクチャーでは、企業が成長する際に新しいハードウェアの購入、ソフトウェアのインストール、個々の従業員毎にセットアップが必要なため、俊敏性が失われていました。オーバープロビジョニングに対する懸念により、準備するデスクトップ数に関して保守的な意思決定をする可能性があり、さらに導入スケジュールが長期化するため相当前から要件を見積もる必要があるため、成長が遅れ、柔軟性も失われます。

仮想コンピューティングインフラストラクチャーは、1 日もかからずに新しいロケーションをネットワークに接続し、新しいユーザー用のデスクトップを数分で用意できます。使用可能な状態であれば、長年使用している機器やユーザー自身のデバイスも含め、すべてのデスクトップハードウェアを使用して、オンデマンドで仮想デスクトップにアクセスできます。しかも、すべてのユーザーが、最も要求の厳しいエンタープライズアプリケーションでも、高品位のユーザーエクスペリエンスの恩恵を受けることができます。集中管理とオンラインサポートツールにより、新しい場所にIT スタッフを配置する必要がなくなり、オーバーヘッドを減らすことができます。その結果、企業は簡単に、より速く、弾力的に成長することができ、ビジネスインパクトを加速することもできます。