アプリケーション仮想化概要

アプリケーションの仮想化が必要になった背景

1980年代、企業の情報システムでは、電算機室に設置したメインフレームでデータを一元管理し、すべてのオンラインやバッチ処理ソフトウェアを実行していました。ソフトウェアを操作するためには、メインフレームが表示する文字列を受け取って表示するだけの機能を持った端末(ダム端末とも呼ばれます)を利用して、キーボードだけで操作をする必要がありました。

1990年代に入り、PCやネットワークの普及にともない、WindowsやUNIXなどのオープンシステムが台頭してきました。コストダウンやオープンシステム系ソフトウェアのリッチなGUI(グラフィカル・ユーザーインターフェース)による利用者の生産性向上への期待がオープンシステムの急速な普及を後押ししました。

ところが、1990年台の後半になるとオープンシステムのさまざまな問題が露見しはじめました。その一つがシステム管理です。メインフレームの一局集中型に対し、オープンシステムではサーバーコンピュータとクライアントPCそれぞれにソフトウェアやデータを配備して分散型で処理を行う「クライアント/サーバーコンピューティング」が一般的です。また、Webアプリケーションでも、クライアント側には「Webブラウザ」と呼ばれるソフトウェアが必要です。たとえば、クライアント側のソフトウェアを更新する必要があった場合、何百台、何千台とあるクライアントPCすべてに新しいソフトウェアを配布し、正しくインストールしなければなりません。 その他にも、クライアントPCに様々なソフトウェアをインストールした結果、PCのスピードが遅くなって生産性が低下したり、クライアントPCにコピーしたデータが漏えいしたりと、企業情報システムとしては非常に深刻な悩みを生み出したのです。

これらのオープンシステムの課題を一気に解決するのが「アプリケーション仮想化」です。

アプリケーションの仮想化

図1:アプリケーションの仮想化