デスクトップ仮想化概要

デスクトップ仮想化概要

業務アプリケーションなどの実行環境であるサーバーを仮想化することを一般的に「サーバー仮想化」と言いますが、それに対して社員などのユーザーが日々利用しているパソコン自体を仮想化する技術を「デスクトップ仮想化」と言います。企業全体に大きな効果をもたらすデスクトップ仮想化とは一体どういうものなのか、分かりやすく紹介しましょう。

デスクトップ仮想化は、パソコン本体を安全なデータセンターや会社のマシンルーム内に配置し、エンドユーザーはパソコンの画面イメージだけが表示された端末のディスプレイを見ながら、キーボードとマウスを使ってネットワーク越しに遠隔地のパソコン本体を仮想的に(あたかも手元にあるかのように)操作するパソコンの新しい利用方式です。デスクトップ仮想化を導入することによるメリットは多岐にわたります。

デスクトップ仮想化の動作原理

エンドユーザーにとってのデスクトップ仮想化のメリットは、利用する端末は画面表示とキーボードやマウスの信号を送信するだけととてもシンプルになるため、エンドユーザーがパソコンを管理する必要がなくなり、本来の業務に集中できることです。煩雑なオペレーティングシステムのアップグレードやオフィスソフトウェアのインストール作業などは必要なくなります。

また、それ以外にも社内ネットワークに繋がっている個人のデスクトップ環境が、そのまま自宅や外出先でも利用できます。これにより常に仕事で使うデスクトップ環境と同等な操作で仕事を継続出来るということが言えます。

また、企業にとってもデスクトップ仮想化は非常に有益です。

パソコン本体、つまり、大切なデータはデータセンターやマシンルーム内に設置されているため、情報漏洩の危険性が大幅に軽減されます。 パソコンのセキュリティやソフトウェアは情報システムのプロフェッショナルが一元的に管理できるため、企業は危機管理体制を高められるだけでなく、結果として多大なコスト削減効果を享受することが可能です。

管理者の立場からみると、今までは物理的に分散されたパソコンを1台ずつ管理しなければいけませんでした。従来の分散コンピューティングモデルでは、IT部門は企業全体の数百、数千のデスクトップを個々に管理する必要がありましたが、単一イメージ管理に基づいたデスクトップ仮想化を使用すると、各アプリケーションのコピーも1つ、OSのコピーも1つ、企業全体の管理ポイントも1つになります。

このようにデスクトップ仮想化は、ユーザー、企業、IT部門にとってメリットを享受できるのがデスクトップ仮想化です。

デスクトップ仮想化を構成するコンポーネント

デスクトップ仮想化には、大きく分けて4つのコンポーネントで構成されます。

・クライアントデバイス
仮想マシンにリモート接続するクライアントデバイスのことをいいます。シンクライアントや既存のパソコンが使われています。最近ではシンクライアントの価格もだんだん安くなってきていますし、また既存のパソコンをディスクレス化(シンクライアント化)してデスクトップ仮想化のクライアントデバイスとして使うケースも増えてきているようです。

・コネクションブローカー
ユーザーがクライアントデバイスから接続要求を出した時に、仮想マシンを割り当てる役割を果たします。例えば、営業部に所属するAさんが仮想マシンに接続要求を出した場合、営業部用の仮想マシンが割り当てられます。また、一般的に、デスクトップ仮想化の管理機能も保持します。

・仮想インフラストラクチャ
仮想マシンを動かすインフラストラクチャです。代表的な製品としては、VMware ESX、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServerなどがあります。サーバー仮想化やストレージによって構築されます。

・仮想マシン(デスクトップ)
仮想インフラストラクチャで動く仮想マシンのことを指します。Windows7、Windows XP、Windows Vista、LinuxなどのクライアントOSが使われます。一般的にユーザーに割り当てられた仮想マシンと、複数のユーザーで共有する仮想マシンがあります。コネクションブローカーにより、接続してきたユーザーに適切な仮想マシンが割り当てられます。

デスクトップ仮想化の動作の仕組み

デスクトップの仮想化技術は、パソコンのデスクトップ機能をサーバー側に集約させます。従来までクライアントで使っていたパソコンのハードディスク、アプリケーション、デスクトップ画面、様々なアプリケーションの設定やデータ、ファイルやフォルダ、アプリケーションの実行に必要なメモリ空間やCPUリソースまでもサーバー側に集約されます。デスクトップ仮想化の仕組みを簡単に解説しましょう。

利用者が自分自身のデスクトップが必要になったときには、シンクライアントやパソコンから、デスクトップ仮想化のプロトコル(デスクトップ仮想化ベンダーによって異なる)でサーバー環境に接続要求を出します。接続要求を受けたデスクトップ仮想化サーバー側では、コネクションブローカーと呼ばれる仕組みで、どのユーザーのデスクトップを必要としているのかといった認識や認証などを行います。その後、該当するユーザーのデスクトップのイメージを保存されているハードディスクなどから呼び出し、サーバー上でデスクトップ環境を復元し稼働させます。このサーバー上で稼働しているデスクトップのイメージがパソコンに送られ表示されているのです。つまり、表示イメージだけがクライアント側に送信され、それ以外のアプリケーションなどは実際にはサーバー上で稼働していることになります。実際には、利用者はその違いをほとんど意識することはありません。

Citrix XenDesktopによるデスクトップの仮想化

シトリックスは20年以上にわたり、オンデマンドに企業情報システムを利用できるようにするためのITインフラストラクチャとして、デスクトップ仮想化技術を進化させてきたベンダーです。シトリックスが提供する「Citrix XenDesktop」はその集大成とも言える最も先進的なデスクトップ仮想化を実現する製品です。

デスクトップの仮想化をデータセンター内で仮想デスクトップがホストされる一般的なVDI(仮想デスクトップ・インフラストラクチャ)は、デスクトップ仮想化の1つの方法に過ぎず、デスクトップ仮想化の全体を表してはいません。VDIソリューションだけでは、企業の様々な従業員の利用用途にあわせてデスクトップ環境を提供することができないからです。

シトリックスは、Citrix XenDesktopに搭載されているCitrix FlexCastデリバリテクノロジにより、多様なワークスタイルおよび様々な業務形態のユーザーに対して最適な利用環境を提供します。全体で6種類の方法を提供しますが、ここではいくつか例をあげてご紹介します。

通常のオフィスワーカーが必要とするような、パーソナライズされたWindowsデスクトップを仮想的に提供する場合は、サーバーのVM上でデスクトップOSを展開し、その画面イメージを任意のデバイスへ配信します。(ホステッドVDIデスクトップ)一般的なVDI方式がこれにあたります。

また、経理などの定型業務担当者には、カスタマイズ不要の標準化されたデスクトップを提供する方式を提供します。(ホストテッド共有デスクトップ)1台のサーバーで最大500名ものユーザーをサポートするため、市場の他の仮想デスクトップテクノロジを凌ぐ大幅なコスト削減を実現します。

CADエンジニアなどのヘビーユーザーには、データセンターのブレードPCを割り当てる方式を提供します。(ホステッドブレードPCデスクトップ) ブレードPC1台につき1つのデスクトップのみをホスティングするため、優れた処理能力を発揮します。

その他、Citrix FlexCastの詳細はこちらをご確認ください。

ユーザーエクスペリエンスの強化

大きなメリットを提供するデスクトップ仮想化ソリューションですが、利用者にとって、今までの環境と大きく異なってしまい、使い勝手が悪くなるようでは本末転倒です。Citrix XenDesktopに搭載されたCitrix HDX(High Definition eXperience)テクノロジを利用して、マルチメディア、音声、ビデオ、3次元画像を扱う場合でも、高品位(Hi-Def)なユーザーエクスペリエンスを提供できます。また、低帯域幅で待ち時間の長いWAN 接続も含め、どのネットワークでも最高のパフォーマンスを実現し、通常のパソコンと遜色のない操作パフォーマンスをエンドユーザーに提供します。

HDXテクノロジの詳細はこちらを参照してください。