仮想化技術でスマートフォン、タブレットを業務に使おう!

tablet-titleモバイルアプリケーションといえば、ほとんどの場合iOS、Androidのそれぞれの開発言語と専用開発環境で作られています。モバイル系OSは短期間で急激な変動を続けています。現時点でリーダーポジションにあるAndroidおよびiOSは安定した支持を得る一方、Windows Phoneの新たな巻き返しも予測されます。また、タブレット型端末ではiOSのシェアが逆転し、高い支持を得ています。市場では競争が激化し機能強化が頻繁に行われるので、バージョンアップの間隔も短くなります。Androidでは2.3から4.0まで6つのバージョンが存在します。開発者にとって機種ごとに対応を検討するのは大きな負担です。この資料では スマートフォン、タブレットに対してWindows アプリケーションを合理的に対応させるしくみに関してご紹介いたします。

※本稿は技術評論社発行のSmartphone Design(2012年9月発売)の掲載記事を抜粋したものです。無断転載を禁じます。

下記ボタンをクリックしてダウンロードしてください