「使える」vGPU 実用段階に入ったリモートグラフィックス仮想化、最新情報セミナー

開催日時:2013年12月3日(火)13:30-16:50(受付: 13:00)
開催地:東京
主催:エヌビディア合同会社、日本アイ・ビー・エム(株)
協賛:シトリックス・システムズ・ジャパン(株)
開催場所:日本アイ・ビー・エム箱崎事業所 AVルーム
参加費:無料(事前登録制)

2013年5月に発表された、世界初となるGPU仮想化テクノロジーであるNVIDIA GRID vGPU。周辺環境も整い、いよいよ実用化へ一歩進みました。

従来はワークステーションが必須であった3D CADやCAEのプリ・ポスト、メディア&エンターテイメントなどの3Dアプリケーションがサーバーやクラウドでも利用できるようになります。

ユーザーはリモートサーバーに格納されている大規模アセンブリに関する作業の効率化を推進できると同時に、設計データ の知的財産保護やアプリケーションの管理や導入・展開の合理化が実現できます。またモバイル端末を含むより幅広いオペレーティングシステムを利用した作業 が可能になります。

本セミナーでは NVIDIA GRID vGPU 、性能評価等の最新情報をご提供致します。

ご多忙の折、大変恐縮ではございますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

【スケジュール】

時間 LAP タイトル
13:30-13:45 15

「NVIDIA GRID テクノロジーが実現する世界初のGPU仮想化・リモートグラフィックス」

エヌビディア合同会社 エンタープライズ ソリューション プロダクト事業部 澤井 理紀

[概要]
NVIDIA GRID vGPUは世界初のGPUの仮想化・リモートグラフィックステクノロジーです。本セッションではNVIDIA GRID vGPUについての最新情報をご紹介します。

13:45-14:25 40

「いよいよ本命登場。GPU仮想化の最新情報」

日本アイ・ビー・エム株式会社  System x事業部 大月 哲史

[概要]
3D CADやCG等のアプリケーションは、高度な3Dグラフィックス処理を行う為に専用のワークステーションを必要としてきました。しかしながら、オフィスス ペースへのワークステーションの設置は、様々な課題を抱えています。この課題を解決できるのが、3D CADの 仮想デスクトップ化です。最新のGPU仮想化技術ではサーバー1台当たり3D CAD用仮想デスクトップ十数台の稼動が可能となり、 大幅なコストダウンが期待できます。当セッションでは24時間連続稼動の安定性を誇るIBM iDataPlexと、NVIDIA GRID、Citrixを使った 仮想デスクトップソリューションの最新情報についてご紹介致します。

14:25-15:55 30

「グラフィックス仮想化を推進するシトリックスソリューションのご紹介」

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 システムズエンジニアリング本部ソリューションSE部部長 山崎 博昭

[概要]
シトリックスは、10年以上前から製造業におけるデスクトップ仮想化、アプリケーション仮想化に取り組んできました。VDIだけではないさまざまな利用形 態にあわせたシトリックスの製造業向けの仮想化ソリューションをご紹介いたします。また、近日リリース予定のGPU仮想化ソリューションについても解説い たしますそして、すでに様々な製造現場で活用されている事例についても併せてご紹介いたします。

休憩
15:10-15:50 40

「vGPU環境でのCADの操作のデモンストレーション」

日本アイ・ビー・エム株式会社 ITS ソリューション 近藤 哲司

[概要]
シンクライアントならではの活用方法、遠隔地や同時使用時の性能、ノートパソコン・タブレット・シンクライアントなどの 各種端末からのアクセスなど、実用に必要な情報/性能評価をデモンストレーションを交えて、ご紹介いたします。

15:50-16:50 60

「シンクライアント端末のご紹介 」

シンクライアント端末 各社 担当者

[概要]
シンクライアント端末について、各社の担当者よりそれぞれご紹介いたします。

※スケジュールは予告なく変更する可能性があります。

イベントの詳細/登録はこちら