設計資産の保護と開発効率の向上を両立

グローバル時代に求められる新たなものづくりプラットフォームに必要なものとは?

manufacturing-sol-title製造業の海外進出が活発化するなかで、企業の知的財産をいかに保護するかが、重要な課題の1つとなっている。海外で製品開発を行うために、機密データを現地の従業員と共有せざるを得ない。しかし、東芝のNAND型フラッシュメモリーの技術情報が内部の技術者によって漏えいした事件をはじめ、企業のコアな知的財産が不正に持ち出される事件も多発しており、よりセキュアに海外連携を実現するソリューションが求められているのが現状だ。
また、製造業ではFAE(フィールド・アプリケーション・エンジニア)などが客先でデータ修正を行ったり、協力会社とのコラボレーションを行ったりする機会も多いだろう。また設備保全業務の効率化も、製造業が抱える大きな課題の1つである。製造業が知的財産を保護しながら、生産性向上を高めていくためには、どのような仕組みが必要なのだろうか。

これらの課題に対して、シトリックスが提供するデスクトップ仮想化ソリューション「XenDesktop」とアプリケーション仮想化ソリューション「XenApp」を軸にした解決方法を紹介する。

下記ボタンをクリックしてダウンロードしてください