デスクトップ仮想化入門 Microsoft Hyper-V + XenDesktop 7 編

Microsoft Hyper-V Server 2012 とCitrix XenDesktop 7で始めるデスクトップ仮想化入門デスクトップ仮想化ソリューションは、多数のメーカーが展開していますが、Citrix XenDesktopは特定のハイパーバイザーに縛られることなく導入できる点が利点としてあげられます。

XenDesktopは、XenServerだけでなく、VMware社が提供するVMware vSphere、マイクロソフト社が提供するHyper-Vなどユーザーニーズにあわせて選択することが可能です。そのため、対応するハイパーバイザーをすでに利用済みであれば、デスクトップ仮想化基盤に適した構成にする必要はあるものの、既存の仮想化基盤にデスクトップ仮想化を容易に導入出来ます。

本稿ではXenDesktop 7環境を構築するに当たり、Windows Server 2012を利用したHyper-V環境を選択した場合のセットアップや設定に関してご紹介します。

資料は、以下4つの章から構成されています。

第1章 Microsoft System Center Virtual Machine Managerの設定
第2章 XenDesktop 7のインストールと初期設定(Hyper-V編)
第3章 占有型仮想デスクトップ環境の構築(Hyper-V編)
第4章 Machine Creation Services(MCS)を使った仮想デスクトップの展開(Hyper-V編)
 

この内容をPDFで読む

Microsoft Hyper-V Server 2012 とCitrix XenDesktop 7で始めるデスクトップ仮想化入門(PDFダウンロード)