仮想化を無償で学べるオンライントレーニングのご紹介

今、最も熱いCitrix認定資格

数多くのIT資格のプログラムや試験が世の中には存在します。その実施に関しては、ソフトウェアベンダーやハードウェアベンダーが提供するベンダー資格、ベンダー中立の組織や教育機関などが提供する資格などさまざまです。
たとえば、ベンダー資格にはマイクロソフト社が提供するMOS(Microsoft Office Specialist)やMCSE(マイクロソフト認定システムエンジニア)、オラクル社が提供するオラクルマスター、シスコ社のCCNA(Cisco Certified Network Associate)など数多くの企業が認定資格制度を提供しています。

ベンダー資格は、企業の情報システムを構築するうえで実践的に役立つ知識として人気があるだけでなく、システムインテグレータなどのシステム提供側にとっては、その資格保有者数がお客様の信頼へ直結することから自社内で資格取得を推奨されています。

そして、最近のトレンドとして、オペレーティングシステムやデータベース、ネットワークなどの基盤系と言われるベンダー取得に加えて、テクノロジートレンドを反映するかのように仮想化やクラウドと言ったベンダー資格が、今、注目を集めています。

仮想化に関する認定資格としてシトリックス社やVMware社などの認定資格が代表的なものになります。例えばCitrix認定資格取得の人気の背景として、競争力を高め昨今の仮想化ニーズに応えるとともに、Citrix製品に関する専門知識を有することを証明する最適な対応策ととらえる方々が多いのです。

今回は、世界各国23万社を超える導入実績を誇るシトリックス社の認定資格に関してご紹介します。また、資格取得を目指さない方でも、無償で受講可能なオンライントレーニングなども併せてご紹介いたします。