3DCAD、スタイリング、デザイン、医療ソフトウェア領域を仮想化し迅速な対応と知的財産の保護を両立

この内容をPDFで読む

[PDF] 3Dプロフェッショナルグラフィックスの仮想化

経済のグローバル化が進む中で、企業は、オフショア、モバイル、およびリモートにいる従業員と連携しながら、設計のライフサイクルを管理することによって、製品の市場投入までの期間を短縮したいと考えています。一方で、知的財産のセキュリティと管理も行う必要があります。多くの企業では、デスクトップの仮想化を、この2つの目標を達成するために重要な役割を果たすテクノロジーとして見ています。

3Dプロフェッショナルグラフィックスアプリケーションの仮想化は、技術的にもコスト的にも制約があったことから、最近までは真剣には考えられていませんでした。今日では、GPUアクセラレーション技術と仮想環境でのネットワーク使用率を向上させるための高圧縮技術が進歩したおかげで、多くの企業が、ハイエンドのグラフィックスアプリケーションの仮想化に取り組み始めています。

この傾向を加速する、次のようなビジネス上の背景があります。

  • グローバルな人材を求める要望 – 競争で優位に立つために、企業はあらゆる場所から優秀な才能を活用する必要があります。それは、コスト管理とお客様への緊密なサポートを提供したいからです。
  • 製品設計の知的財産の保護 – 契約社員、ビジネスパートナー、派遣社員と情報を共有する必要性から、企業では知的財産保護の強化が進められています。
  • 従業員が望むモバイルデバイス上での設計モデルの表示やプレゼン – 店舗フロアや客先で設計書類や洗練されたモデルを表示し、プレゼンテーションできることが重要になってきました。しかも、タブレットを含む多様なデバイスを使って。
  • コスト削減と市場投入までの期間短縮の経済面での要請 – 24時間365日の開発サイクルで、分散された開発チームが協業します。リアルタイムで遠隔地からのコラボレーションを必要としています。

Citrix®は、3Dプロフェッショナルグラフィックスアプリケーションおよびワークステーションの仮想デリバリーで業界をリードしています。シトリックス製品には、スムーズなグラフィックス性能を実現するためのOpenGLベースの3Dプロフェッショナルグラフィックスアプリケーションと、低帯域のネットワーク上でトラフィックのスループットを最大化するための画期的な高圧縮技術をハードウェア仮想化ベースでGPU共有できるようにする、業界初のソフトウェア仮想化ソリューションが含まれます。

3Dプロフェッショナルグラフィックスの仮想化のユースケース

シトリックスの仮想3Dプロフェッショナルグラフィックスのユースケースでは、低帯域且つ高遅延ネットワーク上で3Dプロフェッショナルグラフィックスアプリケーションを最適化するために、Citrix® HDX 3Dテクノロジーを組み込んだアプリケーションとワークステーションの仮想化ソリューションを活用しています。利便性をさらに向上させるために、タブレットやMac®およびWindows®のノートPCなど、任意のデバイス上でアクセスが可能です。

シトリックスの仮想3Dプロフェッショナルグラフィックスソリューションは、Citrix® XenDesktop®とHDX 3D Proとの組み合わせ、XenApp®とHDX 3Dとの組み合わせ、Citrix Receiver、StoreFront Services、およびCitrix NetScaler Gatewayで構成されています。