Citrix XenDesktop

 掲載された製品概要は、ホワイトペーパー「デスクトップ仮想化製品(VDI)徹底比較 (2013年版)」より抜粋した情報です。
製品の詳細情報や比較情報などの詳細は以下よりダウンロードください。
ホワイトペーパー:デスクトップ仮想化製品(VDI)徹底比較 (2013年版)

XenDesktop概要

Citrix は、同社のXenApp 製品 (旧称MetaFrame/Presentation Server) により、サーバーベースコンピューティングに長くかかわってきたベンダーです。 Citrix は、広範な仮想化テクノロジーを使用して XenDesktop を作成しています。XenDesktop は、広範な種類のユースケースむけに仮想デスクトップとアプリケーションを提供するエンドツーエンドのソリューションです。XenDesktop には、パーソナル向け、プール化、専用の各仮想マシンをホスティングする機能 (伝統的にVDI と呼ばれる) が含まれてます。また、XenClient (タイプ1のハイパーバイザー) やストリーム型VHD (ブート時にリアルタイムでストリーミングされるOS) と組み合わせることで、強力なパーソナライズツールを含む低コストでスケーラブルなホステッド共有環境をローカルデスクトップ上で実行することを可能にします。さらに、XenDesktop はGPU に対応したPC ブレードやGPU 支援に対応したハイパーバイザーを利用することにより、リッチでピクセルの完全な、プロフェッショナルな3Dグラフィックサポートを提供します。

しかし、全てのユーザーが完全な仮想デスクトップを必要としているわけではありません。 Windows アプリケーションをタブレットやスマートフォンなどのフォームファクタへと拡張したいという要望や、仮想アプリケーションをオンデマンドでBYO 用のノートPC で使うといったニーズの高まりにより、アプリケーション仮想化とデリバリインフラストラクチャーの統合の必要性がますます高まっています。XenDesktop は、企業ワーカーによる複数のデバイスタイプやネットワーク間でのローミングをサポートすると同時に、中央で一元的に管理されるセキュアで使いやすい一環した作業環境を提供する機能を提供します。

 

アーキテクチャ

現在のXenDesktop のアーキテクチャは複数のコンポーネントから構成されます。このため、XenDesktop の初期セットアップは他のソリューションよりもやや複雑になりますが、その分、柔軟性とスケーラビリティを十分に考慮した設計となっています。コネクションブローカー (「Delivery Controller」と呼ばれる) のタスクは以下の通りです。

• ユーザー認証Authenticates users
• ユーザーのデスクトップ環境構築の管理Manages assembling the user’s desktop environment

• ユーザーとその仮想デスクトップ間のブローカー接続

その他のXenDesktop インフラストラクチャーには、仮想インフラストラクチャー (XenServer, Microsoft Hyper-V or VMware vSphere)、Licensing server、Datastore、Provisioning server、Web Interface、セキュアなリモートアクセスのためのAccess Gateway があります。XenApp は、リモートアプリケーションまたはストリームドアプリケーションにアクセスするためのインフラストラクチャーにも含めることができます。

 

XenDesktop

XenDesktop エージェントは、ゲストVM またはブレードPC 上で必要となります。同エージェントは、エンドポイントとユーザーの仮想デスクトップ間のダイレクトな接続を可能にします。エンドポイント上には、Citrix Receiver が必要となります。Receiver ユーザーがどこからでも、あらゆるデバイスを使って仮想デスクトップやアプリケーションに簡単にアクセスできるようにします。

XenDesktop (およびXenApp) が使用するプロトコルはICA プロトコルであり、いくつかの特殊機能を含んでいます。ICA プロトコルは、限られた帯域幅と高いレイテンシーの条件下で、RDP/リモートFX プロトコルよりも優れた性能を発揮します。

Citrix HDX テクノロジーは、XenDesktop 3 で導入されました。HDX は、VoIPおよびWebカメラのサポート、3D サポート、オーディオの強化、WAN 経由での使用に関する最適化など、ユーザーエクスペリエンスを向上させる複数の要素から構成されています。

 

ライセンシング

XenDesktop は、以下の4種類のライセンスで構成されます。

• Express
• VDI
• Enterprise
• Platinum

各ライセンスタイプには、XenDesktop Controller (ブローカー) に加えて、Citrix コンポーネント (XenApp、 XenServer、Provisioning Server、Access Gateway、EdgeSight for desktops、など) を使用する権利が含まれています。Express は最低限のコンポーネントを含む無償バージョンで、最大10個のデスクトップが利用できます。Platinum は最も高度なバージョンです。これら4つの各エディションとその機能の概要については、こちら を参照してください。