占有型仮想デスクトップ環境の構築と展開

XenDesktop 7を触ってみよう VMware ESXi 編 (第3回)

本連載をまとめたホワイトペーパーは以下よりダウンロード可能です。
VMware ESXi と Citrix XenDesktop 7 で始める デスクトップ仮想化入⾨

 

占有型仮想デスクトップ環境の構築と展開

Citrix Studioによる初期構成が終了したら、早速XenDesktop 7で仮想デスクトップ環境にアクセスするための仮想デスクトップを構成してみましょう。

XenDesktop 7は仮想デスクトップとしてWindows 7やWindows 8などのクライアントOSだけではなく、Windows Server 2008 R2 SP1やWindows Server 2012などのサーバー用OSも対応するようになりました。また、最新のVDA7には対応していませんが、VDA5.6をインストールしたWindows XPやWindows Vistaを管理することもできます。

今回は仮想デスクトップ環境としてWindows 7 SP1を利用し、以下の様なコンピューター名が設定された仮想環境を例に、占有型仮想デスクトップ環境をXenDesktop 7で利用するまでの流れを解説します。

ADドメイン名 vdi.example.com
コンピューター名 ADに参加後のフルコンピューター名 仮想デスクトップを割当てるユーザー
XD7W7001 XD7W7001.vdi.example.com xduser1
XD7W7002 XD7W7002.vdi.example.com xduser2
XD7W7003 XD7W7003.vdi.example.com xduser3

 

仮想デスクトップをActive Directoryに参加させる

まず初めに、仮想デスクトップとして利用するWindows仮想マシンをActive Directoryに参加させます。

(1)    「システムのプロパティ」を開き、「変更」ボタンをクリックします。

xd7-16

(2)    「コンピューター名/ドメイン名の変更」ウィンドウが表示されたら、所属するグループを選択してドメインを入力します(本例ではvdi.example.comを入力)。

xd7-17

(3)    「ドメインに参加するためのアクセス許可のあるアカウントの名前とパスワードを入力してください」と表示されるので、ドメイン管理者のアカウントを入力して「OK」ボタンをクリックします。

xd7-18

(4)     Active Directoryの参加の設定が終わったら、設定を反映させるために一旦再起動します。占有型仮想デスクトップとして利用するWindows仮想マシンが複数ある場合は同じようにそれぞれのデスクトップに対してActive Directoryの参加を行ってください。

VDAのインストール

仮想デスクトップとするWindows仮想マシンにVDAをインストールします。これはXenDesktopのDelivery Controllerと通信するために必要なエージェントプラグインです。

(1)    仮想デスクトップとするWindows仮想マシンでXenDesktop7のインストールイメージ(ISOファイル)をマウントして読み込んでください。

xd7-19

(2)    ダブルクリックするとインストーラが起動しますので、「開始」ボタンをクリックします。

xd7-20

(3)    メニューの中から「Virtual Delivery Agent for Windows Desktop OS」をクリックします。

xd7-21

(4)     VDAの導入ウィザードが表示されます。「リモートPCアクセスを有効にする」を選んで「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-22

(5)    「HDX 3D Pro」は「いいえ、標準のVDAをインストールする」を選び、「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-23

(6)    「コアコンポーネント」はデフォルトのまま「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-24

(7)    「Delivery Controller」は「手動で指定する」を選び、Delivery ControllerのアドレスをFQDNで入力してください。入力後「接続テスト」を実施してエラーが出ないことを確認します。

xd7-25

(8)    正しいDelivery Controllerのアドレスを入力できたら「追加」ボタンをクリックし、「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-26

(9)    「機能」は「パフォーマンス最適化」「Windowsリモートアシスタンス」「リアルタイムオーディオ転送」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-27

(10) 「ファイアウォール」はデフォルトのまま、「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-28

(11) 最後に「概要」でこれまでの設定を確認して問題なければ「インストール」をクリックします。VDAのインストールが始まります。

xd7-29