VMware ESXi/XenCenterのインストールと設定

VMware ESXi + XenDesktopで始めるデスクトップ仮想化入門(第1回)

デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用するソリューションです。シトリックス社では、このデスクトップ仮想化を実現する製品として大企業向けに「XenDesktop」、中堅中小企業向けに「VDI-In-a-Box」を提供しています。

今回は最新版の「XenDesktop」を動作させるためのセットアップ、設定などをわかりやすく、順を追って説明いたします。

XenDesktopでは、それを動作させるための仮想マシンインフラストラクチャーとして、シトリックス社が提供するXenServerだけでなく、VMware社が提供するハイパーバイザーであるVMware vSphere、VMware ESX(i)、マイクロソフト社が提供するHyper-Vなどユーザーニーズにあわせて選択することが可能です。

例えば、XenDesktopとの親和性やサポート一元化などを目的にXenDesktopとの組み合わせとしてXenServerを選択したり、既存の自社環境がVMware ESX(i)で構築されている場合にはVMware上にデスクトップ仮想化ソリューションとしてXenDesktopを選択することが可能です。

本連載ではXenDesktop環境を構築するに当たりVMwareを選択した場合のセットアップや設定に関してご紹介いたします。最新版の以下の環境を利用いたします。

  • Citrix XenDesktop 5.6
  • Citrix XenApp 6.5
  • VMware vSphere Hypervisor 5 Update1

またXenServerを利用する場合には以下の記事を参考にしてください。

最新!XenDesktopで始めるデスクトップ仮想化入門(第1回)

VMware vSphere Hypervisor 5 Update1環境を導入して、このシステム上にXenDesktop環境を構築しましょう。

■XenDesktop/XenAppを使うための準備

XenDesktopとXenAppを使い始めるには、以下のような手順で環境を構築します。

・My Citrix アカウント登録
・必要なコンポーネントのダウンロード
・インストール
・ライセンスの設定
・各種設定
・仮想デスクトップ/仮想アプリケーションの実行

今回はMy Citrixへアカウント登録を行い、各コンポーネントをダウンロードする手順を説明します。

■My Citrix アカウント登録

必要なコンポーネントをダウンロードするには、Citrix社のWebサイトでMy Citrixにアカウントを作成する必要があります。

1)Citrix社のWebサイトにアクセスします

2)右上の[Log In]リンクをクリックします

XenDesktop

 

3) My Citrixサイトへ移動

4)「新規カスタマーアカウント」をクリックします

XenDesktop

 

5)「My Citrix 登録」画面が表示されたら、必要事項を入力しアカウントを登録します

XenDesktop

 

[My Citrixサイト]アカウント登録入力画面

6)ID/パスワードの情報をメールで受け取ります

7)アカウントを有効化します

登録が完了すると、ID/パスワードの書かれたメールが届きます。添付された URL にアクセスし、アカウントを有効にしてください。

My Citrixについて詳しくは以下のページを参考にしてください。

・My Citrixのユーザー登録について

http://www.citrix.co.jp/customerservice/mycitrix/new_user.html

・そのほかの情報

http://www.citrix.co.jp/customerservice/mycitrix/
http://www.citrix.co.jp/customerservice/ps_faq.html

■必要なコンポーネントのダウンロード

XenDesktopは複数のコンポーネントによって成り立ちます。ここでは必要なコンポーネントをダウンロードする手順を説明します。

1)登録したMy CitrixのIDでログインする。

XenDesktop

 

2)「Welcome to My Citrix」というページが表示される。

XenDesktop

 

3) グレーのバー上の「Downloads」をクリックする。

4)「The downloads you need in one, easy place.」というページが表示されるので、同ページの「Search Downloads by Product」から「XenDesktop」を選択する。

XenDesktop

 

5)このページから「XenDesktop 5.6 xxx」をクリックする。

6)「XenDesktop 5.6」のページが表示されるので、「Custom Download」をクリックして展開して、以下のコンポーネントをダウンロードしてください。

・Delivery Controller and Additional Components
・Desktop Director
・Receiver for Windows
・XenApp for Windows Server 2008
・Provisioning Services
・Profile Manager

7)ダウンロードするには「Download Agreement」に同意する必要があります。「I have read and certify that I comply with the above Export Control Laws.」にチェックマークを入れて、「Accept」ボタンを押します。

8)Citrix Download Managerが表示されますので「Download Now」ボタンを押してコンポーネントをダウンロードしてください。

9)VMware vSphere HypervisorのisoファイルをCD-R/RWメディアに書き込んでおいてください。そのほかのISOイメージはISOイメージのまま使います。

【参考】ISOファイルをCD-Rに書き込む方法

・Windows XP/2003

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/825isorec/isorec.html

・Windows 7/Windows Server 2008 R2

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1259win7isowrite/win7isowrite.html

■VMware vSphere Hypervisorのインストール

Citrix XenDesktopのコンポーネントをダウンロードしたら、次にサーバーにVMware vSphere Hypervisorをインストールします。VMware vSphere Hypervisorをインストールするサーバーは以下の条件に合ったものを用意してください。

-64bit対応のハードウェア
-仮想化支援機能(AMD-V/Intel VT-x)が利用できる
-メモリを16GB以上搭載している

以降はこのVMware vSphere Hypervisor上に、Active Directory環境、XenDesktop環境やXenApp環境を構築します。それでは早速、VMware vSphere Hypervisorをインストールしてみましょう。

 

◆VMware vSphere Hypervisorのインストール

1) VMware vSphere Hypervisorのインストールディスクを入れてブートします。

2) ESXi-5.0.0 Boot Menu が表示されたら、「ESXi-5.0.0-xxxxxx-standard Installer」を選択し Enterキーを入力します。

3)「VMware ESXi 5.0.0 Installer」

Welcame to the VMware ESXi 5.0.0 Installation という画面が表示されたらEnterキーを入力します。

4)「End User License Agerrment (EULA)」

ライセンスの確認を求められます。承諾する場合は F11 キーを入力します。

5)「Select s Disk to Install or Upgrade」

インストール先のストレージを選択します。

※すでにパーティションが作られている場合、確認を要求します。(Confirm Disk Selection)上書きしてよい場合は「Enter」キーを入力します。

6) 「Please select a keyboard layout」

お使いのキーボードの種類を選択し、「Enter」キーを入力します。

7) 「Please enter a root password (recommended)

rootのパスワードを設定します。

8) 「Confirm Install」

インストールを開始してよいか確認し、問題がなければ F11 キーを入力します。

9) 「Installation Complete」が表示されたら、インストールは完了です。「Enter」キーを入力すると再起動します。

以上でVMware vSphere Hypervisorのインストールは完了です。

 

◆VMware vSphere HypervisorのIPを設定

1) 再起動が完了すると起動画面が表示されます。

XenDesktop

 

・「F2」キーで設定・ログの閲覧
・「F12」キーで電源オフ
・ 再起動

2) 「F2」キーを入力し、root アカウントのパスワードを入力します。

XenDesktop

 

3) 「System Customization」画面が表示されます。メニューより「Configure Management Network」を選択します。

4) メニューより「IP Configuration」を選択します。

5) 「Set static IP address and network configuration 」にカーソルを合わせ、スペースキーで選択し、ESXiのIPアドレスを設定後 Enter キーを押します。

XenDesktop

 

6) 「Configure Management Network」画面に戻ったら ESC キーを押します。設定を変更してよいか確認を求めてきます。(「Configure Management Network: Confirm」)
問題がなければ「Y」キーを押します。

7) 「System Customization」画面に戻ったら「ESC」キーを押してログアウトします。

以上でVMware vSphere Hypervisor 5のIP設定は完了です。

■VMware vSphere Clientによる接続

VMware vSphere Hypervisorへ接続するにはVMware vSphere Clientを使います。まずは管理用マシンにVMware vSphere Clientをインストールしましょう。

 

◆VMware vSphere Clientのダウンロード

VMware vSphere ClientはVMware vSphere Hypervisorの起動画面に表示されているURLにブラウザでアクセスすることによりダウンロードできます。

XenDesktop

 

◆VMware vSphere Clientのインストーラを実行

ダウンロードしておいたVMware vSphere Clientのインストーラを実行します。VMware vSphere Clientの実行に必要なコンポーネントは自動的にインストールされます。

1)「ようこそ」画面で「次へ」ボタンをクリックします。

2)「エンドユーザー使用許諾契約書」を確認して、「次へ」ボタンをクリックします。

3)「エンドユーザー使用許諾契約書」を確認して、「使用許諾契約書に同意します」を選び、「次へ」ボタンをクリックします。

4)「ユーザー情報」を適宜入力して、「次へ」ボタンをクリックします。

5)クライアントのインストール先を指定して、「次へ」ボタンをクリックします。

6)「インストール」ボタンを押してインストールを開始します。

7)VMware vSphere Clientと、VMware vSphere Clientの実行に必要なコンポーネントが自動的に組み込まれます。

8)「インストール完了」という画面が出たら、「終了」ボタンをクリックします。

 

◆ESXiサーバーへの接続

VMware vSphere ClientをインストールしたらVMware vSphere Clientを起動して、VMware vSphere Hypervisorに接続します。VMware vSphere Hypervisorに仮想マシンを追加、削除したり構成や設定の変更をVMware vSphere Clientからできるようになります。

以下の手順に従って操作してください。

1)VMware vSphere Clientを起動します。

2)IPアドレスにサーバーのIP、ユーザー名にroot、パスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックします。

XenDesktop

 

設定例)

IPアドレス/名前: 172.18.5.10

ユーザー名: root
Password: インストール時設定した管理パスワード

3)「セキュリティ警告」について警告が出ます。内容を確認してください。今回はテスト環境を構築するため、ここでは「無視」ボタンをクリックします。

4)VMware vSphere Hypervisor 5に接続できました。

XenDesktop

 

◆仮想マシンの追加

VMware vSphere Hypervisor 5に接続できたら、次に仮想マシンを作成しましょう。ここではActive Directoryサーバーを例に、XenCenterを使った仮想マシンの作成手順をご説明します。

1)ログイン後の「ホーム」画面で「インベントリ」ボタンをクリックします。

XenDesktop

 

2)「インベントリ」画面に切り替わります。

XenDesktop

 

3)サーバーを「右クリック→新規仮想マシン(CTRL+N)」をクリックします。

4)新規仮想マシンの作成ウィザードが表示されます。「標準」を選んで「次へ」ボタンをクリックします。

XenDesktop

 

5)仮想マシンの名前を決定します。

6)仮想マシンを保存する「ストレージ」をここで選択します。

XenDesktop

 

7)「ゲストOS」を選択します。

・Windows
バージョン:

・Microsoft Windows Server 2008 R2

8)「ネットワーク」の設定は以下の通り設定します。

XenDesktop

 

・NICの接続:1
・NIC1:VM Network アダプタ:VMXNET3 v パワーオン時に接続

9)「ディスクの作成」で仮想マシンに割り当てるストレージを構成します。

本ガイドでは以下のように設定します。

・仮想ディスクサイズ:32GB
・シンプロビジョニング

10)「新規仮想マシンの作成」の確認画面が最後に表示されます。内容を確認して「終了」ボタンを押してください。

XenDesktop

 

11)作成したVMを起動すると、通常のWindows Serverインストール画面になりますので、通常通りインストールしてください。「仮想マシン→右クリック→コンソールを開く」で仮想マシンを操作できます。

13)OSをインストール後、コンソールのメニューから「仮想マシン→ゲスト→VMware Toolsのインストール/アップグレード」を実行して、仮想マシンにVMware Toolsを導入します。

XenDesktop

 

以降は必要VM分、この操作の繰り返しを行います。もしくはvCenter環境を構築して環境をクローンしても良いかもしれません。

■vCenter Serverのインストール

後の手順で必要なため、vCenter Server環境をあらかじめ導入しておいてください。vCenter ServerはWindows版のものでもヴァーチャルアプライアンス版でもかまいません。

XenDesktop

 

導入後はVMware vSphere Hypervisorに直接つなぐのではなく、vCenter ServerにvSphere Clientでつなぐことで、仮想マシンのクローンなどが利用できるようになります。

■必要なWindows Server/仮想デスクトップをインストール

XenDesktop環境、XenApp環境をスムーズに構築するため、あらかじめ以下の環境を用意しておいてください。
Active Directory用のWindows Server環境は、このガイドの流れに従って構築されたのであればすでにインストール済みであると思いますので、残りのDDC用、PVS用、XenApp用、仮想デスクトップ環境用のWindowsをそれぞれVMware vSphere Hypervisor 5のゲストとしてインストールします。

今回は様々なコンポーネントでWindows Server 2008 R2 SP1環境を使うため、vCenter Serverを構築してクローン機能を使ってインストール済みのWindows Server 2008 R2 SP1をクローンしても良いでしょう。本番環境として使う場合は動作確認後に必ず、それぞれのサーバーに適切なライセンスキーを割り当ててライセンス認証をしてください。

Active Directory (AD)
Windows Server 2008 R2 SP1
メモリ3GB以上割当て

XenDesktop Controller (DDC)
Windows Server 2008 R2
メモリ3GB以上割当て

Provisioning Services (PVS)
Windows Server 2008 R2
メモリ3GB以上割当て
ディスクを出来るだけ大きめで割当て

XenApp 6.5(XenApp65)
Windows Server 2008 R2
メモリ3GB以上割当て

仮想デスクトップ環境(win7vdi001)
Windows 7 SP1 x86
メモリ1GB割当て

PVS仮想デスクトップマスター(win7vdi002)
Windows 7 SP1 x86
メモリ1GB割当て

 

今回はESXi 5とvCenterのインストールと設定を行ないました。次回以降でActive Directoryの構築、VMware HyperVisor上にXenDesktopを構築したいと思います。