3D CAD を仮想デスクトップでも!

Cisco UCS で実現する 3D CAD 仮想デスクトップ ソリューション

※本記事は、シスコシステムズ合同会社が運営するCisco Japan Blogからの転載記事です。

minakohiguchiはじめまして、樋口と申します。私は、シスコでデータセンター ソリューションを担当しております。データセンターや仮想化関連の小ネタやイベント レポートなどをブログで紹介していければと考えております。よろしくお願いします。

Cisco UCS で実現する 3D CAD 仮想デスクトップ ソリューション

今回は、2013年 7月に開催された Citrix 様主催の「シトリックスキャラバン」および NVIDIA 様主催の「GTC Japan 2013」で実施した仮想デスクトップのデモの内容をご紹介したいと思います。

この2つのイベントでは、Citrix 様、NVIDIA様のご協力を得まして、『NVIDIA 様の GPU を搭載したシスコのラックマウント サーバ UCS C240 M3 に Citrix 様の XenServer および XenDesktop を導入し、仮想デスクトップ上で 3D CAD アプリケーションを使用するデモ』を実施しました。無理やり一息で言ってみましたが、これだけだと分かりにくいかと思いますので、まずは仮想デスクトップと GPU にまつわるお話をさせていただきます。

cisco-citrix

仮想デスクトップ化が難しいユーザ環境

ユーザが使用するデスクトップ OS をサーバ上で仮想マシンとして稼働・集約する「仮想デスクトップ」や「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)」。ネットワークに繋がっていれば「どこから」でも「どの端末」からでも自分のデスクトップにアクセスして仕事をすることができる、新しいワークスタイルだ!というのがうたい文句になっています。しかし、様々な制約から全てのユーザのデスクトップ環境を仮想デスクトップ化することが難しい場合があります。

例えば、特別な仕様を必要とするアプリケーションを利用しているユーザです。その一つとして、CPU 負荷の高いグラフィックを扱うユーザのデスクトップ環境があります。職業でいうと、デザイナー、あるいは 3D CAD を使用するような設計者が該当します。このようなユーザのデスクトップには、GPU(Graphics Processing Unit)と呼ばれるグラフィック処理専門のプロセッサが搭載されています。そのため、GPU を必要とするアプリケーションを使用する場合、GPU が使用できない仮想デスクトップへ移行する事は困難でした。

しかし、「仮想デスクトップ」は、どこからでもどの端末からでもアクセスできるという利便性だけでなく、「データをユーザのローカル デスクトップに保存させない」「データをデータセンターに集約したい」といったセキュリティ面での利点があります。これは、グラフィックを扱うユーザにも言えることですし、機密の設計データということにもなれば、仮想デスクトップでもグラフィック処理が可能になることには大きな需要があります。

次ページ>>仮想環境のためのGPU登場