仮想化によるビジネスモビリティの実現

コンシューマライゼーション、BYOD、ワークシフト導入ガイド

はじめに

EBC-s企業は、モビリティ(機動性)および従業員へサービスベースのコンピューティングを最適化することで、中長期的に優秀な従業員の定着率を高められるようになります。モビリティとサービスベースのコンピューティングによる、最適なコンピューティングエクスペリエンスを実現するには、ユーザーエクスペリエンス、TVO (Total Value of Ownership:総所有価値)、情報資産の保護のバランスを取る必要があります。

この記事では、ワークシフト、コンシューマライゼーション、およびコラボレーションによって生産性を強化する、モバイルサービス重視のコンピューティングアーキテクチャについて解説します。

モビリティ、ワークシフト、コンシューマライゼーション

今日の企業で、モビリティの重要性はますます重要な役割を担っています。どのタイプのワーカーにとっても、「常にシステムへ接続していること(常時接続)」が必須要件です。もはや電子メールだけ常時接続しているだけでは不十分で、最大限の生産性を上げるには、アプリケーションやファイルにリアルタイムでアクセスでき、どこからでもいつでもリソースの共有、コラボレーション、業務ができる必要があります。

どこでどのように仕事をしていても(オフィス、自宅、出張先のどこにいても)、ワーカーは一貫性のある高性能なコンピューティングエクスペリエンスが確実に得られることを望んでいます。一方、企業レベルでは、ワークシフト(最適な場所、時間、およびリソースをワーカーが自由に選択できること)の促進より、組織と業務、働き方の変革が進行中です。

ワークシフトが推進され、いつでも、どこでも働けるようになったことで、多くのワーカーが、スマートフォン、タブレット、ラップトップなどのコンシューマ向けデバイスを使用して、ビジネスの生産性を向上させています。この傾向はコンシューマライゼーションと呼ばれています。コンシューマライゼーションでは、私用とビジネス用に同じモバイルデバイスを使用することや、ワーカーが会社内で個人所有のデバイスを使用する(BYOD)ことも珍しくありません。

しかし、モビリティが高まることで、企業およびIT部門は、情報セキュリティの確保とIT運用管理方法を見直すことを余儀なくされています。モビリティと情報セキュリティの維持、およびIT部門によるテクノロジーの制御を高い次元で統合管理を実現するコンピューティングアーキテクチャの導入を検討する必要があります。

この記事では、ワークシフト、コンシューマライゼーション、およびコラボレーションによって生産性を強化する、モバイルサービス重視のコンピューティングアーキテクチャについて解説します。

モビリティのための最適化

モバイル環境での生産性は、高品質のユーザーエクスペリエンスにかかっています。

一般的な消費者は、個人用のモバイルデバイスを、使いやすさ、価格、デザインの良さで選択します。これらのデバイスに対する企業の導入要件は、個人使用の場合とはまったく異なりますが、これらの原則が重要であることに変わりありません。

IT部門は企業のリソースと情報資産の安全確保に取り組んでいるとはいえ、その手段が、最新のスマートフォン、タブレット、ラップトップの価値のほとんどを決定づける使いやすさと、人間重視のコンピューティングエクスペリエンスを損なうことは許されません。IT部門は、こうした状況に対応しながら、セキュリティを維持しつつ、より柔軟なワークプレイスをサポートするための変革が求められています。

モバイルデバイスの急増およびモビリティ向上による、生産性、コラボレーション、および企業が受ける業務が効率化することで得られる生産性向上とコスト削減のメリットは、それに伴うコストとリスクを大幅に上回っていると考えられています。今日、多くのIT部門が、このような認識を共有するようになっています。このことは、コストだけではなく、生産性向上に向けた投資の有効性を示す、より総合的で意味のある指標としてTVOという概念が登場したことにも反映されています。シトリックスが委託した、独立系市場調査会社であるVanson Bourne社が実施した最近の調査では、中規模および大規模企業の1,100人のCIOは、従業員が自分で選んだデバイスを使用でききるようにすることが、ワークシフト戦略の採用に対する一番の推進力になると考えていることがわかりました。

モビリティに必要な情報管理に対する考慮

モビリティは、本質的にリスクを増やすため、機密データの保護が必要になります。アプリケーションとデータは、データセンターの保護範囲内にある限り適確に制御されていますが、ビジネスのニーズによって、オフライン状態での使用が必要になる場合もあります。優秀な情報セキュリティのプロであれば、増大したモビリティに対して異議を唱える理由をいくつでも見つけられるでしょう。真の課題は、それに賛成できる方法を見つけることです。

そのためにIT部門は、モビリティを促進するためにテクノロジーを活用すると同時に、最適なユーザーエクスペリエンス、高いTVO、効果的な情報管理を提供する必要があります。

hyo_1

コンシューマライゼーション、BYO、およびワークシフトをサポートするためにモビリティを最適化する

ワーカーのモビリティに必要となるのは、リモートアクセス機能だけではありません。コンシューマライゼーション、BYO、およびワークシフトなどのトレンドのビジネス価値を完全に取得するには、IT部門はモバイル環境を最適化して、優れたワーカーエクスペリエンス、最大のTVO、および妥当な情報管理を実現する必要があります。これらの要素は、シトリックスの仮想化ソリューションの特徴を定義しています。この中には、エンドツーエンドの最適化を実現するためのフレームワークの配信とサービスも含まれます。

list_1