リアルタイム経営を支えるITインフラとしての「Citrix XenDesktop」

競争激化社会におけるリアルタイム経営の必要性

昨今の競争激化社会の中で企業は生き残りをかけ、競合各社に対し競争優位を保つためにあらゆる努力をしています。

企業は、多様化する市場の素早い動きを察知し、その情報をもとに状況を多面的に分析し、意思決定を行い、時には柔軟に業務や戦略を修正し、その戦略を末端の社員にいたるまで浸透させ、実際に企業活動を行います。このサイクルを高めることが最も重要であり、企業の俊敏性を維持・継続してこそ企業の次代にわたる繁栄を約束する唯一の手段であると言われています。つまり、リアルタイム経営の実現が注目を浴びているのです。

リアルタイム経営のためのITの利用形態
 図1:リアルタイム経営のためのITの利用形態

たとえば、製造業における例では、市場ですでに生産済み製品があふれ過剰な在庫状態になり販売が低下しているにもかかわらず、それらの状況を知らずに生産を重ねることは大変危険です。リアルタイム経営がなされていない結果、さらなる過剰在庫となり、その結果、価格低下などをまねき、利益減少により新しい市場トレンドにあわせた製品投入ができなくなるのです。

小売業界における例では、客足の変化や売れ筋・死に筋商品の変化をとらえることができないために、不採算製品をいつまでも取り扱ったり、あるいは、不採算店舗が存在するにもかかわらず、その店舗の人員配置や整理縮小などを行うことなく無駄な人件費や投資を繰り返すことにより利益確保が難しくなります。

今、リアルタイム経営の実現が注目されている理由は、市場の変化スピードの従来以上の加速だけではありません。多様化する顧客ニーズの中で、経済や市場の動向が過去の経験からでは予測できない環境におかれているからです。

リアルタイム経営を支えるIT

これらのリアルタイム経営を支えるためには、刻々と変化する市場の状況(たとえば、売り上げ状況や、在庫状況、客足の状況など)を日々収集し、必要な集計が行われていることが重要です。さらには、その集計された情報が一貫性をたもち、過去の情報との変化がわかりやすい表現がなされている必要があります。また、集計された情報には、それを裏付ける様々な情報に到達できなければなりません(たとえば、売り上げ状況に加えて、原価や利益などや、在庫状況に加えて、入出庫の推移や、受注残など)。経営者の立場からはこれらの情報が直感的ですぐに理解できるような表現がなされている必要があります。

同時に現場部門では、それらの情報をスムーズに伝達できる仕組みが確立され、経営判断に基づき素早く戦略や業務に反映される必要があります。たとえば、店舗の状況が素早く経理部門や生産部門に伝達といった情報伝達や連携のプロセスが重要です。これらのリアルタイム経営をITの立場から確立するために、多くの企業では統合された業務システムとしてERPパッケージやSCM(Supply Chain Management)の導入がなされたり、情報伝達の仕組みを支えるコミュニケーションシステムや、データの可視化のためのBAM(Business Activity Monitoring)やBI(Business Intelligence)の導入がすすめられてきました。

データの可視化では現場からのデータ収集のためにEAI(Enterprise Application Integration)の仕組みが使われたり、それらのデータを分かりやすく表現するための経営ダッシュボードも利用されています。BIでは大量のトランザクションデータを素早く分析するための大規模データウェアハウスの構築なども行われています。さらには、それら可視化された情報をもとに下された経営判断に素早く対応するために、業務プロセスをSOA(Service Oriented Architecture)によって構築する取り組みなども代表的な例です。これら、ERP、CRM、BAM、BI、SOAなどアプリケーション側の仕組みとしてリアルタイム経営を支える考え方に多くの投資がなされてきました。


ITインフラからリアルタイム経営を支えるデスクトップ仮想化ソリューション

リアルタイム経営を支えるには、これらのアプリケーションに加えて、企業全体にわたるITインフラ自身が変化に柔軟で、新しいワークスタイルに対応していなければなりません。たとえば、すべての従業員が必要な情報に素早くアクセスできる環境は、アプリケーションの問題だけではありません、デスクトップ環境が重要です。職場からだけではなく、自宅や外出先からでも企業の重要な情報にいつでも同じようにアクセスすることができ、情報の収集や分析、業務の指示などを行うようにする必要があります。

こういったデスクトップ環境を実現しようとする例としてWebアプリケーションの実現がありますが、Webアプリケーションだけでは確実とはいえません。たとえば、Webメールシステム(Webブラウザの中だけのメール操作)は決して操作性の高い環境ではありません、またWebアプリケーション以外にも企業には重要なビジネスアプリケーションが多く存在します。Webアプリケーションの実現だけではなく、それらを含むすべてのデスクトップ環境が、どこにいても手にはいることが重要なのです。リアルタイム経営を実現するすべてのアプリケーションに、どこからでも同じようにアクセスできるようなデスクトップ環境が必要なのです。

XenDesktopはそういった環境をデスクトップ仮想化ソリューションという形で提供するのです。職場や自宅だけではなく世界中のあらゆる場所から、自分自身のデスクトップをすぐに実現することができ、素早い情報収集・分析・判断・コミュニケーションを行うことができるのです。さらには、経営判断や新しい戦略などに基づいて必要な業務のインフラをすぐに展開できなければなりません。新しいアプリケーションをすぐに数百台のクライアントPCに配布し、業務をスタートしなければならないこともあるでしょう。そういった場合に、アプリケーションを配布する時間は大きなロスになります。

デスクトップ仮想化環境では、アプリケーションは集中管理されています。集中管理されたXenDesktopにアプリケーションを配置することで、すぐさまにアプリケーションを必要とする従業員に提供することができ、リアルタイムに経営判断に基づいた業務の展開を支えます。リアルタイム経営では、生産量の調整や、販売計画の変更にとどまらず、事業自体を大きく拡大したり、縮小・撤退させるような判断も実現しなければなりません。しかし、経営判断に基づいて組織構成が大きく変わったとしても、その組織構成にあわせてクライアントPCを配置し直したり、あるいは、人員削減や業務縮小・撤退によってクライアントPCが不要になり余ってしまうケースも見受けられます。つまり、リアルタイム経営にクライアントPCの存在そのものが追いついていかないのです。そういったケースでもXenDesktopによるデスクトップ仮想化ソリューションでは、自由にクライアント数量を増減させ組織構造にあわせることができるばかりでなく、不要になった過剰なクライアントPCのリソースやアプリケーションのライセンスなどを放置することなく、組織構造にあわせて変化させることができるのです。

リアルタイム経営と新しいワークスタイルに最適なXenDesktop

リアルタイム経営を支えるのは、素早い情報の可視化と経営判断です。その可視化と経営判断を支えるアプリケーションとともに、そのアプリケーションにいつでもアクセスできるデスクトップ環境、経営判断に基づいて柔軟に配置できるデスクトップ環境が必要不可欠です。

シトリックスのXenDesktopによるデスクトップ仮想化ソリューションは、どこからでもリアルタイム経営が実現でき、リアルタイム経営に基づいた柔軟なITインフラを実現し、集中管理と最適化がなされています。デスクトップ仮想化ソリューションXenDesktopがリアルタイム経営を支える新しいワークスタイルを実現するきわめて重要な環境なのです。