安心感と強力な投資の保護を提供するNetScalerのPay-As-You-Growライセンスモデル

この内容をPDFで読む

[PDF] Pay-As-You-Growライセンスモデル:ネットワークに関する投資の保護と弾力性を提供

総論

現在、多くの企業のIT 組織は、新しいクラウドテクノロジーを自社の次世代データセンターアーキテクチャに取り込むことにより、全体的なIT の柔軟性とビジネスの俊敏性を向上させようとしています。彼らが最も重要視しているのは、厳密な性能に関するサービスレベルアグリーメント(SLA)を満たしつつ、ますます予測不能になりつつあるアプリケーショントラフィック負荷を適切に処理できるような高度な弾力性をいかにして組み込むかということです。これら2 つの相反する目標を達成するには、より大規模なデータセンターインフラストラクチャ内にある個々の要素が、状況に応じてキャパシティや性能を増強するためのネイティブ機能を提供することを必要とします。

このような新しいニーズに対応するために、Citrix®はNetScaler® Pay-As-You-Growライセンスモデルを提供します。このライセンスモデルは、オンデマンドで弾力性を提供することにより、高価なハードウェア購入やアップグレードを行わずに、IT 管理者が絶えず変化するトラフィック状況に素早く対応できることを保証します。また、NetScaler のPay-As-You-Grow ライセンスモデルはソフトウェアベースのアーキテクチャを活用し追加のハードウェアを購入せずに将来のキャパシティ要件を満足させるためのスケールアップが行えるため、現在のニーズに最適な規模のADC ソリューションを購入できます。

これに対して、従来の性能やキャパシティが固定されているネットワークアプライアンスや、高価な新規プレードの追加購入を必要とするシャーシベースのソリューションでは、これからのデータセンターが要求するオンデマンドの弾力性を十分に提供できません。このようなソリューションでは、トラフィック要求が1 つのアプライアンスのキャパシティを上回った場合、顧客は自社の初期投資を完全に破棄し、当該ADCインフラストラクチャの物理的な入れ替えを実施しなければなりません。ハードウェア中心のPay-As-You-Grow モデルでは、IT 組織は性能のスケーリングが必要となるたびに買い替えや新しいブレードを購入することを余儀なくされます。この結果、調達および配備にかかる時間的な問題、不要なキャパシティ、予定にないネットワーク投資などが引き起こされます。更に、Burst Pack ライセンスオプションを提供しているシトリックスとは異なり、これらのソリューションが提供する同様のオプションでは、一時的なトラフィック急増にも十分に対処できません。

カスタムハードウェアに依存しているアプリケーション デリバリー コントローラ(ADC)は従来のデータセンター環境では十分でしたが、クラウド時代のより要求が厳しい環境には対応できません。業界トップクラスのソフトウェアベースのアーキテクチャを備えたCitrix NetScaler は、プロセッサの持つメリットを活用し、データセンターでの設置面積を減らし、更に卓越した性能を実現します。