クラウドに無限のスケールと柔軟性を実現する

クラウドコンピューティング時代に最適なオンデマンドな運用管理とハイブリッドクラウドの実現に必要なものは?

現状

戦略的なIT 導入が、いつのまにか重荷になってしまった2000 年台初頭。企業はIT コストを削減するためにサーバー統合、プライベートクラウド、そしてパブリッククラウドの利用を模索しています。
グローバルレベルで激化する競争
グローバルレベルで激化する競争を勝ち抜くためには、迅速かつ戦略的なIT でなくてはいけません。システム導入の俊敏性が重要性を増しつつあります。
ユーザー主導のIT 利用への転換
オーダーメイドの高価なIT システムの所有からセルフサービスによるオンデマンドで利用するIT システムへと転換しています。

 

課題

膨れ上がるITコスト

サイロ化されたシステムの維持
業務レベルで個別最適化されたサイロ状のシステムではコストがかかりすぎる。
サーバー統合のみの対応
サーバー統合を実現しコスト削減は出来たが、本質的なクラウド利用のコスト削減には至っていない。

 

柔軟かつ俊敏な真のクラウドの実現

クラウドを運営管理するソフトウェアがない
Amazon ライクなクラウドが理想だと思うが最適な構成がわからない。
オンデマンドなサービス提供が出来ない
プライベートクラウドを導入したものの、リソース調達やアクセス管理、課金などは人的リソースを必要とするため俊敏性、柔軟性に欠ける。

 

プライベートクラウドとパブリッククラウド

クラウド間の連携ができない
自社プライベートクラウドから一時的に安価なパブリッククラウドのリソースを利用したいが出来ない。
パブリッククラウドへの接続が不安
パブリッククラウドの利用において信頼性やセキュリティに不安がある。

無限のスケールと柔軟性を実現するクラウドコンバージェンスが解決

クラウドコンバージェンスソリューションにより、仮想化されたプライベートクラウド環境を自動化された弾力性のあるセルフサービスクラウドへと変えることが可能になります。

また、企業はデータセンターに配置されたプライベートクラウドを拡張するために、ネットワークをシームレスに拡張し、パブリッククラウドへの接続を最高のセキュリティ、パフォーマンス、および信頼性で実現することが可能になります。これにより真のクラウドコンピューティングの利点を企業にもたらします。

byod

●セルフサービス可能なクラウド環境の提供

  • 必要なリソースをグラフィカルなポータルを通じてオンデマンドで提供
  • Amazon Web Services ライクなクラウドの構築・運用を実現

●クラウド運営に必要な要素を網羅

  • リソースの調達、アクセス管理、請求処理、各種監視、顧客向けサービスなどを簡素化、自動化
  • リソース利用に応じたクラウドネットワークの最適化

●無限の拡張性

  • プライベートクラウドとパブリッククラウドの容易な相互接続
  • オンデマンドで実現するリソースのシームレスな拡張

●ITとビジネスの融合

  • 新規システム導入の際にサーバー調達やキャパシティプランなどが不要
  • 繁忙期のみCPU リソースの追加など柔軟な構成を瞬時に対応可能

●ファシリティおよび運用コストの削減

  • クラウド環境全体を最適化するため余剰リソースへの投資を回避可能
  • クラウド運営に必要な作業を自動化

●オープンアーキテクチャー

  • Apache Software Foundation(ASF)との連携
  • あらゆるプラットフォーム、あらゆるハイパーバイザーをサポート

 

解決後のイメージ

byod

 

想定利用例

IaaSサービス運用
(データセンター事業)
運用管理業務
(システムインテグレーター)
ショッピングサイト運営
(インターネットサービス業)
新規事業立ち上げ
(業種全般)
セルフサービスポータル、リソースの最適化、アクセス管理、請求処理、各種監視、顧客向けサービスなど運営に必要な機能を実現します。 顧客のプライベートクラウド運用において、リソース使用料に応じた課金の仕組みや要求に応じた迅速な拡張などの対応を実現します。 クリスマス商戦などのピークにあわせて、パブリッククラウドなどの外部リソースを柔軟に利用することが可能になります。 新規システムの導入時にセルフサービスによりオンデマンドでシステムを利用することが可能になるため迅速なシステム導入が可能になります。

まとめ

多くの企業はハイブリッドクラウドに方向転換しつつあります。次世代のクラウドコンピューティングモデルでコストを削減し、価値を最大化、革新的な方法でオンデマンドなI T サービスを提供するためのプラットフォームとネットワーキング、それがクラウドコンバージェンスソリューションです。

 

■関連ホワイトペーパー
クラウドに無限のスケールと柔軟性を実現する