XenAppによるWindowsアプリケーションのモバイル化(後編)

この内容をPDFで読む

[PDF] Windowsアプリケーションのモバイル化 – キープロジェクト設計ガイド

前編はこちら

制御層

制御層には、ホステッドアプリケーションのユーザーへの配信を制御するために必要なXenAppコンポーネントが含まれます。「アクセス層」セクションで示したAccess Controllerコンポーネントが含まれます。制御層のXenAppコンポーネントはハイパーバイザーの特定のクラスタやプールとリンクするものもあれば、構成全体を対象とするものもあります。

インフラストラクチャーコントロール – WWCOは、500人のユーザー配備用に現在のインフラストラクチャーコンポーネントの多くを利用することができました。この方式により、ソリューション全体のコストおよび手間を低減しながら、ソリューションを迅速に配信できました。このソリューションには、以下のインフラストラクチャーコンポーネントを使用しました。

  • Active Directory:XenAppは、ユーザーとデバイス両方の認証とポリシー実施にActive Directoryを利用しています。WWCOは、ソリューションの実装のために、既存のActive Directory 2008 R2環境を利用しました。
  • SQL Serverデータベース:このデータベースには構成セッションおよび使用状況に関するすべての情報が格納され、XenAppファーム全体の基盤となります。また、StoreFront Servicesもアプリケーションの同期化機能を実現するためにSQL Serverデータベースを必要とします。WWCOでは、SQL Server 2008 R2のミラーをXenAppファームおよびStoreFront Services用に使用しました。このミラーには、高可用性を実現するために、ミラーリング監視サーバーを設定しました。
  • License Server:Citrix License Serverは、XenAppのすべてのコンポーネントについてライセンスを管理します。万一サーバーが使用不能になった場合、License Serverには30日間の猶予期間が与えられています。この猶予期間により、License Serverのクラスタ化に必要となる煩雑な手間が軽減されます。WWCOのXenApp環境では、1台の仮想License Serverを使用しました。万が一このLicense Serverが使用できなくなった場合、WWCOはVMのバックアップコピーに戻ることができます。

app_mobile_6

制御ホスト – ハードウェアコストの削減、フェイルオーバー保護の向上、システム管理の容易化といったリソースの効率性を実現するには、WWCOのソリューション設計のすべてのコンポーネントの仮想化が不可欠でした。Microsoft® Hyper-V®、Citrix XenServer®、VMware® vSphere®の3つすべての主要ハイパーバイザー上でXenAppがサポートされます。WWCOはHyper-Vを選択し、インフラストラクチャーコンポーネントをサポートするために、データセンター内に2つのHyper-Vクラスタを構築しました。1つはインフラストラクチャーサーバー用で、もう1つはXenAppサーバー用です。