デスクトップ仮想化選定 6つの必須ポイント

essentialpoints-wp-titleグローバル化の加速によりビジネスにおける競争がさらに激しくなっています。外部環境の変化へ迅速に対応し、競争へ勝ち残るために「企業の成長を維持、加速させる」戦略が不可欠です。また、人々の働き方も大きく変化しています。従来、オフィスで決まった時間に業務している時代から、オフィス、外出先、自宅とさまざまな場所で、生活と仕事を調和させながら働くことで生産性を高める柔軟なワークスタイルへの対応が求められています。

こうした様々な課題を解決する手段として、デスクトップ仮想化が大きな注目を集めています。デスクトップ仮想化は、従来のクライアントPCを構成していたOS、データ、アプリケーションを仮想化し、集中管理することで、いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでもデスクトップにアクセスできるソリューションです。この特徴は、企業統制や事業継続性の確保、セキュリティ強化による情報漏えい対策や、ワークスタイルの変革といった様々な企業課題を解決できる可能性を秘めており、大きな注目を集めています。

本稿では、「企業の成長を維持、加速させる」ために、デスクトップ仮想化ソリューションを選定する上で抑えるべき6つの必須ポイントについて解説します。

下記ボタンをクリックしてダウンロードしてください