デスクトップ仮想化選定 6つの必須ポイント

デスクトップ仮想化プロジェクトの成功に向けて

この内容をPDFで読む
デスクトップ仮想化選定 6つの必須ポイント(PDFダウンロード)

 

1.すべてのユーザーに最適な仮想デスクトップを提供

デスクトップ仮想化は、クライアントPCを構成する、OS、アプリケーション、データ、ユーザー設定を仮想化し、サーバーへ集約するソリューションです。言い換えるなら、シンクライアント、タブレット、スマートフォンなどの様々なデバイス(利用環境)と、OS、アプリケーション、データ、ユーザプロファイル(実行環境)を切り離し、実行環境を集中管理するソリューションです。これにより、デスクトップ環境の運用管理の標準化、セキュリティ強化や運用負荷の軽減など、様々なメリットを得られます。

デスクトップ仮想化の導入プロジェクトは、従来のPCの入れ替えプロジェクトとは、プロジェクトの進め方、考え方が大きく異なります。従来のクライアントPCの導入プロジェクトでは、組織で調達したクライアントPCを、IT部門が業務に必要な標準的なアプリケーションを利用できるよう準備して配布していました。ユーザーは、部署や業務内容に応じて利用するアプリケーションを追加していました。IT部門としては、クライアントPCの配備の負荷はそれほど高くないものの、一度、配備したクライアントPCの統制や運用管理に大きな負担が発生していました。

一方、デスクトップ仮想化は、クライアントPCからOS,アプリケーション、データ、ユーザプロファイルを分離して仮想化しサーバーへ集約します。これにより、IT部門にとってはクライアント環境の統制や運用管理の負荷は大幅に軽減されますが、ユーザーにとってはデスクトップ、アプリケーションの使い勝手が重要ですから、これまでのローカルのクライアントPCと同等以上の使い勝手を望みたいと考えます。

デスクトップ仮想化とは

デスクトップ仮想化とはクライアントPCからOS、データ、アプリケーション、ユーザー設定を分離し、サーバーへ集約する

また、組織には、様々な種類のユーザーが、様々な場所で、様々な業務を行っています。経営層は、外出先でもスマートフォンやタブレットから瞬時に最新の経営データへアクセスし、迅速に意思決定する必要があります。当然、機密度は高いデータを扱うため、クライアント環境にデータを残してはなりません。

コールセンターや窓口業務、伝票処理などの定型業務を行うタスクワーカーは、業務に必要なアプリケーションへアクセスできれば十分なはずです。利用するデバイスは、シンクライアント端末で十分です。また、自宅のPCから安全に業務アプリケーションへアクセスできれば、テレワーク制度の導入も実現可能です。
営業や渉外担当者は、タブレット端末やノートPCなどを利用し、訪問先でのプレゼンテーション、在庫確認や見積もりができれば、お客様のニーズへ迅速に対応できます。また、業務報告も外出先で済ませられれば、オフィスへ戻る必要がなくなり、訪問先を増やすこともでき、より生産性を高められるでしょう。

製品設計やデータサイエンティスト、マーケティング担当者、アナリストなどのナレッジワーカーは、高いパフォーマンスを求められるアプリケーションを利用して業務を行っています。

在宅勤務者は、社外から様々な社内システムを利用する場合もあるでしょう。このように職種や業務内容により、働く場所、働き方、利用する業務アプリケーション、クライアント端末の要件が大きく異なります。ビジネスの俊敏性、機動性(モビリティ)を向上させ、IT投資の効果を最大化させるためにデスクトップ仮想化の導入を検討するのであれば、すべてのユーザーのニーズに最適な仮想デスクトップとアプリケーションを提供する必要があります。

デスクトップ仮想化は、いくつかの実現方式があります。

1つのサーバーOS を複数ユーザーで仮想デスクトップとして共有する「サーバー共有デスクトップ」。クライアント OS をサーバー仮想環境で稼働させユーザー毎に配信を行う「VDI(仮想 PC)」。外部のPC からオフィスにあるPCへ 1 対 1 で接続し、画面を転送する「リモート PC」。OSやアプリケーションイメージ化し、ネットワーク経由でブート、実行する「ネットブート」。デスクトップ仮想化環境をオフラインでも実行可能な「クライアントハイパーバイザー」などです。

仮想デスクトップの種類

これらデスクトップ仮想化と、アプリケーションを仮想化して配信するアプリケーション仮想化を組み合わせることで、全てのユーザーに最適な仮想デスクトップとアプリケーションを提供できるようになります。

具体的な利用例として、iPadで、営業活動用にMicrosoft PowerPointを利用し、訪問先で提案内容を説明、さらにお客様のニーズやフィードバックをPowerPointファイルへ反映し、見積書の金額もその場でMicrosoft Excelで修正できれば、営業活動を大幅に効率化できます。さらに、修正した見積書と資料をMicrosoft Outlookでその場でお客様へメールを送信できれば、お客様満足も高まり、商談もスムーズに進むでしょう。

職種や業務内容で異なる最適な仮想デスクトップの種類

職種や業務内容で異なる最適な仮想デスクトップの種類

重要なのでくり返し強調しますが、ユーザーの働き方や業務内容に応じて、最適な仮想デスクトップとアプリケーションを提供できるようにすることが、デスクトップ仮想化の価値を実感しビジネスの成長を実現するために必要不可欠なのです。

関連リンク:すべてのユーザーに最適なデスクトップ配信

次ページ>>2. コストの最適化

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます