次の仮想化はWAN回線!? WAN仮想化ソリューション

InteropTokyo_VWAN_title多くの企業は、アプリケーションをデータセンターに集約しており、データセンターと拠点間での通信回線は、MPLSといった高価でセキュアな回線を利用されています。一方で、Web会議やトレーニング用の動画の再生、クラウドアプリケーションをWAN経由で利用することで、回線帯域が逼迫することもありますが、通信費が安いインターネット回線の利用にはセキュリティに不安があります。

CloudBridgeのWAN仮想化は、複数の WAN回線を1つの論理回線として利用できるためソリューションです。複数のインターネット回線を束ねて1つの論理回線として利用できるので、WAN回線の帯域を有効活用できます。

このスライドは、Citrix CloudBridgeのWAN仮想化ソリューションについてご紹介します。

目次:

  • なぜWAN仮想化なのか?
  • CloudBridge WAN仮想化とは?
  • CloudBridge WAN仮想化の通信フロー
  • WAN仮想化の定義

関連情報

下記ボタンをクリックしてダウンロードしてください