Citrix コンサルタント 虎ノ巻、その内容を効率的に学ぶには?

Citrix製品の導入設計ノウハウを効率的に学ぶには?

本稿は2013年10月3日のインタビューを元に執筆しました。

ConsultantCitrixコンサルティングサービスを提供しているコンサルタントの峰田です。Citrixコンサルティングは、ビジネスのモバイル対応やクラウドの導入といったプロジェクトの成功に向けたプロフェッショナルサービスをお客様へご提供しています。
Citrixコンサルティングサービスを提供するコンサルタントは、仮想デスクトップを導入するプロジェクトを成功させるために広い分野の知識が求められます。Citrixのコンサルタントとして入社したメンバーは、まずCCE(Citrix Certified Expert)ないし、旧CCIA(Citrix Cetified Integration Architect)の資格を取る必要があり、そのために必要な教育コースなどを受講します。

しかし、新製品や新しいバージョンの製品がどんどんリリースされますし、案件を通じたベストプラクティスなども日々出てきますので、半年に一度、日本とアジア太平洋地域のCitrixコンサルティングのメンバーが一堂に会してトレーニングを行います。内容は毎回様々で、新しい製品についてのトレーニングのこともありますし、顧客要件が書かれた課題が与えられ、それに対する構成案を作成するようなワークショップを実施したこともあります。今年タイのバンコクで開催されたトレーニングのテーマは、主にはXenDesktop7XenMobileでした。
どちらも今年リリースされた重要な新製品ですので、大きく時間を割いてセッションが行われました。

特にXenDesktop7ではXenAppのアプリケーション配信の機能がXenDesktopのFMAアーキテクチャーに統合されたので、XenAppを利用されているお客様を担当しているコンサルタントから多くの質問が挙げられていました。また、完全に新しい機能、例えば仮想デスクトップ内からユーザーのローカル端末のアプリケーションを実行できるLocal App Accessなどは想定できるユースケースについて各国のマネージャも含めて議論が多く出ていました。

trainingところで、このCitrixコンサルタント向けトレーニングでは、参加者からトレーナーへ容赦なく質問がぶつけられます。議論が白熱してくると、トレーナーを完全にほったらかしにしてメンバーやマネージャなどで議論になることもあります。
他の国の参加者に比べて比較的おとなしく聞いている日本のメンバーとのカルチャーギャップを感じたりもしますが、発言自体は普段考えているようなことも多く、設計に関する考え方や、いつも悩むようなポイントなどは国によってほとんど差が無いと感じます。

こうした議論や、CitrixコンサルティングのベストプラクティスをまとめたドキュメントがCitrix Virtual Desktop Handbookです。最近XenDesktop7に対応したバージョンもリリースされました。

Virtual Desktop HandbookにはCitrixコンサルティングのベストプラクティスに基づいたアセスメントの考え方や、サイジングの目安などがまとまっています。基本的な考え方は大きく変わりませんが、新しいバージョンについての記載などが追加され、頻繁に更新されますので、私たちも常に参照するドキュメントで、我々にとっても虎の巻と位置づけられるドキュメントです。

我々コンサルティングサービス部門ではSIパートナー様と一緒にプロジェクトに関わることもありますので、パートナー様からはCitrixコンサルティングが実施しているような、Citrix製品の設計についてよくまとまったものドキュメントはないのか、というお問い合わせをいただきます。その際によく案内するのがこのドキュメントです。ただ、Citrix Virtual Desktop Handbook 5.xは、230ページの英語の資料で、自習していくのはご苦労が多いと思います。

学習時間が取れない、英語が苦手である、直近のプロジェクトに向けて急ぎ準備したいといったご要望がある際には、このハンドブックの内容を、トレーニングとして学べるXenDesktop7の設計コースをおすすめしています。このXenDesktop7設計コースの内容はCitrixコンサルティングのベストプラクティスや設計指針に基づいて作られており、このたび日本語化も完了しております。CCAなどの製品資格を取得し、複数の案件をこなしてきたような方も、自分の知識や検討内容の抜けがないかと言った確認にちょうどよいのではないでしょうか。

XenDesktop7 ソリューション設計コースの開催予定は下記のとおりです。
開催日程:2014年6月23日~27日
会    場:シトリックス・システムズ・ジャパン本社 霞ヶ関(地図)

受講をご検討される方は、XenDesktop7 ソリューション設計コースの詳細、お申込みをご覧ください。

関連記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます