XenAppを利用したWindowsデスクトップの配信(前編)

この内容をPDFで読む

[PDF] XenAppを利用したWindowsデスクトップの配信

本書について

この設計ガイドでは、低コストでPC更新を実現するためのキープロジェクトで使われたソリューションのアーキテクチャと実装の概要を説明します。ソリューション評価や概念実証(POC)導入の手引きとしてお使いいただけるように、シトリックスのコンサルティングサービス部門が持つアーキテクチャ設計の経験とノウハウを結集し、ラボテストを行いながら設計を完成させました。

この設計では、一般的に手に入る製品を使用するとともに、ソリューションの各構成要素の再現性のある配備、運用、管理プロセスを採用しています。

現在、かつてないほどに企業の予算が縮小傾向にあり、IT部門は、業務上重要なプロジェクトを、毎年のPC更新のようなルーチン的なプロジェクトと同等に扱うことを余儀なくされています。古いPCをシンクライアントで置き換えることは、コスト削減のための実証済みのアプローチですが、このようなコスト削減をデスクトップ仮想化およびSystem-on-a-Chip(SoC)テクノロジーによる各種の改善点と組み合わせると、シンクライアントへの移行がより魅力的なものとなります。

ソリューションの目的

このキープロジェクト設計ガイドの目的は、標準的なPCよりも大幅に安い価格で提供されるCitrix® HDX™対応のSoC搭載デバイスを含む、低コストのエンドポイントデバイス向けに最適化された高性能の仮想デスクトップを構築、提供する効率的な方法を示すことにあります。

本書で取り上げるWorldWide Corporation(略称WWCO)社は、架空の大規模コールセンター企業です。同社では、旧型のPCをエコフレンドリーで低電力のデバイスで置き換え、デスクトップを中央のサイトに移動することでコストの削減とデータセキュリティの強化を計画しているものとします。最初のロールアウトフェーズでは、500名からなるユーザーグループが特定されているものとします。

同社のIT部門は、アプリケーションのコアセットを備えた、ロックダウン型の合理化され標準化された環境を提供する必要があります。ユーザーがインストールするアプリケーションやパーソナライゼーションは必要ありません。また、IT部門は、エンドポイントデバイスのコストには非常に敏感であるものの、ユーザーエクスペリエンスに関しては妥協したくないものとします。さらに、IT部門は、コストを制御するために、これらのデスクトップを中央で一元的に管理および監視する必要があります。

これらの課題を解決するために、WWCOはCitrix® XenApp® 6.5環境を実装して、アプリケーションのコアセットを含むサーバーデスクトップ共有型をユーザーに配信することを決定しました。本ガイドの目的は、ロックダウン型のWindows®デスクトップを可能な限り低コストで、かつ最短の期間で配信する効率的な方法を構築して提示することにあります。また、情報セキュリティに関するベストプラクティスも紹介します。

WWCOのビジネス上の目標

  • 低コストでエコフレンドリーなエンドポイントデバイスを使用してPCハードウェアの更新予算を削減すること
  • PCサポート作業およびトラブルシューティングサイクルを合理化すること
  • コアデスクトップを中央で一元的に管理し、それらをすべてのユーザーに配信することにより、トラブルシューティングやサポートインシデントの件数を減らすこと
  • 高品位のエクスペリエンスを保証し、ユーザーがオフィスから離れた場所にいる場合でも高い生産性を発揮できるようにすること
  • 企業の知的財産を保護するためにロックダウン型のデスクトップを配信すること

WWCOの技術面の目標

  • 数百名から数千名のユーザーにまで規模を拡大できるソリューションを構築すること
  • ソリューションの評価、準備、配備を数週間で完了すること
  • コストと複雑さを削減するために、可能な部分はすべて仮想化すること
  • ビジネス継続性を実現するために「n+1」構成に対応した高可用性ソリューションを実装すること