XenDesktop 7の初期設定

XenDesktop 7を触ってみよう VMware ESXi 編 (第2回)

本連載をまとめたホワイトペーパーは以下よりダウンロード可能です。
VMware ESXi と Citrix XenDesktop 7 で始める デスクトップ仮想化入⾨

 

XenDesktop 7の初期構成

XenDesktop 7のインストールが完了したら、仮想デスクトップの構成をするため、Citrix Studioを起動してください。「Citrix Studioへようこそ」画面が表示されます。

(1)    ようこそメニューから「始めよう!サイトの作成」をクリックします。

xd7-1

(2)    「完全展開」ウィザードが起動します。「サイトを構成し、ユーザーに対するアプリケーションやデスクトップの配信を開始します」を選択し、サイトの名称を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-2

(3)    XenDesktopの構成データを格納するデータベースとデータベース名を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-3

(4)     ライセンスサーバーの設定を行います。ライセンスの構成はあとから行うこともできますので、「信頼済みサーバーに接続しました」というメッセージが出ていることを確認して「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-4

(5)    ハイパーバイザーへの接続に関する設定を行い、「次へ」ボタンをクリックします。

xd7-5

入力項目 設定内容
ホストの種類 VMware vSphere
アドレス FQDNでvCenter Serverのアドレスを入力(例)https://vcenter502.vdi.example.com/sdk
ユーザー名 Administrator
パスワード 上記アカウントのパスワード
接続名 識別できる接続名を設定
仮想マシンを作成するツール Studioツール(Machine Creation Services)