F5 VIPRIONとCitrix NetScalerでSSL鍵長2048 bit 処理能力を比較

2048 ビット SSL が抱える性能上の課題

NetScaler-F5-Networksブラウザのアドオンとして提供されているセッションハイジャックツールを利用することでWebサイトのアカウントを簡単に乗っ取ることができ、Webサービス企業にとって、大きな脅威となっている。この脅威に対応するため、大手Webサービス事業者は、「常時SSL化」を導入し、より強固なセキュリティを実現できる2048ビット鍵長へと移行しています。

ただし、常時SSLや2048ビット鍵長を導入すると、Webサーバーのパフォーマンスが低下する恐れがあります。その対策として、ADC(Application Delivery Controller)の「SSLアクセラレーション技術」が注目されています。SSLアクセラレーション技術により、強固なセキュリティを維持しながら、高いパフォーマンスと効率的な運用管理が実現できます。

本資料は、代表的なADCであるCitrix NetScalerとF5 Networks VIPRIONの2048ビットSSL処理能力について比較結果を解説します。詳細は右のフォームに必要事項を記入し、資料をダウンロードしてご覧ください。

関連情報

下記ボタンをクリックしてダウンロードしてください