Machine Creation ServicesにおけるPersonal vDiskの利用、RemotePCの設定

独習:Citrix 製品を構築してみようCitrix XenDesktop 5.6 Remote PC & Personal vDisk 構築&操作ガイド

この資料では、独習シリーズ『Citrix XenDesktop 5.6 [Basic]』でセットアップした環境を利用し、仮想デスクトップを配信方式の 1 つである『Remote PC』および、Machine Creation Services(MCS)を利用した『Personal vDisk』のセットアップ手順を解説します。

「Remote PC」の仮想デスクトップ形式は、物理環境(例:自席の PC 等)へ接続し、仮想デスクトップとして接続します。「Personal vDisk」は管理者が管理するベースイメージ VM を維持しながら、ログオフおよび、再起動で仮想デスクトップ環境がリフレッシュ(初期化)されない環境を提供します。

これは「Personal vDisk」領域に、ユーザーが個別でインストールしたアプリケーションが維持され、パーソナルな仮想デスクトップ環境が提供されるからです。「Personal vDisk」を利用すると Pool 形式の仮想デスクトップ配信でも、パーソナライズされた仮想デスクトップ環境を提供出来ます。

下記ボタンをクリックしてダウンロードしてください