Amazonライクなクラウド構築・運用管理を実現するCitrix CloudPlatform powered by Apache CloudStackとは?

クラウド環境の構築・運営の最適解

クラウドコンピューティング時代の到来

昨今、企業の経営にITの活用が欠かせないものとなっているのはいうまでもありません。しかし、その一方でこれまで必要に応じて導入してきたサイロ化された分断システムが増え続け、システムの維持・運用コストが膨大な現状があります。これらは経営を圧迫する事態にもなっており、企業にとってITの効率化が大きな課題となっています。

その課題解決に向けてさまざまな技術が登場してきました。

クラウドコンピューティングが機運を高める数年前から、企業はサーバ集約のための技術である仮想化に着目しました。

仮想化は、高機能、高パフォーマンス化するサーバやストレージなどのリソースを効率よく活用するための基盤技術であり、多くの企業では、仮想化技術によるサーバ集約を推進することによりサーバ台数などを減らすことが可能になります。これにより、初期コストや管理コストなどを削減することが可能になりました。

仮想化の登場により、企業は用途ごとにサーバーを用意するのではなく、自社データセンター内にサーバーリソースをプールすることで必要な時に利用するような形態が生まれてきたのです。このようなコンピューティングモデルをプライベートクラウドといいます。このプライベートクラウドは、企業にとって合理化やコスト削減へと寄与しています。

クラウドコンピューティングは、その用途に応じてパブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドがあります。

これらは、仮想化技術とネットワーク、そしてデータセンターを活用したオンデマンドでのシステムリソースやサービスの供給モデルです。

個別最適化されたシステムを構築する従来の方法では、将来を見越してのキャパシティプランニング、サーバの購入、それらの運用メンテナンスと本業とはかけ離れた作業自体を強いられるコンピューティングモデルだったのです。

そして、さらに高いコスト削減効果を目指す企業は、プライベートクラウドの構築からパブリッククラウドの利用を模索することになったのです。クラウドコンピューティングのメリットは、コストだけにとどまりません。経済のグローバル化や事業/雇用形態の多様化、災害/パンデミック対策における事業継続計画などの対応から、いつでも、どこからでも安全・快適に利用できるITインフラのニーズが高まっており、それらの解決策の一つとして注目を浴びているのです。

クラウド

Amazon Web Services、Google Appsなどに代表されるパブリッククラウドは、サービス事業者との契約により、いつでも、どこでもコンピューティングリソースを利用可能であるだけでなく、利用した分だけの課金が可能であるため、サーバーの導入などを一切必要としない、真に所有から利用へと移り変われる特徴があります。

パブリッククラウドのサービスが広く認知され、その実用性が評価されたことにより、企業は、セキュリティを確保しつつ、同様の柔軟性、利便性を提供するためのパブリッククラウドの導入をいち早く導入しようという機運が生まれたのは言うまでもありません。

また、企業においてパブリッククラウドの導入が加速するにつれ、既存のプライベートクラウドとの連携が重要性を増してきます。自社のプライベートクラウドとパブリッククラウドを連携するハイブリッドクラウドができれば、ITインフラのあり方を大きく変えることができます。例えば、CPUリソースを一時的に増やす必要性がある場合には、プライベートクラウド内のリソースを増強するのではなく、必要なリソースをパブリッククラウドに求めることで、コストを最小化でき、より迅速な対応を可能にするのです。

クラウド

 

クラウドコンピューティング提供者側の課題

このようにクラウドコンピューティングが、新たなコンピューティング環境になることは紛れもない事実なのです。利用者にとってクラウドコンピューティングは、かつてない利便性の高いものであることは言うまでもありません。

しかし、その一方でクラウド事業を提供する企業や自社のプライベートクラウドを構築するIT部門にとって、その構築方法や管理、運用に関しては、今までと異なる手法が必要であることを理解する必要があるのです。

例えば、管理面においては、柔軟にCPUやネットワーク、ストレージなどを再配置するような機能が求められます。ユーザーが、ストレージ容量をセルフサービスで追加する場合もあるでしょう。また、クリスマス商戦の繁忙期にCPUリソースをセルフサービスで追加する可能性もあるのです。さらにはパブリッククラウドなどを提供する事業者は、CPUリソースなどの利用状況毎に正確に課金するような機能も求められるでしょう。
当然のことながら、それぞれの仮想化ソフトウェアなどを統合的に管理する機能も求められてきます。プライベートクラウドでは、XenServerを利用していても、パブリッククラウドが他社の仮想化技術で構築されている場合もありうるということになります。この場合、クラウド間の仮想マシンの移動がそのままではうまくいかないという大きな課題がでてくるのです。

このようにクラウド環境を提供するために最適な構築、運用管理のプラットフォームが求められているのです。

 

代表的なクラウド環境を構築・運用管理ソフトウェア

現在、多くの企業よりクラウド環境の構築や運用管理を支える製品群が提供されています。
シトリックス社では、実績がある使いやすいCloudPlatform がその役目を担います。
ご存じの通り、仮想サーバやストレージ領域を提供するクラウドサービスは、IaaS(Infrastructure as a Service)に分類されます。このCloudPlatform により、企業はIaaS分野におけるパブリッククラウド、プライベートクラウドを問わず、クラウド環境の構築・運用、既存クラウドサービスとの接続、サービスの安全な配信などを行うことが可能になります。Citrix CloudPlatformはApache Software Foundationにより開発されいてるApache CloudStackの商用ディストリビューションです。

ここでは、CloudStack のみならず代表的な製品群のご紹介をいたします。

■ Eucalyptus
http://www.eucalyptus.com/

背景:カリフォルニア大学サンタバーバラ校で学内クラウド環境用で開発されました。2009 年にソリューションの拡大を目的に投資を受け、米 Eucalyptus Systemsをベンチャーとして設立しました。
ライセンス:GPLv3(Community Edition)
有償版の有無:有
ディストリビューション:Community Edition、Enterprise Edition

■ OpenStack
http://www.openstack.org/

背景:NASA とRackspaceが主体となって設立、仮想サーバインフラ(OpenStack Compute)は NASA がコード提供、分散オブジェクトストレージ(OpenStack Storage)はRackspaceがコード提供しています。
ライセンス:Apache License 2.0
有償版の有無:無
ディストリビューション:Community Editionのみ

Citrix CloudPlatform概要

クラウドコンピューティングが台頭する中、前述した製品やサービスが多岐に渡ってきています。そのもっとも代表的な製品として、シトリックスが提供するクラウドプラットフォーム「Citrix CloudPlatform」が挙げられます。
シトリックス社が提供するCloudPlatformを導入することにより、企業はクラウド環境の構築・運用、既存クラウドサービスとの接続、サービスの安全な配信などを行うことが可能になります。

また、CloudPlatformは、マルチハイパーバイザーに対応しており、XenServerだけでなくKVMやvSphere、Oracle VMといったさまざまな仮想化技術をサポートしています。これにより、異なる仮想化技術で構築されたクラウド間の相互利用をも可能にするのです。

CloudPlatformは、元々は米Cloud.comがGPLライセンスで開発していたクラウド基盤ソフトウェアで、完成度が高く利用実績も多いほか、操作性の高い優れたGUIを備えている特徴があります。

さらにロードバランサやファイアウォール等の機能も標準で搭載しており、規模拡張性を備えた内部アーキテクチャーを有しています。このような特徴を持つCloudPlatoformを利用することにより、Amazon EC2のような機能を備えたクラウド基盤を社内などのプライベートクラウドとして、もしくはデータセンター事業者などで提供するパブリッククラウドとして構築することができるのです。

2012年4月に出荷開始された最新版「CloudStack 3」は、シトリックスによる買収後、初となるメジャーアップデート版です。元来高く評価されていたユーザーインターフェイスをさらに改良し、使い勝手を改善しているほか、OpenStackのオブジェクトストレージサービス「Swift」サポートも加えるなど、クラウド管理における機能強化がなされています。

このほか、「Citrix XenServer 6」向けの最適化や、負荷分散、アプリケーション高速化、セキュリティなどの機能を提供するアプライアンス「Citrix NetScaler」などのシトリックス製品との統合なども大きな特徴であり、クラウド提供者向けの設計が施されています。その効果は、利用者にとって利便性の向上や高速化、そしてAPI提供による自社およびパブリッククラウドの相互接続性や連携の強化というメリットとなっているのです。

また、CloudPlatformは、シトリックスによる買収以前から多くの企業で採用されている利点があります。Datapipe、Edmunds.com、Nokia Research、Zyngaをはじめとする、あらゆる業界の企業で利用されており、全世界85以上の著名なパブリッククラウドですでに実稼働しているのです。日本では日本最大級のデータセンター事業者であるIDCフロンティアがセルフポータル型のクラウドサービスの提供のために国内で最初に CloudPlatformの採用を発表しました。さらに北海道大学では北海道大学情報基盤センターで運用される全国の大学、研究機関の活動を支援する「北海道大学アカデミッククラウド」に、CloudPlatformを採用しています。

このようにCloudPlatformは最初の発表からわずかな期間で、高度な拡張性を備えたIaaS基盤の構築、管理、提供を実現する商用オープンソースプラットフォームとしての地位を確立しており、企業のビジネス規模の大小を問わず、Amazonスタイルのクラウド環境を実現するのです。

クラウド

 

CloudPlatformを選ぶ理由

・クラウドに最適化された仮想プラットフォーム:

CloudPlatformはハイパーバイザーを選ばないという伝統を受け継ぎ、KVM、OVM、vSphere、Xenやクラウドに最適化されたバージョンのCitrix XenServer 6に対応したクラウドプラットフォームをコア機能として対応しています。Amazon、Rackspace、GoGrid、Softlayerと言ったパブリッククラウド事業者がXenServerまたはXenを利用しており、他に例のない水準の拡張性や管理性、セキュリティ、マルチテナント性および仮想スイッチを備えています。

・Network as a Serviceの組み込み:

クラウドでの先進的なエンタープライズソリューションの提供を目指すプロバイダーにとって、NaaS(Network as a Service)が主な差別要因となっています。CloudPlatformはCitrix NetScalerとの緊密な統合を実現しているだけでなく、Juniper SRXやCitrix CloudBridgeやといった製品とのネットワークレベルでの統合を可能にしています。これによってクラウド内での柔軟なネットワーク環境の提供が可能になるためパブリックおよびプライベートクラウド間のセキュリティ、パフォーマンス、接続性を改善することが可能になります。

・極めてシンプルなユーザーインターフェイス:

シトリックスは、一般消費者向け製品のようなシンプルでわかりやすいユーザー体験を長年提供してきました。CloudPlatformにもシンプルなユーザー体験の提供が反映されています。これにより、経験の浅いクラウド管理者であっても迅速にクラウドを構築することが可能になります。また、ユーザーによるセルフサービスの管理が自動化されるため、新しいITサービスもわずか数分のうちに提供できるようになるのです。

・OpenStack Swiftのサポート:

CloudPlatformは、ペタバイトクラスのデータを保存し、冗長性かつ拡張性に富んだオブジェクトストレージを利用するためのOpenStackのオブジェクトストレージ技術であるSwiftを新たにサポートしました。

 

オープンソース戦略によってさらに発展する「CloudPlatform」

シトリックスは、プロプライエタリな製品の開発だけではなく、オープン戦略をとっているという特徴があります。2012年4月に、シトリックスはApache Software Foundationのプラチナスポンサーとなり、CloudStackとXenのオープンソースソフトウェアプロジェクトを主導する開発ベンダーとしてApacheコミュニティに投資しています。

オープンソースのクラウドコンピューティングユーザーコミュニティであるCloudStack.orgでは、シトリックスによるCloud.comを買収以来、ユーザーは15倍に拡大し、世界中の25,000社を超えるクラウド関連企業が参加する大規模なコミュニティに発展してきました。オープンソースのCloudStack製品のダウンロード数は過去1年間で3倍に増えています。

シトリックスは今後もプロジェクトに対する貢献も引き続き行っていくことを表明しており、オープン戦略のもと今後もさらなる発展を果たそうとしています。その一環として2012年4月にCloudStackの開発が、Apache Software Foundationに移行することとなり、Apache Software Foundationのルールのもとで、CloudStackは開発が続けられることになりました。このことはCloudStackプロジェクトがより発展する形で開発が継続されることを意味するのです。

 

まとめ

コンピューティングモデルが新たなクラウドモデルへと着実に進化しています。これらのクラウドメリットを真に実現するためには、それを支える進化し続けるソフトウェアが必要不可欠です。真のクラウド環境を提供するプラットフォームとしてCloudStackが、今、求められているのです。