仮想デスクトップ環境(VDI)向け セキュリティソリューション ウイルスバスター コーポレートエディション

トレンドマイクロ株式会社

ウイルスバスター コーポレートエディション

TM_logoウイルスバスター コーポレートエディションは高い防御力と軽快さを実現するエンドポイントセキュリティ製品です。高度な相関分析を行うクラウド型サービスと連携して、高い防御力を実現。VDI環境への対応、脆弱性対策やマルチプラットフォーム対応を含む最新のセキュリティ対策を、PCやサーバへの負荷を抑えた軽快なセキュリティとしてご提供します。また、昨今問題となっている標的型サイバー攻撃対策に対し、攻撃者からのコマンドを送信するC&Cサーバとの通信を「止める」、「知らせる」、「可視化する」、出口対策*をご提供します。(*要バージョン10.6 SP3以降)

Trend Micro VDIオプション

ウイルスバスター コーポレートエディションでは、Trend Micro VDIオプションをご利用いただくことで、VDI環境特有のセキュリティ上の課題を解決することができます。一般的に、仮想デスクトップ環境(VDI)では、1台のハイパーバイザ(サーバ)上に、多数のクライアント(仮想PC)が稼働するため、ウイルス対策製品のパターンファイル更新時や予約検索の実行などの際にサーバのハードウェア負荷が増大して、結果的にパフォーマンスの低下やレスポンスの遅延等を招くことがあります。しかしながら、この問題を回避するために、仮想PCの集積度が減らしてしまうと、仮想化本来の目的であるはずのコストメリットが下がってしまいます。VDI環境におけるセキュリティは、セキュリティとパフォーマンスを高いレベルで実現することが、通常のハードウェア環境以上に強く求められることになります。

ウイルスバスター コーポレートエディションは、Trend Micro VDIオプションにより、このようなサーバやネットワークへの負荷集中の問題を軽減し、仮想デスクトップ環境におけるウイルス・スパイウェア対策の効率的な運用をサポートします。

Point1 ハードウェア負荷の自動分散機能

管理画面において1つのハイパーバイザ上にある複数の仮想PCについて、同時にパターンファイルのアップデートや予約検索を実行することが出来る台数をあらかじめ制限しておくことで、アップデートや検索にかかる負荷を分散することにより、パフォーマンスの低下を防ぐことが出来ます。

Point2 予約検索時の負荷を更に軽減

マスタイメージで検索済みのファイルをホワイトリスト化して仮想PCでの検索対象から外すことで、検索にかかる負荷を軽減します。同一のファイルを各仮想PCが重複して検索することを避けることにより、全体の検索負荷を軽減することが可能です。
image003

企業情報

会社名 トレンドマイクロ株式会社
お問い合わせ 法人お問合せ窓口
TEL:03-5334-3601
FAX:03-5334-3639
http://jp.trendmicro.com/jp/products/enterprise/securecloud/
製品URL内のお問い合わせ先をご参照ください
カテゴリー セキュリティ製品
サービス名称 ウイルスバスター コーポレートエディション
Citrix Ready http://www.citrix.com/ready/ja/trend-micro-incorporated/trend-micro-officescan-10-6