事業継続のための災害対策とワークスタイル提案

予想外のトラブルにも負けない
新しいワークスタイルの構築を目指す!

ITが企業活動の根幹を支えている現在は、災害による機器の破損やネットワーク障害、停電による影響で業務が止まる危機にさらされています。予想外のトラブルに負けないIT基盤の構築を行い、そしてどんな状況でも業務が続けられる新しいワークスタイルを確立することが重要です。ここでは災害時における様々な問題を解決するためのソリューション、新しいワークスタイルについてご紹介します。


交通機関の混乱は普段からよくありますが、災害時にはその混乱が長引く傾向にあります。会社に行かなければ業務が止まるというのが、現在の企業の多くが抱える問題。交通機関の混乱時にいかに業務を継続する体制を構築するかが、災害対応には必須の課題です。

  • 交通手段がストップ、または大幅に遅延し、会社に出勤できない
  • 会社のパソコンにデータを保存しているため、会社に行かないと作業ができない
  • 予定した時刻に会社にいけず、打ち合わせに間に合わない

自然災害は、IT危機にも大きなダメージを与えます。パソコンやハードディスクの破損からネットワーク、サーバーの障害など、その影響は広範にわたり、業務に多大なる影響を与えます。こういった設備破損時に即時対応できる体制も、災害やトラブルに負けないためには必要です。

  • 地震でパソコンが倒れ、衝撃でハードディスクが壊れてしまった
  • 災害で物流が止まり、故障した業務用パソコンの代替え機がすぐに準備できない
  • 落雷によりパソコンの電源が壊れてしまった

東日本大震災により、東日本地域の企業は長期の停電を、そして関東圏の企業は計画停電の多大なる影響を受けました。この経験により、突然の停電や電力不足の影響をいかに回避していくかも、災害対応に必要な課題として浮き彫りになりました。

  • 瞬断や停電でパソコンやデータが壊れてしまった
  • 停電の影響でアクセスポイントが使えず、本社サーバーにアクセスできない
  • 停電地域にあるサーバーが落ちてしまい、業務上必須のシステムにアクセスできない


これらの問題の解決策をホワイトペーパーにまとめました。

災害対策 詳細の資料は以下よりダウンロードください。


事業継続を支える デスクトップ仮想化ソリューション