Windows Server 2003のサポート終了に向けたシトリックスの取り組み

Windows XPの次に迫るWindows Server 2003サポート終了に向けて

多くの企業が2014年4月9日(日本時間)のWindows XP、Office 2003のサポート終了に向けて準備を行なっています。マイクロソフト社のWindows XPの延長サポートが終了するため、セキュリティ更新プログラムの提供が行なわれません。また、これにあわせてMicrosoft Office 2003、Internet Explorer 6のサポートも終了します。このような背景から多くの企業がこれらの対応に追われているのです。
そして、この問題をクリアしても安心出来ません。その約1年後の2015年7月14日には、サーバーOSであるWindows Server 2003(Windows Server 2003 R2を含む。以下Windows Server 2003でまとめます)の延長サポートも終了するのです。サーバーOSの場合、ネットワーク経由での利用が前提のため必然的に攻撃の対象になりやすく、セキュリティの問題は無視出来ません。この約1年のうちに社内のWindows Server 2003を最新のサーバーOS環境へ移行する必要があるのです。

ws2003_001

今回、このWindows Server 2003問題に関してシトリックス・システムズ・ジャパンでは新たな取り組みを発表しました。その詳細をマーケティング本部 はが 俊介氏(以下、はが氏)にお伺いしました。

関連資料:

「2014年3月末まで!」 XenAppバージョンアップ支援キャンペーン
本キャンペーンは終了しました。