ShareFileを試す – 管理編2

セキュリティと監視

はじめに

前回は、ユーザーの追加と共有フォルダの設定に関してご紹介しました。今回は、セキュリティやシステムの監視など管理者の機能をご紹介します。
ShareFileの評価を希望される方は、Citrix ShareFile エンタープライズエディション無料トライアルフォームへ必要事項をご記入の上、お申し込みください。

状況を確認する

ShareFileでは、最上位の権限を有するユーザーはSuperUserグループに属します。トライアルを申し込んだ場合には、そのユーザーがSuperUserとして設定されています。また、SuperUserは任意に追加することができます。
基本的な管理は、ShareFileにログイン後に[admin]をクリックします。
sf-admin-001
管理者用の画面が表示され右にそれぞれのメニューが表示されます。

sf-admin-002

たとえばSuper Userグループを編集する場合には、右メニューより[Edit Super User Group]を選択します。ここでユーザーへの権限付与やグループからの削除を行なうことが可能です。

sf-admin-003-2

また、管理者画面右メニューの[Reporting]をクリックすることでShareFileの状況を確認できます。ユーザーが2名、ディスクの使用量が3MBであることがお分かりいただけます。

sf-admin-004

また、ShareFileでは管理に便利な任意のレポートを作成することができます。[+Create Report]をクリックすることでアクセス監査やネットワーク帯域の使用状況、ストレージなど様々な状況をレポート表示することが可能です。さらにログインやファイルのアップロード、ダウンロードなどユーザー操作の全てを監視しているための情報もレポートすることが可能です。

sf-admin-005

この内容をPDFで読む

ステップ バイ ステップでShareFile を試す (PDFダウンロード)

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます