デスクトップ仮想化はVDIだけではない

一般的に「デスクトップ仮想化=VDI(Virtual Desktop Infrastructure)」という認識が定着しているが、実はこれは正確ではない。デスクトップ仮想化には、いくつかの配備方式が存在するのである。そして、デスクトップ仮想化の初期コストを最適化するために有効なのが、従業員(ユーザー)のタイプに合わせてそれぞれの配備方式を適用することだ。デスクトップ仮想化の導入時に初期コストが増加してしまう原因のほとんどは、すべてのユーザーにVDIで配備しようとするために生じてしまうということを覚えておいてほしい。

 

主要な、仮想デスクトップ配備方式には、サーバー共有デスクトップ、VDI、リモートPC、ネットブート、クライアントハイパーバイザー、オンデマンドアプリケーション配信がある。

 

 

簡単に説明すると、VDIでは、よく知られるユーザーごとにサーバーのハイパーバイザー上で稼働する個別のクライアント環境(OS+アプリケーション)が丸ごと提供される。物理PCと変わらない自由度がユーザーに提供される一方、コストは高くなる。対してサーバー共有デスクトップでは、サーバー上のOSは複数のユーザーで共有しながらアプリケーションやデスクトップ画面がユーザーごとに配信される。VDIと比べユーザーの自由度は低くなるものの、高い集約率とROIをもたらし、シンプルな構成が可能だ。リモートPCは、社内にあるPCへ外部から接続する方式であり、デスクトップ仮想化の導入が業務や働き方へ与える効果を実際に検証したいといったニーズや、素早く迅速に配備したいといったニーズに対応する。ネットブートは、サーバーで一元管理されたデータや設定情報に基づいてOSやアプリケーションをサーバーからクライアント起動時にダウンロードして実行するもの。クライアントハイパーバイザーは、クライアントPC上にハイパーバイザーを配備し複数の仮想デスクトップを構成できる。サーバーサイドの仮想デスクトップでは、ネットワークへの常時接続が前提となるが、オフラインでの仮想デスクトップ利用や物理PCへのイメージ配信といったニーズへ対応する。仮想マシンイメージをサーバー側で管理することで、セキュリティとポータビリティを両立しやすい。そしてオンデマンドアプリケーション配信は、サーバー上で稼働するさまざまなアプリケーションをクライアントに配信して使うことができる。ユーザーの自由度は低いがコストパフォーマンスが非常に高い。

サーバーサイドでのデスクトップ仮想化は、VDIとサーバー共有デスクトップがある。さらにVDIにはVDI専用とVDIプールと呼ばれる配備方式ある。では各方式を詳しく見ていこう。