セキュアかつ高速なクラウドネットワークを実現する

高速かつ柔軟性、セキュリティを実現するクラウドコンピューティング時代のネットワークとは?

現状

データ爆発と集中アクセス
クラウドコンピューティングの特長であるサーバーの集約は、かつてないほどのネットワーク負荷、サーバーへの負荷が増加します。
システム停止が巨額の損失
企業にとってシステムの停止はビジネスの停止を意味します。高負荷によるアプリケーションの停止やネットワークの脆弱性をついた攻撃は企業にとって重大な脅威です。
ユーザー主導のIT 利用への転換
オーダーメイドの高価なIT システムの所有の時代からセルフサービスによるオンデマンドで利用するIT システムへと転換しています。これらはCPU やストレージだけでなくネットワークも同様です。

 

課題

クラウドに必要なネットワークの必要性

テナントごとのポリシー設定
テナント毎のきめ細かなネットワーク利用の設定が出来ない。
クラウド間接続
クラウド間を柔軟に接続および設定、負荷分散可能なネットワークが構築できていない。

 

ネットワークパフォーマンスと可用性

トラフィック増にともないパフォーマンスが劣化
クラウド環境へのアクセス集中によりネットワークトラフィックが増加しパフォーマンス劣化。
データベースアクセスの集中で停止
動的なキャッシュが出来ずに負荷の高いデータベースアクセスが集中しシステム停止が発生する。
リモートアクセスのセキュリティ
私物デバイスなどを利用したリモートアクセスによる仮想デスクトップの利用は情報漏洩やセキュリティが不安。

 

サーバーやネットワークコストの増加

サーバーアクセス集中
サーバーへのアクセス集中により、ファシリティ追加コストがリニアに増える。

 

パフォーマンスとセキュリティを実現するクラウドネットワークが解決

シトリックスのクラウドネットワークにより、アプリケーションの100%の可用性、アプリケーションとデータベースサーバーの負荷軽減、高速化、および高度なサイバー攻撃に対する防御を実現できます。

Webサーバーとデータベースサーバーの前面に配置され、高速な負荷分散およびコンテンツスイッチング、データ圧縮、コンテンツキャッシング、SSL アクセラレーション、アプリケーションフローの可視性、強力なアプリケーションファイアウォールなどを操作性に優れた1 つのプラットフォーム上に統合します。

byod

●インテリジェントな負荷分散

  • 分散した複数サイト間の広域負荷分散
  • リアルタイムで負荷を監視し、オンデマンドでリソースを調整

●アプリケーションの高速化

  • TCP 最適化による5 倍のパフォーマンス
  • HTTP 圧縮による帯域幅の有効活用、動的コンテンツキャッシュによるリクエスト数の縮小

●強固なWeb セキュリティ

  • アプリケーションファイヤウォールによる保護
  • SSL VPN によるリモートからの安全なアクセス

●サーバーパフォーマンス最適化

  • TCP 接続管理やリクエスト重複排除などにより最大80%のサーバーコスト削減
  • 多くのアプリケーションを多くのユーザーへ配信可能

●柔軟な拡張性

  • 500Mbps のエントリーレベルから最高50Gbpsまでのエンタープライズプラットフォーム
  • ネットワーク負荷に応じて追加可能なため買い替えの必要なし

●クラウドとマルチテナント

  • テナント、アプリケーション毎の柔軟なポリシー設定
  • クラウド接続機能による無限大の柔軟性

 

解決後のイメージ

byod

 

想定利用例

オンラインバンキング業務
(金融業)
運用管理業務
(データセンター事業)
SNS運営
(インターネットサービス業)
在宅勤務
(業種全般)
アプリケーションレベルの攻撃からWeb サイトを保護し、予期しないサービス停止や情報漏洩を防止します。 顧客との契約状態により、各テナントやアプリケーション毎に柔軟なネットワークポリシーを設定することが可能です。 圧倒的なパフォーマンスと効率化により、顧客満足度を高めるだけでなくサーバーコストも削減可能となります。 SSL VPN やシングルサインオンなどによりリモートユーザーの情報漏洩やセキュリティを最高レベルで保護します。

まとめ

システム中心からサービス中心のIT モデルが急速な成長を遂げるなか、それらを支えるクラウドに適したネットワークが必要です。クラウドサービスに必要な柔軟性、拡張性、簡易性などの特性および機能を備えたクラウドネットワークが真のクラウドコンピューティングを支えます。

 

■関連ホワイトペーパー
セキュアかつ高速なクラウドネットワークを実現する