XenDesktop/XenAppで始めるデスクトップ仮想化入門(第2回)

第2回 XenServerのインストールとゲストOSの準備、Active Directoryの構築手順

前回はデスクトップ仮想化やアプリケーション仮想化についてと、My Citrixへの登録、必要なコンポーネントのダウンロードまでを行いました。
今回はXenServerのインストールとゲストOSの準備、Active Directoryの構築手順について説明します。

XenServerのインストール

まず、サーバーにXenServerをインストールします。XenServerをインストールするサーバーは以下の条件に合ったものを用意してください。

  • 64bit対応のハードウェア
  • 仮想化支援機能(AMD-V/Intel VT)が利用できる
  • メモリを16GB以上搭載できる

以降はこのXenServer上に、Active Directory環境、XenDesktop環境やXenApp環境を構築します。それでは早速、XenServerをインストールしてみましょう。

  1. XenServerのインストールディスクを入れて、ブートします。デスクトップ仮想化 XenServerのインストール
  2. 「Citrix XenServer」起動画面が表示されたらEnterキーを入力します。
  3. 「キーマップの選択」画面では、お使いのキーボードの種類を選択します。
  4. 「Welcome to XenServer Setup」という画面が表示されたら以下の通りキー入力してください。
    セットアップを実行するには[OK]をクリックします。
    ドライバをあらかじめ読込む場合は[F9]キーをクリックします。
    データのバックアップをする必要がある場合は[Reboot]を押して、バックアップ後再度セットアップを実行してください。
  5. 「ライセンス」ではライセンスを確認の上、同意する場合は[Accept EULA]をクリックします。
  6. インストールに使うソースの選択」では、”Local media”を選択して[OK]をクリックします。
  7. 「Supplemental Packs」は必要に応じてインストールしてください。今回はWindows環境のみ利用するため、ここでは[No]をクリックします。
  8. メディアのチェックは必要に応じて実行してください。ここでは{Skip verification}を選択して[OK]をクリックします。
  9. XenCenterでログインする際に使うパスワードを設定します。入力したら[OK]をクリックします。
  10. 「Networking」ではネットワークの設定を行います。固定IPを設定して[OK]をクリックします。
  11. 「hostname and DNS Configuration」では、ホスト名とDNSサーバーを指定して[OK]をクリックします。
  12. 「タイムゾーンの選択」では{asia}を選択して[OK]をクリックします。
  13. 次の画面では{Tokyo}を選択して[OK]をクリックします。
  14. 「System Time」ではNTPを使うか、手動で時刻を設定するか選択します。ここでは{Using NTP}を選び、時刻を自動修正するように設定します。
  15. {Using NTP}を選択した場合、「NTP 設定」画面が表示されます。NTPサーバーを指定して[OK]をクリックします。
  16. すべての初期設定が終了すると「Confirm Installation」画面が表示されます。[Install XenServer]をクリックするとXenServerのインストールが始まり、すべてのディスクデータが上書きされます。インストールを続行する場合は[Install XenServer]をクリックします。
  17. インストール中。インストールは数分で終了します。
  18. 「Installation Comlete」が表示されたらインストールは終了です。DVDメディアを取り出して[OK]を押すと再起動します。
  19. Citrix XenSever起動中は以下のような画面が表示されます。
  20. Citrix XenSeverが起動したらIPの設定などを確認してください。

XenCenterのインストール

XenServerのインストールが終了したら、次にIPを設定してXenCenterをインストールしましょう。XenCenterはXenServerを管理するツールで、仮想マシンの実行や停止、パフォーマンスの確認、XenConvertを使ってP2V(Physical to Virtual)した仮想マシンのコンバート等が出来ます。

・IPの設定
XenCenterをインストールする前に、XenCenterをインストールするクライアントのIP等を正しく設定しましょう。以下の手順に従い、設定します。

  1. ネットワークに接続しているEthernetアダプタを選択し、[右クリック – プロパティ]をクリックします。デスクトップ仮想化 XenCenterインストールのためのネットワーク設定
  2. 「ローカル接続のプロパティ」画面で{インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)}を選択し、ダブルクリックします。
  3. 「インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」画面でIP等設定します。IP: 192.168.0.250
    サブネットマスク: 255.255.255.0
    デフォルトゲートウェイ: 192.168.0.1
    DNS: 192.168.0.100

・インストーラの実行

  1. ダウンロードしておいたXenCenterのインストーラを実行します。デスクトップ仮想化 XenCenterのインストール
  2. 「Destination Folder」画面でインストール先を指定します。{Install for:}をAll Usersに設定します。
  3. 「Ready to install Citrix XenCenter」画面で[Install]をクリックするとインストール開始します。
  4. 「Completed the Citrix XenCenter Setup Wizard」と表示されましたら[Finish]をクリックしてウィザードを終了してください。

・管理サーバーの追加と設定
インストールしたXenServerをXenCenterで管理できるように設定しましょう。以下の手順に従って操作してください。

  1. XenCenterを起動します。
  2. XenCenter右ペインにある[ADD a server]をクリックします。
  3. 「Add New Server」画面が表示されますので、サーバーのIP、設定したログイン情報を入力して[Add]をクリックします。
    設定例)
    Server: 192.168.0.50
    User name: root
    Password: インストール時設定したパスワード
  4. この手順により、XenCenterに管理サーバーが追加されます。

・仮想マシンの追加
XenCenterにXenServerを登録できたら、次に仮想マシンを作成しましょう。ここではActive Directoryサーバーを例に、XenCenterを使った仮想マシンの作成手順をご説明します。

  1. XenCenterで管理サーバーを選択して[New VM]をクリックします。
  2. 新規仮想マシン作成ウィザードが開始されます
  3. 「Template」では、これからインストールする仮想マシンにあったテンプレートを選択します。この手順ではWindows Server 2008 R2上で動くActive Directory環境をまず作成しますので、{Windows Server 2008 R2(64-bit)}を選択して[Next]をクリックします。
  4. 「Name」ではこのVMにつける名称と、このVMの詳細情報を入力します。
  5. 「Installation Media」ではインストールに使う手段を選択します。
    ・Install from DVD drive: DVD/CDメディアを使ってインストールする場合
    ・Boot from network : ネットワークブートする場合
  6. 「Home Server」ではデフォルト設定のまま、[Next]をクリックします。
  7. 「CPU & Memory」では割り当てる仮想CPU数とメモリを設定します。
  8. 「Storage」では割り当てるディスク容量を設定します。デフォルトでは選択したテンプレートによって設定されているディスク容量が割り当てられています。[Properties]をクリックします。
  9. 「Edit Disk」画面が表示されますので、{Size:}で適切なディスク容量を指定します。
    Provisioning Servicesサーバー、Active Directoryサーバーは出来るだけ多くの容量を割り当ててください。その他のサーバーは24 – 32GB程度あれば良いと思います。
  10. 「Networking」では仮想ネットワークインターフェイスを指定して[Next]をクリックします。
  11. 設定した項目を確認して[Finish]をクリックしてウィザードを終了してください。
  12. 作成したVMを起動すると、通常のWindows Serverインストール画面になりますので、通常通りインストールしてください。
    以降は必要VM分、この操作の繰り返しを行います。

必要なWindows Server/仮想デスクトップをインストール

XenDesktop環境、XenApp環境をスムーズに構築するため、あらかじめ以下の環境を用意しておいてください。
Active Directory用のWindows Server環境は、このガイドの流れに従って構築されたのであればすでにインストール済みであると思いますので、残りのDDC用、PVS用、XenApp用、仮想デスクトップ環境用のWindowsをそれぞれXenServerのゲストとしてインストールします。

  • Active Directory (AD)
    • Windows Server 2008 R2
    • メモリ3GB以上割当て
  • Desktop Delivery Controller (DDC)
    • Windows Server 2003 R2 x64(2008 R2非対応のため)
    • メモリ3GB以上割当て
  • Provisioning Services (PVS)
    • Windows Server 2003 R2 x64(2008 R2非対応のため)
    • メモリ3GB以上割当て
    • ディスクを出来るだけ大きめで割当て
  • XenApp 6.0
    • Windows Server 2008 R2
    • メモリ3GB以上割当て
  • 仮想デスクトップ環境
    • Windows 7 x86
    • メモリ1GB割当て

Active Directoryの導入と設定

XenDesktopやXenAppを動かすにはActive Directoryが構築されていて、各サーバーがActive Directoryに所属している必要があります。
ここではWindows Server 2008 R2を使って、Active Directory環境を構築するまでの手順をご説明します。

・コンピュータ名の設定
まず、すべてのサーバー、クライアントのコンピュータ名を変更します。

  1. サーバーマネージャーを開きます。デスクトップ仮想化 サーバマネージャを使ったコンピュータ名の変更
  2. [システムプロパティの変更]をクリックします。
  3. 「システムプロパティ」画面で[変更]をクリックします。
  4. 「コンピュータ名/ドメイン名の変更」画面の{コンピュータ名}にコンピュータ名を設定します(ここではadとします)。

コンピュータ名を変更後、一旦再起動します。

・IPの設定
次に、サーバーのIP設定を変更します。

  1. サーバーマネージャーを開きます。
  2. [ネットワーク接続の表示]をクリックします。
  3. ネットワークに接続しているEthernetアダプタを選択し、[右クリック – プロパティ]をクリックします。
  4. 「ローカル接続のプロパティ」画面で{インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)}を選択し、ダブルクリックします。
  5. 「インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」画面でIP等設定します。
    • IP: 192.168.0.100
    • サブネットマスク: 255.255.255.0
    • デフォルトゲートウェイ: 192.168.0.1
    • DNS: 192.168.0.100

・サーバーの役割を追加
それではいよいよActive Directoryの導入を行います。adというコンピュータ名を付けたVMにActive Directoryを導入しましょう。

  1. サーバーマネージャーを開き、左ペインの{役割}を選択します。デスクトップ仮想化 Active Directoryの導入
  2. 右ペインに「役割」設定が表示されますので、{役割の概要}の[役割の追加]をクリックします。
  3. 「役割の追加ウィザード」の「開始する前に」が表示されます。内容を確認して[次へ]をクリックします。
  4. 「サーバーの役割」で{Active Directory ドメインサービス}を選択し、クリックします。すると、.NET Framework 3.5.1の機能追加を要求されますので、[必要な機能の追加]をクリックして機能追加を承認します。
  5. 「Active Directory ドメインサービス」が表示されます。内容を確認して[次へ]をクリックします。
  6. 「確認」が表示されます。インストールするコンポーネントと内容を確認して[インストール]を開始します。
  7. インストールが終了すると「インストールの結果」が表示されます。内容を確認して[閉じる]をクリックしてください。

・Active Directory ドメインサービス インストールウィザードの実行
Active Directory ドメインサービスをインストール後、ウィザードに従ってセットアップを行います。

  1. ウィザードが終了すると、左ペインの{役割}に{Active Directory ドメインサービス}が追加されますので選択します。
  2. 右ペインに「Active Directory ドメインサービス」が表示されます。画面に表示されている通り、「Active Directory ドメインサービス インストールウィザード(dcpromo.exe)を実行」してください。
  3. 「Active Directory ドメインサービス インストールウィザード」が表示されます。{詳細モードインストールを使用する}がオフのまま、[次へ]をクリックします。
  4. 「オペレーティングシステムの互換性」メッセージが表示されます。内容を確認して[次へ]をクリックします。
  5. 「展開の構成の選択」で{新しいフォレストに新しいドメインを作成する}を選択して[次へ]をクリックします。
  6. 「フォレストのルートドメイン名」を設定します。ここではexample.comドメインを設定します。
  7. 「フォレストの機能レベル」を選択して[次へ]をクリックします。
  8. 「ドメインの機能レベル」を選択して[次へ]をクリックします。
    なお、機能レベルはWindows Server 2008 以下のバージョンがある環境ではWindows Server 2003をそれぞれ選択してください。
    デフォルトのWindows Server 2008ではWindows Server 2003やXPなどがActive Directoryに参加できません。
  9. 「追加のドメインコントローラ オプション」で{DNSサーバー}を選択して[次へ]をクリックします。
  10. 警告画面(権限のある親ゾーンが見つからないか、Windows DNSサーバーが実行されていないため、このDNSサーバーの委任を作成できません)が表示されますが、これからそれを作成するので[はい]をクリックして作業を続行します。
  11. 「データベース、ログファイル、およびSYSVOLの場所」の設定画面はデフォルト設定のまま、[次へ]をクリックします。
  12. 「ディレクトリサービス復元モード Administratorパスワード」画面で、Active Directoryを復元するためのパスワードを入力します。
  13. 「概要」画面ではこれまで設定した構成を確認してください。問題なければ[次へ]をクリックします。
  14. Active Directoryの構築とDNSサービスの導入が開始されます。しばらく待ちます。
  15. ウィザード終了後、Windows Serverを再起動します。再起動後以下のアカウント名でログインできればActive DirectoryとDNSサービスは正常に稼働しています。
    ユーザー名: EXAMPLEAdministrator
    パスワード: コンピュータ名adに設定していたパスワード

DNS設定

DNSサーバーが稼働したら、逆引きを行えるように設定するため、「逆引き参照ゾーン」を定義します。

・逆引き参照ゾーンの設定

  1. [スタート – 管理ツール – DNS]をクリックして「DNSマネージャー」を開きます。デスクトップ仮想化 DNSの設定
  2. {逆引き参照ゾーン}を[右クリック – 新しいゾーン]をクリックします。
  3. 「新しいゾーン ウィザードの開始」が表示されます。[次へ]をクリックして続行します。
  4. 「ゾーンの種類」を選択します。ここでは以下のように設定して[次へ]をクリックします。
  5. 「Active Directory ゾーンレプリケーション スコープ」では{このドメインのドメインコントローラ上で実行しているすべてのDNSサーバー}を選択し、[次へ]をクリックします。
  6. 「逆引き参照ゾーン名」で逆引きに利用するインターフェイスを選択します。今回はすべてIPv4アドレスを使い構築しますので、{IPv4 逆引き参照ゾーン}を選択し、[次へ]をクリックします。
  7. 次の画面で逆引き参照の識別名(ネットワークID)を指定して[次へ]をクリックします。
  8. 「動的更新」ではどのようにDNSサーバーに対して動的更新を認めるか設定します。{セキュリティで保護された動的更新のみを許可する}を選択し、[次へ]をクリックします。
  9. 「新しいゾーンウィザードの完了」が表示されますので、内容を確認して[完了]をクリックしてください。
  10. 「DNS マネージャー」の{逆引き参照ゾーン}に参照ゾーン(0.168.192.in-assr.arpa)が追加されます。

WINSサーバー追加

次にWINSサーバーを導入します。インストール後は各サーバーのネットワーク設定でこのWINSサーバーを参照するように設定変更してください。

  1. サーバーマネージャーを開き、{機能の概要}の[機能の追加]をクリックします。デスクトップ仮想化 WINSサーバの追加
  2. 「機能の追加ウィザード」が表示されます。一覧から{WINS サーバー}を選択し、[次へ]をクリックします。
  3. 追加する機能を確認して[次へ]をクリックするとインストールが開始されます。
  4. インストールが終了すると「インストールの結果」が表示されます。正常にインストールされた事を確認して[閉じる]をクリックします。

Active DirectoryにOUを作成

OUとは組織単位を表す略称で、ここでは要するにグループを作成します。ここで作成するOU名はXenDesktopやXenAppのインストール時に使うものです。

  1. [スタート – 管理ツール – Active Directory ユーザーとコンピューター]をクリックして、「Active Directory ユーザーとコンピューター」画面を開きます。デスクトップ仮想化 Active DirectoryにOUを作成
  2. “example.com”上で[右クリック – 新規作成 – 組織単位(OU)]をクリックします。
  3. 「新しいオブジェクト – 組織単位(OU)」画面でOUの名前を入力します。ここではDDCと入力して[OK]を押します。
  4. “DDC”というOUが追加されます。

Active Directory用アカウントの作成

先ほど作成したOUにad.example.comにアクセスを許可するユーザーを追加します。ここで追加したユーザーを使いad.example.comにすべてのサーバー、クライアントを所属させ、かつ、Web Interfaceからユーザーがデスクトップやアプリケーション、コンテンツにアクセスする際のログイン名、パスワードとして利用します。

  1. 作成したOU (DDC)を[右クリック – 新規作成 – ユーザー]をクリックします。デスクトップ仮想化 Active Directory用アカウントの作成
  2. 「新しいオブジェクト – ユーザー」が表示されます。必要事項を入力して[次へ]をクリックします。
  3. パスワードを入力します。{ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要}はオフ、その他の項目は必要に応じて設定し、[次へ]をクリックします。
  4. 設定した内容を確認して問題なければ[完了]をクリックしてユーザーを作成したOU (DDC)に追加します。

以降は必要なユーザー分、この操作の繰り返しを行います。

  • ddc
  • pvs
  • xenapp6
  • win7
  • user

各サーバーのIP等を設定

Active Directoryへ所属するための準備が終わったら、各サーバーおよびWindowsクライアントにIP、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS、WINSの設定を行いましょう。
「インターネット プロトコル バージョン4 (TCP/IPv4)のプロパティ」を開いてそれぞれ設定してください。

  • IP: 192.168.0.0/24
  • サブネットマスク: 255.255.255.0
  • デフォルトゲートウェイ: 192.168.0.1
  • DNS: 192.168.0.100

WINSサーバーの指定は、以下の手順で設定します。

  1. 「インターネット プロトコル バージョン4 (TCP/IPv4)のプロパティ」の[詳細設定]をクリックし、「TCP/IP 詳細設定」画面を表示させます。
  2. [WINS]タブをクリックして{WINS アドレス}設定項の[追加]をクリックします。
  3. WINSサーバーのIP(ここでは192.168.0.100)を指定して[追加]をクリックします。
  4. {WINS アドレス}設定項に192.168.0.100が追加されている事を確認して[OK]をクリックします。

各サーバーをActive Directoryに参加させる

  1. 「システムのプロパティ」を開きます。
  2. [コンピュータ名]タブをクリックして[変更]をクリックします。デスクトップ仮想化 各サーバーをActive Directoryに参加させる
  3. 「コンピュータ名/ドメイン名の画面で以下のように設定して[OK]をクリックします。コンピュータ名:
    (サーバー名)
    (例)
    ddc
    pvs
    xenapp6
    win7次のメンバ
    ●ドメイン
    example.com
  4. 認証の画面が表示されますので、Active DirectoryのDDCというOUに登録したユーザーをそれぞれのサーバーに割り当てます。
  5. 正しいユーザ、パスワードが入力されると「example.com ドメインへようこそ」と表示されます。[OK]をクリックします。
  6. 一旦再起動します。再起動後ドメインにログインできれば設定は正しく行われています。

以降、これをサーバー、クライアント毎に繰り返します。

ここまでの手順をふむ事で、すべてのサーバーがActive Directoryにログオンできる環境になったと思います。

次回以降の説明では正しくActive Directoryが構築され、お互い、コンピュータ名(ex. ad)やフルコンピュータ名(ex. ad.example.com)でpingが通る、Active Directoryにログインできる状態であることを前提に説明しますので、正しく動いていない場合はこれまでの説明を今一度見直して、確実に動作するようにしておいてください。

次回はいよいよXenDesktopのインストールに取り掛かりたいと思います。