2048bitSSLの実装に関するベストプラクティス

2048bit_ssl_titleWebサイトへの脅威が増大している中で「常時SSL化」や「SSL 2048bit」への移行が進んでいます。一方で、常時SSLや2048ビット鍵長の処理にはSSL鍵長 1024bitの5~30倍の処理能力が必要となり、Webサーバーのパフォーマンスが大幅に低下する恐れがあります。
その対策として、現在大きな注目を集めているのが、「アプリケーション デリバリー コントローラー (ADC)」が備える「SSLアクセラレーション技術」です。SSLアクセラレーション技術により、強固なセキュリティを維持しながら、高いパフォーマンスと効率的な運用管理が実現できますが、適切なソリューションを選択しなければ、Webパフォーマンスの低下といったユーザーエクスペリエンスの低下を招く恐れが有ります。

本書では、2048bitのSSL証明書の処理に関して最適化されたソリューションの導入について詳しく解説します。

目次

  • 総論
  • SSL Everywhere(Always-On SSL)
  • より強力なSSLの登場
  • 2048bit SSLを使用する場合のアプリケーション性能の維持
  • 2048bit SSL処理インフラストラクチャを計画する場合のベストプラクティス
  • 適切なADCの選択
  • 結論

 

下記ボタンをクリックしてダウンロードしてください