緊急!シトリックスオンラインサービス製品を1年間無償提供!

GoToMyPCの登録方法および使い方

各社から東日本大震災の被災地・被災者への救援策が発表される中、シトリックス社からも、いくつかの取組みに関して発表がありました。

その中で日本法人のみならず米国本社および海外支店も含め全社でのサポートを表名したシトリックス社では、一日も早い復旧と復興のためにクラウドアプリケーションであるGoToMyPC、GoToMeeting、GoToAssist Expressの日本国内における一年間の無償提供を行うことを発表しました。

 

GoToMyPC:遠隔地や会社にあるPC、Macを自宅のPC、Mac、iPadから操作が可能
GoToMeeting:資料をPC、Mac、iPad上で出席者と共有しながらオンライン会議が可能
GoToAssist Express:遠隔地にあるPC、Macにアクセスし、診断や障害対応、サポートが可能

 

このサービスは、従来有償で提供されるものであり法人、個人を問わず2011年4月30日までに登録を完了した方々が1年間無償で利用可能なものです。

このサービスを利用することにより遠隔地からPCの操作が可能になるだけでなく、診断や障害対応、さらには自身のPC上でのオンライン会議など、あたかもその場所にいるような場所を感じさせない作業が可能になります。これらにより被災地だけでなく計画停電などにより制限がある地域など何らかの理由により通常の業務遂行が困難な状況に対応することが可能になります。

無償で提供される3つのサービスのうち遠隔地からPCを操作可能なGoToMyPCの使い方をご紹介します。これらのサービスはインターネットに接続した端末であればどなたでもご利用可能です。

今回提供するオンラインサービスは英語版ですが、日本語OS環境での利用は支障なく使えます。また実際の登録や利用方法に関しては以下のサイトで確認可能ですが、それらを補足するための情報をご提供いたします。

http://www.citrix.co.jp/company/disasterrelief/gotooffer.html

それでは実際にStep By Stepで、利用までの流れをご紹介します。

GoToMyPCを使うための登録方法

GoToMyPCを利用することにより、遠隔地にあるWindowsやMacを、手元のWindowsやMac、iPadからファイルの閲覧やアプリケーション操作などを行うことができるようになります。

ここではアカウント登録方法を解説します。

1. GoToMyPC登録サイトにアクセス

まずはGoToMyPCのサイトにアクセスし登録を行う必要があります。以下よりブラウザでアクセスしてください。
「Try GoToMyPC Free for 30 Days」と30日間無料表記がありますが実際には1年間利用することが可能です。


GoToMyPC登録ページはこちら

※上記URLからの登録のみ、GoToMyPCの1年間利用サービスが受付られますのでご注意ください。

デスクトップ仮想化

図1
 

2. 必要項目の入力

それでは実際に登録作業を行います。
図1において以下に従い情報を入力してください。

Your Name (First Name):名前を入力します。
Your Name (Last Name):苗字を入力します。
Email Address:Eメールアドレスを入力します。
Promo Code:ここでは何も入力しません。
Please email me usage tips, offers and quarterly newsletter.
:使い方に関するヒントやメルマガなどの配信を希望する場合にはチェックをします。
I agree to the Terms of Service.
:規約を確認しチェックします。

入力後に[Continue]ボタンをクリックします。

 

3. パスワードの設定

次にパスワードの設定を行います。
このパスワードは、GoToMyPCのサイトにアクセスする際に利用します。
またパスワードには文字と数字を含む必要がありますのでご注意下さい。
任意のパスワードを設定後に[Continue]ボタンを押します。

デスクトップ仮想化

図2
以上で1年間GoToMyPCを利用するための登録は終了です。

4. インストールの準備(遠隔操作されるPC)

登録が完了すると図3の画面が表示されます。
GoToMyPCでは、ネットワーク越しに操作されるPC環境にソフトウェアをインストールする必要があります。これからの作業は遠隔地から操作される側のPCで実施します。

もし現在のPCを遠隔操作対象としない場合には、以下のGoToMyPCサイトを対象のPCからログインし、ソフトウェアをインストールします。

https://www.gotomypc.com/

ここでは引き続きインストールを実施することにします。
インストールを実施するには[Yes, Install GoToMyPC]をクリックします。

デスクトップ仮想化

図3
5. ダウンロードおよびインストール

インストールを開始するには、gosetup.exeをダウンロードします。その後、実行します。
既に図4の画面が表示されている場合には[Download]ボタンをクリックしダウンロードします。

デスクトップ仮想化

図4
ダウンロード完了後、そのファイルを実行してください。
図5の画面が起動するので次へボタンでインストールを進めます。

デスクトップ仮想化

図5
その後、Finishボタンをクリックすると認証画面が表示されます。

登録時に入力した情報を入力し[OK]をクリックします。

デスクトップ仮想化

図6

6. 設定

さらに、セットアップ用の画面が表示されます。
ここではニックネームとアクセスコードを入力します。
ニックネームとはパソコンの別名になります。遠隔地からアクセスする際の対象PCの情報になりますので、たとえばわかりやすく「会社」などとします。
アクセスコードは、このPCにアクセスするために必要なコードになります。数字と文字を組み合わせ任意のアクセスコードを決定して下さい。

※アクセスコードはGoToMyPCのサイトへ接続するためのパスワードとは別のもので、遠隔操作あれるPC毎に定義します。

デスクトップ仮想化

図7
図8が表示されたら全てのセットアップは完了です。タスクバーに”MYPC”アイコンが表示されていることを確認します。これにより、いつでもネットワークから自身の環境にアクセスすることが可能です。

デスクトップ仮想化

図8

GoToMyPCを使う

それではリモートからインストールしたPCを操作することにします。
実際にインストールを行ったPCからアクセスをすることは出来ませんのでご注意下さい。

リモートからアクセスするためには以下のGoToMyPCウェブサイトからアクセスします。画面右上にある[Log In]より登録時に入力した情報でログインしてください。


GoToMyPCページ

ログインが完了すると図9のように先程インストールを実施したPC(この場合[会社])が表示されています。

デスクトップ仮想化

図9
右の[connect]ボタンをクリックすることによりリモート環境の画面を自身のPCに表示し操作することが可能になります。ちなみに、その下にある[Install on this computer]をクリックすると操作対象のPCを追加することが可能です。

それでは実際に[connect]ボタンをクリックします。その後、[Launch GoToMyPC]をクリックし、アクセスコード入力画面でインストール時に設定したアクセスコードを入力します。

リモート画面が表示されたら成功です。
あとは通常どおりの操作を実行してください。

デスクトップ仮想化

図10
 

いかがでしたでしょうか?

リモート環境から簡単に通常どおりの操作が可能であることがおわかりいただけたかと思います。
是非お試しください。