シトリックス、最新版XenDesktop 7.5、XenApp 7.5を発表

企業ITをクラウドでモバイル化するためのシトリックスのソリューション

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(シトリックス)は2月18日、デスクトップ仮想化ソフトの新版「Citrix XenDesktop 7.5」、アプリケーション仮想化ソフトの新版「Citrix XenApp 7.5」を2014年3月末から国内提供を開始すると発表しました。

XenDesktop 7の一つのエディションとして提供されていたアプリケーション仮想化を実現する「Citrix XenDesktop App Edition」が、今回のバージョンからXenAppの名称を復活させ「XenApp 7.5」として提供されることになります。

シトリックスはモバイルやクラウド時代におけるWindowsを提供するために設計された新しいソリューションである”Project Avalon(アバロン)”を発表しました。Project Avalonは、Windowsアプリケーションとデスクトップを真のクラウドサービスとして、あらゆるデバイスに提供するというシトリックスの製品戦略です。Project Avalonから生まれた初のリリース「XenDesktop 7」では、その前段階として基礎からアーキテクチャーを改善し、複雑だったアーキテクチャーをシンプルにすることを実現しました。さらに従来からある管理ツールを大幅に見直すことで管理性の向上に対応するだけでなく、モバイル環境におけるパフォーマンスなどクラウド時代に必要な部分の徹底的な拡張を行なったバージョンといえます。そして、今回、発表された「XenDesktop 7.5」、「XenApp 7.5」は、Project Avalonの目指す最終形であるクラウド対応を実現したバージョンです。

最大の目玉機能は、クラウドへの容易な展開

XenDesktop 7.5、XenApp 7.5では、オンプレミスへの展開に加えて、ハイブリッド クラウド プロビジョニング機能でアマゾン ウェブ サービス (AWS) やCitrix CloudPlatform powered by Apache CloudStackなどのクラウド基盤への展開が可能になりました。XenAppやXenDesktopを展開する環境として、クラウドを活用するのは自然なトレンドです。専用のスクリプト、テンプレートを使わなくても、製品標準の展開ウィザードでクラウド基盤に対して瞬時に容易に展開できるようになりました。これによりオンプレミスでの運用、クラウドでの運用、そして両者を同時に利用するハイブリッドでの運用が単一のコンソールで管理可能です。クラウドの弾力性、柔軟性をフル活用可能なバージョン、それが「XenDesktop 7.5」です。

xendesktop75

XenDesktop 7.5、XenApp 7.5では、従来のバージョンアップ同様に数多くの機能拡張が行なわれています。XenDesktop 7.5では、リモートPCアクセスにWake-on-LAN機能が追加されています。これにより、リモートユーザーは、自分のPCの電源がオフになっている場合やサスペンド状態になっている場合でも、いつでも必要な時に自分のPCにアクセスできるようになります。また、XenDesktop Platinum Editionにはアプリケーション移行支援技術であるCitrix AppDNAの全機能が含まれており、アプリケーションやデスクトップの仮想化とプラットフォーム移行の時間とコストを従来と比較し最大90%も削減することが可能です。

モビリティを強化するキャンペーンも同時に発表、MDM製品が無償!

今回の新製品の発表と同時に、シトリックスでは企業のモビリティを推進するために「XenAppおよびXenDesktop Platinumの顧客向けモビリティ推進キャンペーン」を発表しました。キャンペーンは、2014年2月19日〜2014年9月30日までの期間限定で、新規または現在有効なSubscription Advantage (SA)を保有している既存のXenApp PlatinumまたはXenDesktop Platinum Editionの通常ライセンスのお客様に対して、XenMobile MDM Editionを無償、またはXenMobile Enterpriseのライセンスを20%オフの価格で提供されるものです。ぜひ、この機会に自社のモビリティ強化を行なってはいかがでしょうか?

デスクトップ仮想化ポータルでは、今後、XenDesktop 7.5の詳細情報を提供していきます。ご期待ください!