占有型仮想デスクトップ環境の構築(Hyper-V編)

XenDesktop 7を触ってみよう Hyper-V 編 (第3回)


本連載をまとめたホワイトペーパーは以下よりダウンロード可能です。
Microsoft Hyper-V Server 2012 とCitrix XenDesktop 7で始めるデスクトップ仮想化入門

Citrix Studioによる初期構成が終了したら、早速XenDesktop 7で仮想デスクトップ環境にアクセスするための仮想デスクトップを構成してみましょう。

XenDesktop 7は仮想デスクトップとしてWindows 7やWindows 8などのクライアントOSだけではなく、Windows Server 2008 R2 SP1やWindows Server 2012などのサーバー用OSも対応するようになりました。また、最新のVDA7には対応していませんが、VDA5.6をインストールを仮想マシンにインストールすることでWindows XPやWindows Vistaを管理することもできます。

今回は仮想デスクトップ環境としてWindows 7 SP1を利用し、以下の様なコンピューター名が設定された仮想環境を例に、占有型仮想デスクトップ環境をXenDesktop 7で利用するまでの流れを解説します。

ADドメイン名 vdi.example.com
コンピューター名 ADに参加後のフルコンピューター名 仮想デスクトップを割当てるユーザー
XD7W7001 XD7W7001.vdi.example.com xduser1
XD7W7002 XD7W7002.vdi.example.com xduser2
XD7W7003 XD7W7003.vdi.example.com xduser3

 

仮想デスクトップをActive Directoryに参加させる

まず初めに、仮想デスクトップとして利用するWindows仮想マシンをActive Directoryに参加させます。「システムのプロパティ」を開き、「変更」ボタンをクリックします。

XenDesktop7-Hyper-V-053

「コンピューター名/ドメイン名の変更」ウィンドウが表示されたら、所属するグループを選択してドメインを入力します(本例ではvdi.example.comを入力)。

XenDesktop7-Hyper-V-054

「ドメインに参加するためのアクセス許可のあるアカウントの名前とパスワードを入力してください」と表示されるので、ドメイン管理者のアカウントを入力して「OK」ボタンをクリックします。

XenDesktop7-Hyper-V-055

Active Directoryの参加の設定が終わったら、設定を反映させるために一旦再起動します。占有型仮想デスクトップとして利用するWindows仮想マシンが複数ある場合は同じようにそれぞれのデスクトップに対してActive Directoryの参加を行ってください。