仮想デスクトップのユーザー体験の最適化に向けたトラフィック監視

ネットワークトラフィックの最適化

s-libビジネスクリティカルなアプリケーションのパフォーマンスを監視し診断、それによって改善することが良好なユーザーエクスペリエンスを保証し、従業員の生産性と顧客満足度を最高レベルに維持するためには必要不可欠です。

モビリティや仮想化、クラウドコンピューティングの浸透により、データセンターやアプリケーションのアーキテクチャが根本的に変わり、効果的なアプリケーションの可視性と制御機能を確立することが難しくなってきています。

シトリックスのNetScaler Insight Centerはこの課題を解決します。NetScaler Insight Centerを使用すると、企業は業界最先端である既存のNetScaler ADC(アプリケーションデリバリーコントローラ)を計測とポリシー実施の両方に活用できるため、高コストで面倒なエージェントやネットワークタップインフラストラクチャーへの投資が不要になります。

NetScalerアプライアンスは、すべてのアプリケーションに対する可視性を備えた企業のネットワークデータセンターの制御ポイントになります。分析、相関、データ表示のための豊富な機能を組み合わせることで、仮想デスクトップ、モバイル、およびクラウドサービスに対して今までにない可視性で、効果的かつ経済的な次世代のアプリケーション可視化ソリューションを提供します。

ネットワークとアプリケーションの可視化の課題

可視性の問題に結びつく主な要因は、ネットワークとアプリケーションの相関性の欠如にあります。モビリティや仮想化など業界の主要トレンドにより、アプリケーションが、動的かつ分散型でありながら、(例えば、モバイルデバイス、モバイルアプリケーション、ホストされた仮想デスクトップ、ハイブリッドクラウドなどが)密接に結合されたコンピューティング環境に置かれることがますます多くなります。

このような状況では、様々なデバイスからアクセスするユーザーを考慮する必要があり、効果的なアプリケーションの可視性の実現が困難になります。従来のソリューションに関するもう1つの問題として、例えばタップやエージェントをパブリッククラウドに導入できないことが考えられます。これはパブリックおよびハイブリッドクラウドアーキテクチャを最大限に活用しようとする組織にとって重大な障害になります。

さらに、適切な機器を選択できないことも課題の1つです。ほとんどの組織にとって、多数の分散型エージェントを導入し、保持するという発想はあり得ません。このような試みは、ほとんどのIT部門に存在するサイロと組み合わさる場合は、あまりにも費用が掛かりすぎて現実的ではありません。効果的なアプリケーションの可視性を確立するには、各部門を超えた投資とサポートが必要ですが、多くの場合、これは簡単なことではありません。

こうして、アプリケーションの可視性と実用的な情報の欠如に拘束されたまま、ほとんどの企業は、無駄な責任追及、永続的なパフォーマンスの問題、真に優れたユーザーエクスペリエンスを確実に提供できないという状況から抜け出せなくなります。よくあるシナリオとして、特定のアプリケーションが遅いというユーザーの苦情が、ヘルプデスクのスタッフから、クライアント/デスクトップ担当者、アプリケーション担当者、ネットワークのスペシャリスト、場合によってはベンダーのサポートチームまで、多数の異なるサポート担当者間で無限にやり取りされることがあります。問題を解決するには、途方もない時間がかかり、ユーザーは不満を抱くことになります。

NetScalerInsight-01

図1:分散型アプリケーションのサポートの流れ