Citrix XenServer

クラウド、ネットワーク、デスクトップ仮想化に最適なオープンソースベースの仮想化プラットフォーム

クラウド、ネットワークおよびデスクトップ仮想化に最適化された仮想化プラットフォームを実現

Citrix® XenServer® は、クラウド、ネットワーク仮想化、およびデスクトップ仮想化等のために最適化された商用のサーバー仮想化ソフトウェアです。オープンソースのXenServer やXen ハイパーバイザーをベースに開発されています。

x86 サーバー環境に対してWindows やLinux の仮想マシンを構築し、あらゆるリソースの一元的管理・運用を、容易かつスピーディに行うことができます。豊富な管理セットと自動化機能、高可用性機能によりデータセンターに押し寄せる高いワークロードを仮想化し、複雑な管理プロセスを自動化します。これにより企業システムの柔軟性と迅速性、コスト効率を高めます。また、規模を問わず10分でインストール可能なXenServer は、単一で手頃なライセンスモデルにより容易な導入を実現します。

企業やサービスプロバイダーがクラウドを構築する中で、Xen / XenServer は、数多くのクラウドの仮想基盤に提供されており、事実上業界標準となりつつあります。
オープンソースXenServer はxenserver.org よりダウンロード可能です。

XenServer 概要

gaiyo

XenCenterによる容易な管理

統合管理コンソールであるCitrix XenCenter® が提供されます。直感的で扱いやすいインターフェイスにより複数のXenServer 上の仮想マシンの管理を簡素化します。また、ユーザーのロールベース管理が可能なためセキュリティの強化に最適です。

また、OVF(Open Virtualization Format) 形式、VMDK(VMware の仮想ディスク)形式、VHD 等からXenServer のディスク形式に変換可能です。
XenCenter

XenMotionとStorage XenMotion

計画的なサーバーのシャットダウン時には、XenMotion® により稼働状態のまま仮想マシンを移動・再配置することができます。また、Storage XenMotionを使えば、IT 部門は仮想マシンを稼働状態のまま、他のストレージに移動させることができます。

これにより、ストレージの保守(ディスクの追加など)を、サービス停止することなく行うことができます。さらに、XenServer HA により、ハードウエア障害が発生しても別のXenServer で仮想マシンを再起動し、最小限のダウンタイムでサービスを引き継ぐことができます。
Motion

豊富な機能と基本性能

XenServer は、デスクトップ仮想化環境で、ローカルストレージにキャッシュデータを持たせる事で、共有ストレージアクセスを最小化する機能IntelliCache™や仮想マシンから物理サーバーのGPU に直接アクセス可能なGPU パススルーを提供することで最高性能を発揮します。

また、より大規模なプライベートクラウドや、パブリッククラウド向けの管理製品、CloudStack やOpenStack との相性も非常に高く、多くのユーザーが既にXenServer とOpenStack やCloudStack との組み合わせでクラウドを構築しています。
IntelliCache