ShareFileを試す – ユーザー操作編1

Webインターフェイスの使い方

はじめに

シトリックス社が提供するセキュアなストレージサービスCitrix ShareFile (以下、ShareFile)。2013年7月より日本国内でも提供がスタートしました。

ShareFileは、一般的なクラウドで提供されるオンライン ストレージ サービスと異なり、企業向けに提供されるため非常にセキュアかつ企業システムとの連携性に優れている特長を持ちます。

ShareFileでは、ネットワーク接続はSSLの通信が標準となっているだけでなく、アップロードされたデータは、すべて自動的に暗号化されます。また、個人が作成するフォルダごとに、アクセスできるユーザーを設定できたり、きめ細かな権限設定ができます。もちろん全てのアカウントユーザーを管理者が一括で管理できるためユーザーがアクセス可能なフォルダやアカウントのワイプなどが簡単に行なえます。また、監査証跡機能としてユーザーのアクティビティの取得も可能です。

日本国内で展開されるShareFile Enterprise では、Active Directoryと連携する機能も用意されているため企業システムとの親和性も高いだけでなく、自社のデータセンターにあるストレージをファイルストアとして利用できるため、クラウドサービス上に重要なファイルを置きたくない企業にとっては朗報と言えるでしょう。

シトリックスは実際にShareFileをすぐに試せる無料トライアルを実施しています。本稿では、無料トライアルを利用し、実際にShareFileを試してみます。

ShareFileの評価を希望される方は、Citrix ShareFile エンタープライズエディション無料トライアルフォームへ必要事項をご記入の上、お申し込みください。

ファイルをアップロードする

申し込みが完了するとシトリックス社よりログインに必要な情報がメールで届きます。

それでは実際にログインしてみましょう。メール内に記述されているリンクをクリックしShareFileにアクセスします。

sf-001-login

Emailアドレスとメール内に記述された初期パスワードで実際にログインします。
最初のログイン時には、パスワード変更やセキュリティ強化のための質問設定等を行ないます。

sf-002-profile-change_mask

この内容をPDFで読む

ステップ バイ ステップでShareFile を試す (PDFダウンロード)

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます