今すぐ試せます!仮想デスクトップ

簡単!お手持ちのWindowsで仮想デスクトップ体験

今、ビジネスの世界で注目を浴びているデスクトップ仮想化。
利用者は、いつでも、どこでも自身のデスクトップ環境をリモートから利用可能となりビジネスを迅速に遂行可能となります。これにより顧客満足度が向上されるだけでなく社内の情報流通が活発化され企業競争力が高められるのです。
また、管理者の視点では、従来より懸念されていたデスクトップなどの管理コストや情報漏洩を含むセキュリティの問題も克服することが可能であるため、今、デスクトップ仮想化ソリューションを多くの企業が採用を開始しているのです。

本記事では、実際に自身のWindowsクライアント環境からデモサイトへ接続して仮想デスクトップを体感するための方法を解説いたします。ご自身のクライアント環境から仮想デスクトップを体感いただくことで、よりデスクトップ仮想化がイメージしやすくなると思います。その仮想デスクトップのパフォーマンス、操作性など是非お試しください!

デモサイトへアクセスする前に

本記事では、Windowsを利用したデモサイトへのアクセス方法をご紹介するものです。
仮想デスクトップ環境は、あらかじめシトリックス社によるデモ環境として用意されているものを利用いたします。クライアントとしてWindowsを利用しますので、ご自身で用意していただく必要がありますのでご了承ください。

もちろんシトリックス社では、Windows以外にもMac、iPad、iPhone、BlackBerry、Android、Windows Phoneなどマルチクライアントをサポートしております。

Citrix Receiver を理解しましょう!

デモサイトに接続する前に、最低限理解しておくべき事があります。
Citrix Receiverはご存じでしょうか?

Citrix Receiverとは、仮想環境へアクセスするための軽量なクライアントソフトウェアで、あらかじめクライアント側にインストールする必要があります。このCitrix Receiverは、シトリックス社のWebサイトより無償で提供されていますので任意のデバイス用のCitrix Receiverをダウンロードし使うことになります。

さあデモサイトにアクセスしよう!

デモサイトは、シトリックス社が提供している「The Citrix DemoCloud※」を利用します。下記の作業は、すべて仮想デスクトップにアクセスするWindows環境で作業を実施してください。

1.Webブラウザを起動しデモサイト「The Citrix DemoCloud」にアクセスします。


The Citrix DemoCloudデモサイト

デスクトップ仮想化

図1
2. デモ環境にサインアップをします。
図1の画面に[名前(First Name)]、[苗字(Last Name)]、[メールアドレス(Email)]、[確認用メールアドレス(Confirm Email)]の順で入力します。また、3つのアンケートに答えます。
[主にお使いのデスクトップPC(primary desktop device)] [主にお使いのタブレットPC(primary tablet device)] [主にお使いのモバイル (primary mobile device)]をそれぞれ選択します。
最後に[利用規約(terms of use)]をチェックし「Sign up」ボタンをクリックします。

登録が成功すると図2の画面が表示されると同時に登録完了のメールが入力されたアドレスへ送信されます。

デスクトップ仮想化

図2

3. Citrix Receiverをセットアップします。
図2の[Download Receiver]ボタンをクリックするとWebブラウザが起動されCitrix Receiverのダウンロードサイトが表示されます。画面上段に表示されているSwitch Productで [Receiver]が選択されています。Windows版のReceiverをダウンロードするには、Switch Productで [XenDesktop]を選択します。

 

 2011年8月24日に最新版の「Receiver for Windows 3.0」が公開されました。以下よりダウンロード可能です。

Receiver for Windows 3.0

デスクトップ仮想化

図3
次に画面中段にある[Clients and Plug-ins]の[Online Plug-in 12.1]をクリックしダウンロード画面を表示します。

*Online Plug-in 12.1は2011年2月17日 時点のバージョンです。最新のPlug-inをダウンロードしてください。

デスクトップ仮想化

図4
図4でいくつかダウンロード可能なモジュールが表示されていますが、今回は[Citrix Online Plug-in]の右にあるDownloadボタンをクリックします。
PC上に[CitrixOnlinePluginFull.exe]がダウンロードされていることを確認します。
この実行可能ファイルをクリックしインストールを開始してください。問題なくインストールが完了すると「インストールが正常に完了しました」というダイアログボックスが表示されます。

4. Citrix Online Plug-inの設定を行う。
上記作業に引き続き、Citrix Online Plug-in の設定画面が表示されます。ここでは一旦、Online Plug-inを終了させます。

デスクトップ仮想化

図5
5.デモサイトにアクセスする。
それでは実際に仮想デスクトップへアクセスしてみましょう。
まず最初にブラウザを起動させ以下のURLを開きます。


http://demo.citrixcloud.net/

デスクトップ仮想化

図6
デモのログイン画面が表示されますので、登録時のメールに記述されている[ユーザー名]および[パスワード]を入力します。
件名が「Citrix DemoCloud Activation Complete」という英語のメールが届いていますのでご確認ください。入力後に[ログオン]ボタンをクリックします。

6.仮想デスクトップを起動する。

現在、ログイン後のブラウザ上にはいくつかのアプリケーションが表示されています

デスクトップ仮想化

図7
今回は仮想デスクトップを起動するため[WWco Desktop]を選択します。
サーバー上にセットアップされたWindows 7がMcAfeeのウィルス対策ソフトと共に起動されます。あとは通常のWindowsの操作と同じですのでPowerPointなどを起動し仮想デスクトップ環境をお試し下さい。

デスクトップ仮想化

図8
7. ログオフは、通常どおりスタートメニューからログオフを選択します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
デモ環境にはMicrosoft Office製品やブラウザ、CADソフトなど豊富なソフトウェアが利用可能ですので、ご紹介した以外にもいろいろなことをお試しください。

■参考情報

Citrix Receiver ダウンロードサイト

※「The Citrix DemoCloud」は、Citrix XenAppで構築されています。