Symantec Endpoint Protection
パターンファイルに頼らない“新世代”セキュリティ

株式会社シマンテック

ソリューション概要

セキュリティベンダーに捕まえられたことがある発見済みのウイルスしか検出できないウイルス対策ソフトは完全に時代遅れです。標的型攻撃では狙った企業向けに新しく作られたマルウェアが使われます。パターンファイルに頼るウイルス対策ソフトではDesktopを守れません。Symantec Endpoint Protectionは、パターンファイルに頼らない”新世代“のセキュリティソフトです。新しい検出技術でDesktopを未知のマルウェアから守ります。

symantec-ep1

Symantec Endpoint Protectionの特長

1.仮想環境で圧倒的に優れたパフォーマンス!フルスキャン不要!

Symantec Endpoint Protectionは、パターンファイルには頼りません。したがってPC上の全てのファイルをスキャンするフルスキャンを毎日行う必要がありません。仮想環境ではセキュリティを犠牲にせずパフォーマンスを低下させません。

2.XenDesktopでサポートされているすべてのハイパーバイザーに対応

XenServer、Hyper-V、vSphereなどXenDesktopでサポートするすべてのハイパーバイザーに対応。

3.仮想環境専用!オートマチック負荷分散機能

仮想マシンの集約密度を高めるため負荷の分散機能が備わっています。処理の負荷が比較的高い定義ファイルのアップデートやスキャンが一斉に開始されてハイパーバイザーが過負荷状態にならないように、全自動で各仮想マシンでの開始タイミングを分散させます。

symantec-ep2

4. IPS~ソフトウェアのバグを突くネットワーク攻撃を防ぐ

犯罪者に悪用されてしまうソフトウェアのバグが脆弱性。バグを修正せず脆弱性が残ったままのソフトを使っているとそれを悪用されマルウェアを勝手にダウンロードされてしまいます。Endpoint Protectionは脆弱性が残っていても、何かをダウンロードさせようとする不正なコマンドをブロックしてくれるので、未知のマルウェアであっても侵入を防ぎます。

5. Insight~ソフトウェアの安全性評価システム

Symantecが持つ全世界のソフトウェアの利用者数の多さと定着度の長さの統計情報に基づく安全性評価システム。未知のマルウェアのように極端に利用者数の少なく安全性が確認できないものを炙り出して見つけます。

6. SONAR~統合認証プラットフォーム

実行されているプロセスの動きを常に監視して、怪しい動きを見つけたら即座にプロセスを停止します!プロセスの監視、分析ルールを日々アップデートして犯罪者に出し抜かれずに新しいマルウェアを見つけ出します。

企業情報

会社名 株式会社シマンテック
問い合わせ シマンテックセールスインフォメーションセンター(法人向け)
電話:03-5229-1912
電話受付時間:10:00~12:00、13:00~17:00(土、日、祝日、年末年始を除く)
https://service1.symantec.co.jp/customer/online/input_form.asp?_viewmode=normal
カテゴリー セキュリティ製品
サービス名称 Symantec Endpoint Protection
詳細 Symantec EP(SEP)