Citrix CloudPlatformとNetApp FASストレージがクラウドの運用を改革する!

ネットワンシステムによる渾身の検証結果が無償ダウンロード

pro_12029_lビジネスの俊敏性をいかに高めるか──。企業が何らかのシステム化案件に臨むとき、その基盤としてクラウドを検討することは今や当然の流れとなっている。もっとも、後々の運用フェーズまでも含めて大局的な視点を持っていなければ、せっかくのクラウド技術のポテンシャルは充分に活かせない。

インスタンスのスナップショットやバックアップ/リストアなどにユーザー自身が対処できる技術も登場し、今やミッションクリティカルなシステムをクラウド環境に移行するケースも見られる。しかし、こうした機能が有用であればあるほど、クラウド全体への影響やシステムの制約を考慮してシステムを構築しなければ、運用コストの肥大化を招きかねないのだ。

欠かせないのは、クラウド基盤を構築するシステムの制約や性能を、できるかぎり理解しておくこと。この領域で実績を積んできたネットワンシステムズでは、クラウド管理ソフトウェア、サーバやストレージ、ネットワークなどについて、連携機能やパフォーマンスを含めて詳細に検証した結果を公表、クラウドの導入を検討している企業向けにホワイトペーパーとして提供している。

本稿では、シトリックス・システムズ・ジャパンの「Citrix CloudPlatform」とネットアップの「NetApp FASシリーズ」を組み合わせた“クラウド基盤バックアップソリューション”について、詳細な検証を行ったネットワンシステムズを含めて、3社のプロフェッショナルに話を伺った内容をまとめる。

続きはこちら