3Dプロフェッショナルグラフィクスの仮想化

3DCAD、スタイリング、デザイン、医療ソフトウェア領域を仮想化し迅速な対応と知的財産の保護を両立

3Dプロフェッショナルグラフィクスアプリケーションは仮想化されていますか?
たとえば、製造業を例にとると経済のグローバル化が急速に進む中、企業は、設計を海外の事業所や関連会社と連携しながら共同で設計する機会が増えています。また、同時に市場投入前の設計情報を含めた知的財産の漏洩の懸念を抱えています。シトリックスは、従来技術的にもコスト的にも制約があった3D グラフィクスアプリケーションを先進の仮想化技術で、知的財産のセキュリティを維持しつつ、企業の設計ライフサイクルを加速させます。

現状

設計業務におけるリモート環境との協調作業

graphic_1競争優位性を確保するために企業は自社製品の市場投入期間の短縮やグローバルな人材活用を実践する必要があります。そのために開発部門の設計業務において、分散された開発部門が設計データにリアルタイムにアクセスできる環境が求められます。

モバイルデバイスを活用した設計モデルの表示やプレゼン

graphic_2開発現場では、非生産的かつセキュリティが確保されていないやり方で関連企業での設計データの表示や編集、社内での上層部へのプレゼンを行なっています。開発者は持ち運びが用意なモバイルデバイスから設計データへのアクセスを望んでいます。

製品設計の知的財産の保護

graphic_3企業の設計業務に携わる人材は、場所や国籍のみならず、正社員、契約社員、ビジネスパートナー、人材派遣会社の派遣社員と多岐にわたります。これらの人材同士で情報を共有する必要性から、企業では知的財産保護の強化が求められています。

課題

専用ワークステーションによる硬直化した設計環境

graphic_4多くの設計者は、専用のワークステーションとともに業務用システムや情報系システムへアクセスするためにPC などの複数の端末を併用しているケースが多く、業務効率に課題を抱えています。

3Dグラフィクスアプリケーションのモバイル対応

graphic_5高解像度を扱う3D グラフィクスアプリケーションに対して「ネイティブライク」なモバイルエクスペリエンスを迅速に配信するソリューションを必要としています。

狭帯域ネットワークでのスムーズな動作

graphic_6高解像度グラフィクスアプリケーションを仮想化するためには、狭帯域幅、高レイテンシネットワーク上でローカル利用と同等の快適なユーザー体験を提供することが求められます。

3D グラフィックスの表示のためのGPU処理

graphic_73D グラフィックスの表示に必要な計算処理を行う半導体チップGPU を活用しているグラフィクスアプリケーションを仮想環境でも利用させる仕組みが必要です。

知的財産の漏洩の危険性

graphic_8設計部門や作業場所の分散により、情報漏洩の危険性は益々高まっています。アプリケーションおよび設計データのセキュリティ、データ保護、コンプライアンス管理に集中する必要があります。

ヘルプデスク業務の簡素化

graphic_9デバイスや場所を問わず一貫したインターフェースでユーザーの使い勝手をシンプルにするだけでなく、ユーザによるセルフサービス型のアプリケーション利用を可能にする必要があります。